24 -TWENTY FOUR-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
24 -TWENTY FOUR-
24-Logo.svg
ジャンル アクション
スリラー
サスペンスドラマ
放送国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
制作局 FOX
出演者 キーファー・サザーランド
メアリー・リン・ライスカブ
チェリー・ジョーンズ
アニー・ワーシング
コルム・フィオール
ボブ・ガントン
ジャニーン・ガラファロー
カルロス・バーナード
Season 1
放送時間 火曜 21:00ET - 22:00(44分)
放送期間 2001年11月6日 - 2002年5月21日
2004年4月1日 - 2004年4月11日
(上段米FOX、下段フジテレビ)(24回)
外部リンク 20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
Season 2
放送時間 火曜 21:00ET - 22:00(44分)
放送期間 2002年10月29日 - 2003年5月20日
2004年10月1日 - 2004年10月10日(24回)
外部リンク 20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
Season 3
放送時間 火曜 21:00ET - 22:00(44分)
放送期間 2003年10月28日 - 2004年5月25日
2005年9月29日 - 2005年10月8日(24回)
外部リンク 20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
Season 4
放送時間 月曜 21:00ET - 22:00[1](44分)
放送期間 2005年1月9日 - 2005年5月23日
2006年10月2日 - 2006年10月10日(24回)
外部リンク 20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
Season 5
放送時間 月曜 21:00ET - 22:00[1](44分)
放送期間 2006年1月15日 - 2006年5月22日
2007年10月1日 - 2007年10月11日(24回)
外部リンク 20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
Season 6
放送時間 月曜 21:00ET - 22:00[1](44分)
放送期間 2007年1月14日 - 2007年5月21日
2008年9月29日 - 2008年10月9日(24回)
外部リンク 20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
24 リデンプション
放送期間 2008年11月23日
外部リンク 20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
Season 7
放送時間 月曜 21:00ET - 22:00[1](44分)
放送期間 2009年1月11日 - 2009年5月18日[2]
2009年11月8日 - 2010年3月28日(24回)
外部リンク 20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
Season Final
放送時間 月曜 21:00ET - 22:00[1](44分)
放送期間 2010年1月17日 - 2010年5月24日(24回)
外部リンク 20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
24: Live Another Day[3]
放送時間 (44分)
放送期間 2014年5月5日 - 2014年7月14日(12回)

特記事項:
撮影:35mmフィルム撮影(パナフレックス)
全放送回数:192話(+『24 リデンプション』)
テンプレートを表示

24 -TWENTY FOUR-』(トゥエンティフォー、原題:24)はアメリカイマジン・エンターテインメントが製作し、FOXで放送されたアクションもののテレビドラマ海外ドラマ)。アメリカの連邦機関であるCTUロサンゼルス支局(シーズン1〜6)の捜査官ジャック・バウアーと、その同僚や家族たちとテロリストとの戦いを描く。2001年にアメリカで放送が開始され、その後世界各国で放送され世界的人気作品となった。

作品解説[編集]

作風[編集]

複数の出来事がリアルタイムで進行し、全シーズンが1話1時間の全24話で完結する[4]。非常にテンポが速く、かつ複雑に進行する物語が特徴的でこの作品の魅力である。また、極めて多い登場人物、予想を裏切るストーリー展開、ズームと意図的な手ぶれを多用したドキュメンタリー映画のような映像が特徴である。また、画面を多分割して同時進行する事態を描写する「スプリット画面」もあり、初期のシーズンでは多用されていたが、シーズンが進むにつれてCMの前後などでしか使用されなくなっている。スプリット画面やCMの前後などでは24時間表示のデジタル時計が登場し、ストーリー中の時刻を伝える。

なお、本編の進行は、視聴者からのインターネットの投稿により、物語が変化する可能性がある伏線が、各所にちりばめられている。CTUの活躍を全面に押し出すためか、FBIなどの捜査機関はほとんど登場していなかったが、シーズン7でFBIワシントン支局が主軸で登場している。

アメリカのメディアやファンの間では、1つのストーリーが24時間で完結することから「シーズン(Season)」のことを「デイ(Day)」と表現する事がある(Day1、Day2……)。なお、放送開始前の宣伝に使う「DAY○○」は、これとは異なり「あと○○日で放送開始をする」という意味である。物語がリアルタイムで進行する手法が際立つが古典では常套であり、現代でも見受けられる。

制作・放映[編集]

放送が始まった当初は13話まで放送が確約した状態で撮影が進められていたが、視聴率が好調であったために全24話までの放送となった。シーズン6の終了後、映画版の製作も示唆されたが、製作延期。

