1848年のフランス革命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フランス2月革命
種類 民主主義革命
目的 ギゾー内閣の反動政治、選挙法改悪への反対
対象 7月王政
結果 ルイ=フィリップの退位、臨時政府の樹立、社会主義運動の挫折、ボナパリストの台頭
発生現場 フランスの旗 フランス
期間 1848年2月23日 - 1848年12月2日
指導者 ルイ・ブランカヴェニャックルイ=ナポレオン
備考 「スフロ通りのバリケード[1][2]、1848年, オラース・ヴェルネ[3]パンテオンが背後に見られる。

1848年のフランス革命: Révolution française de 1848)は、ヨーロッパに起きた1848年の革命の波の1つで、フランスで起こった革命である。2月に始まったことから、日本では二月革命と呼ばれることが多い。

前史[編集]

経過[編集]

二月革命[編集]

二月革命によりフランスではオルレアン朝(7月王政、1830年 - 1848年)が打倒されて終焉した。

第二共和政[編集]

新たに第二共和政1848年 - 1852年)の樹立につながった。二月革命は「働く権利」(droit au travail )の原則を打ち立て、その新たに樹立した政府は失業者のために「国立作業場」を創設した。

六月蜂起[編集]

同時期に、産業に類する議会がリュクサンブール宮殿で設立され、それはルイ・ブラン政権下であり、労働組織に対する戦略を準備するという目的であった。自由主義的オルレアニスト急進的英語版共和主義者社会主義者の間にあるこれらの緊張は、六月蜂起を引き起こした。六月蜂起は、多くの血が流れたが、共和政の方針の保守的転換に対するパリの労働者による反乱は失敗に終わった。

大統領選出[編集]

1848年12月2日ルイ=ナポレオン・ボナパルトが大統領に選出されるが、大部分は農民の支援によるものであった。

影響[編集]

第二帝政[編集]

ちょうど4年後の1852年12月2日にルイ=ナポレオンは選挙による議会を停止し、第二帝政1852年 - 1870年)を打ち立てた。


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1848年6月24日 「スフロバリケードの戦い-1848年」 パリ・スフロ通り 北緯48度50分48秒 東経2度20分37秒 / 北緯48.846792度 東経2.343473度 / 48.846792; 2.343473
  2. ^ Mike Rapport (2009). 1848: Year of Revolution. Basic Books. p. 201. ISBN 9780465014361. http://books.google.com/books?id=mRBYlHSKpjsC&pg=PA201&lpg=PA201. "The first deaths can at noon on 23 June." 
  3. ^ Horace Vernet