政治社会学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

政治社会学(せいじしゃかいがく、英語: political sociologyフランス語: la Sociologie politique)は、社会学と政治学との学際的なアプローチによって政治現象を解明しようとする社会学の一領域である。

政治学と社会学の関わり[編集]

政治学では、経済学的手法を取り入れた合理的選択理論が広く受容されるまで、実証研究において社会学的なアプローチが多く利用されてきた。例えば官僚制・官僚機構については行政学および社会学の双方からアプローチされてきており、政治社会学は社会学的分析方法を用いて政治現象を分析するという意味では、政治学でもあり社会学でもある。

具体的テーマ[編集]

世論形成論、投票行為論、官僚制研究などがあり、社会学研究の根底である人間と人間、機構と人間、機構と機構とが生み出す「関係」に焦点を当てることが多い。また、エスニシティ移民・貧困研究(開発論)など、人種同士、国や地域同士が生み出す関係性から来たす政治的諸問題を取り扱うことから、国際政治学国際関係学)との親和性も高い。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]