アレクシ・ド・トクヴィル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アレクシ・ド・トクヴィルの肖像
テオドール・シャセリオー画,1850年
カリカチュア 1849年

アレクシ[1]=シャルル=アンリ・クレレル・ド・トクヴィル: Alexis-Charles-Henri Clérel de Tocqueville[2]1805年7月29日 - 1859年4月16日)は、フランス人政治思想家

プロフィール[編集]

初め裁判官、後に国会議員から内閣外務大臣まで務め、3つの国権(司法行政立法)全てに携わった政治家でもある。実家はノルマンディー地方の軍人・大地主という由緒ある家柄であるが、フランス革命の際に主な家族や親戚のほとんどが処刑されてしまったため、リベラル思想について研究を行っていた。その後ジャクソン大統領時代のアメリカに渡り、諸地方を見聞しては自由・平等を追求する新たな価値観をもとに生きる人々の様子を克明に記述した(後の『アメリカのデモクラシー』)。

30歳の時、家族の反対を押し切り、英国人で平民階級の3歳年上の女性メアリー・モトレーと結婚した。1848年二月革命の際には革命政府の議員となり、更に翌年にはバロー内閣の外相として対外問題の解決に尽力した。彼の政治的手腕はなかなか鮮やかなものであったが、1851年、ルイ=ナポレオン(後のナポレオン3世)のクーデターに巻き込まれて逮捕され、政界を退くことになる。その後は著述及び研究に没頭する日々を送り、二月革命期を描いた『回想録』と『旧体制と大革命』を残し、1859年に母国フランスで肺結核のため54歳の生涯を終えた。フランスが誇る歴史家・知識人である。

年表[編集]

[3]

  • 1805年、7月29日、コタンタンの古い貴族の家に誕生。
  • 1826年、6月、パリ大学で法学学士号を得る。
  • 1827年、4月、ヴェルサイユ裁判所の判事修習生となる。この時ギュスターヴ・ド・ボーモンと知り合う
  • 1829~1830年、フランソワ・ギゾーの歴史講義で多大な影響を受ける。
  • 1831年、4月、ボーモンと共にアメリカを旅行(32年2月迄)。
  • 1832年、5月、ヴェルサイユ裁判所陪席判事を辞職。
  • 1833年、ボーマンと共に『合衆国における監獄制度とそのフランスへの適用について』を出版、アカデミー・フランセーズモンティオン賞受賞
  • 1835年、1月、『アメリカのデモクラシー』第一巻出版。
  • 1835年、10月、メアリー・モトレーと結婚。
  • 1838年、1月、道徳・政治科学アカデミー会員となる。
  • 1839年、3月、バローニュ選出の下院議員となる。
  • 1840年、4月、『アメリカのデモクラシー』第二巻出版。
  • 1841年、12月、アカデミー・フランセーズ会員に選出される。
  • 1849年、6-9月、オディロン・バロー内閣の外務大臣となる。
  • 1851年、12月クーデターにより身柄を拘束され、以後政治の世界から身を引く。
  • 1856年、6月『旧体制と大革命』出版。
  • 1859年、4月26日、カンヌにて死去、5月トクヴィルに埋葬。
  • 1893年、『回想録』出版。

思想・哲学[編集]

トクヴィルが19世紀初頭に当時新興の民主主義国家であったアメリカ合衆国を旅して著した『アメリカの民主政治』(De la démocratie en Amérique)は近代民主主義思想の古典であり、今もなおアメリカの歴史及び民主主義の歴史を学ぶ際には欠かせない教科書の一つとなっている。日本では福澤諭吉が紹介している。

彼は著作の中で、当時のアメリカは近代社会の最先端を突き進んでいると見なし、新時代の先駆的役割を担うことになるであろうと考えた。だが同時に、その先には経済と世論の腐敗した混乱の時代が待ち受けているとも予言している。さらに民主政治とは「多数派(の世論)による専制政治」だと断じ、その多数派世論を構築するのは新聞、今で言うところのマスコミではないかと考えた。現代のメディアの台頭と民主主義政治との密接な関わり合いをいち早く予想していたのである。彼は大衆世論の腐敗・混乱に伴う社会の混乱を解決するには宗教者や学識者、長老政治家などいわゆる「知識人」の存在が重要であると考えており、民主政治は大衆の教養水準や生活水準に大きく左右されることを改めて述べている。

名言[編集]

  • 「道徳の支配なくして自由の支配を打ち立てることは出来ない。信仰なくして道徳に根を張らすことは出来ない」(トクヴィル名言集)が有名。
  • 「平等と専制が結合することになれば、心情と知性の一般的水準は低下の一途をたどるだろう」
  • 「生きて活動し生産するものは全て、どんなに新しく見えても、新しさの背後には古い起源を有しているものである」
  • 「民主主義国家は、自分達にふさわしい政府を持つ」、"In every democracy, the people get the government they deserve."  

TVドラマ 24 -TWENTY FOUR- 「リデンプション」 の劇中、アメリカ初の女性大統領、アリソン・テイラーの大統領就任式演説において引用されている。

著作[編集]

文献[編集]

 入門書
  • 阿川尚之 『トクヴィルとアメリカへ』 新潮社1997年
  • 宇野重規 『トクヴィル 平等と不平等の理論家』〈講談社選書メチエ〉、2007年
  • ジャック・クーネン=ウッター 『トクヴィル』 三保元 訳、白水社〈文庫クセジュ〉、2001年
  • 富永茂樹 『トクヴィル 現代へのまなざし』〈岩波新書〉、2010年
  • 中田豊 『民主主義を旅する』 清水書院1996年
  • 西部邁 「46 トックヴィル」『学問』 講談社、2004年、157-159頁。ISBN 4-06-212369-X
  • 西部邁 「多数者への抗議 アレクシス・ド・トックヴィル」『思想の英雄たち 保守の源流をたずねて』 角川春樹事務所〈ハルキ文庫〉、2012年、57-72頁。ISBN 978-4-7584-3629-8
 学術書
  • 宇野重規 『デモクラシーを生きる トクヴィルにおける政治の再発見』 創文社<現代自由学芸叢書>、1998
  • 松本礼二 『トクヴィル研究 家族・宗教・国家とデモクラシー』 東京大学出版会 、1991
  • 松本礼二、三浦信孝、宇野重規 編 『トクヴィルとデモクラシーの現在』 東京大学出版会、2009
    2005年6月に行った生誕200年記念シンポジウム・論文集
  • 河合秀和 『トックヴィルを読む』 岩波書店<岩波セミナーブックス>、2001
  • 小山勉 『トクヴィル 民主主義の三つの学校』 筑摩書房<ちくま学芸文庫>、2006
  • ラリー・シーデントップ 『トクヴィル』 野田裕久訳、晃洋書房、2007
  • レイモン・アロン 『社会学的思考の流れ.1』 北川隆吉・宮島喬ほか訳 
     叢書ウニベルシタス・法政大学出版局 初版1974-第4章が「トックヴィル」論考。
  • フランソワ・フュレ 『フランス革命を考える』 大津真作訳、岩波書店、1989
     新版は「岩波モダンクラシックス」、2000-第2部でトクヴィル「フランス革命論」を扱う。
  • フランソワ・フュレ/モナ・オズーフ編 『フランス革命事典.7 歴史家』
    富永茂樹ほか監訳、みすず書房〈みすずライブラリー〉、2000-トクヴィルの「革命論」を扱う。
  • クラウス・オッフェ『アメリカの省察 トクヴィル・ウェーバー・アドルノ』
     野口雅弘訳、法政大学出版局、2009-第2章に「アレクシス・ド・トクヴィル、あるいは中産階級の暴政」を所収。
  • 高山裕二 『トクヴィルの憂鬱』 白水社、2012
伝記
  • アンドレ・ジャルダン 『トクヴィル伝』 大津真作訳、晶文社、1994-大著
  • 中田豊 『二十一世紀を見抜いた男 トクヴィル物語』 現代思潮新社、2007

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ フランス語のAlexisの語尾の-sは黙字だが(参考)、日本語の翻訳文献では小山勉訳『旧体制と大革命』(ちくま学芸文庫、1998年)や喜安朗訳『フランス二月革命の日々:トクヴィル回想録』(岩波文庫、1988年)など、アレクシス・ド・トクヴィルと表記されることが多い。ただし松本礼二訳『アメリカのデモクラシー』(岩波文庫、2005年)では「アレクシー・シャルル・アンリ・モリス・クレレル・トクヴィル」と表記している。
  2. ^ ネイティヴによる「Alexis de Tocqueville」の発音”. Forvo. 2014年4月1日閲覧。
  3. ^ 富永茂樹 『トクヴィル 現代へのまなざし』 岩波書店 岩波新書、2010年9月。ISBN 978-4-00-431268-0
  4. ^ 旧版は、講談社文庫全2巻(第一部のみ)。この訳本は多数重版しているが、訳文そのものが難解で、研究者などから批判(阿川尚之も読書アンケートで批判、下記の研究文献でも「参考文献」に挙げられていない)が多い。他に井伊訳は『アンシャン・レジームと革命』(講談社学術文庫、1997年)がある。

外部リンク[編集]


前任:
ジャン=ジェラール・ラキュエー・ド・セッサ
アカデミー・フランセーズ
席次18

第8代:1841年 - 1858年
後任:
アンリ・ラコルデール