シーズン7は2008年1月より放送開始予定だったが、脚本家ストライキの影響により2009年1月に放送延期。そのため、シーズン6とシーズン7をつなぐストーリーとして『24 リデンプション』が製作され、2008年秋にテレビ放送とほぼ同時にDVDも発売された。

2010年に一旦全8シーズンで終了[5]。その続編となる劇場映画版が予定されていたが再び延期・未定となった。2013年、映画化を断念し変わりに新しいテレビシリーズが製作される事となった。

2014年に「24:リブ・アナザー・デイ(原題:"24: Live Another Day")」のタイトルで全12話のドラマが再開された[3]。また、インドではスラムドッグ$ミリオネアで司会役と務めたアニル・カプールが直接リメイク権を買い付け、ダニー・ボイル監督で制作が行われ、放送される予定である。[6]ただし、現地放送局のプロデューサーマニシャ・シャルマによると、インド版24のインド国外での放送については権利上難しいと「ザ・プライムショー[7]との生電話で述べている。

受賞歴[編集]

シーズン1はゴールデングローブ賞のドラマ・シリーズ部門の主演男優賞(キーファー・サザーランド)を受賞。2004年には作品賞を受賞している。エミー賞では全シーズンでサザーランドが、シーズン5まで作品が候補となっており、2006年第58回ではシーズン5にしてようやく両者とも受賞した。

評価・影響[編集]

人気作家のスティーヴン・キングは『24』のファンであると認めた上で、「『24』には、『もし非常事態になれば、私たちは誰でも拷問していい。国を守るためなら、私たちは拷問をする義務がある。やったね!』と思わせるようなサブテキストがある。」と批判した[8]

2006年11月に、アメリカ陸軍士官学校学部長で陸軍准将でもあるパトリック・フィネガンは、陸軍とFBIの尋問官3人と共に撮影現場に赴き、国家の安全のためには、アメリカの法を蔑ろにしても構わないというドラマの前提は有害である、と番組制作者に意見した[9]

日本での人気[編集]

2003年にビデオ化され、レンタルビデオによって人気が爆発。シリーズ累計レンタル回数3億回という異例の記録も作り、レンタルビデオ店の前に24の次回の話が気になるファンが行列を作るという、珍しい現象まで見られた。また、数話まとめて、時には1シーズン全てを連続視聴するという行為が試写会やテレビ放送で行われ、これを媒介して世間でも広く知られるようになった。

日本でのテレビ放送はフジテレビがこの番組の日本国内での地上波放送権を、系列のBSフジが衛星放送(無料放送)での放送権を獲得し、フジテレビならびにFNS各局が地上波の深夜枠で、シーズン7までが放送された。2004年以降は毎年9月下旬から10月上旬にかけて1日3時間程度まとめて放送されていたが、2009年は深夜帯にドラマ枠が設けられその枠で一話ずつ放送されていた。2011年4月からは放送局並びに放映権がフジテレビからテレビ東京に移行した上で、テレビ東京並びにTXN系列と、独立UHF局である岐阜放送奈良テレビテレビ和歌山で水曜21:00からの『シアターGOLD』枠内で、シーズン8(ファイナルシーズン)が放送される予定であったが[10]東北地方太平洋沖地震東日本大震災)および福島第一原子力発電所事故に配慮してファイナルシーズンの放送が延期となり、4月13日から9月21日まで、代替措置としてシーズン5を放送した[11]。そのファイナルシーズンの放送は、2013年12月31日から翌年1月3日まで、BSジャパンで放送された。

現在全ての放送分がビデオ・DVD化され、2004年11月3日にシーズン3、2005年9月2日にシーズン4、2006年9月2日にシーズン5、2007年9月7日にシーズン6、2009年3月19日にリデンプション、同年7月3日にシーズン7、2010年10月2日にシーズン8のレンタルが開始された。 レンタルの方がDVD販売より早く、また数話ごとにレンタル解禁されるなどして、24のファンがTSUTAYAの前で並ぶという現象まで発生した[12]

2009年12月18日にシリーズ初となるBlu-ray Disc版が発売予定。2013年5月現在レンタル向け販売の発表はない。

また、シーズン7までを放送していたフジテレビが行う8月のイベント「お台場冒険王」で一挙上映された。TSUTAYAのイベント企画で、24のシーズン1からシーズン4まで連続72時間鑑賞するイベントまで開催された。25人の参加者の中で、1人だけが72時間連続鑑賞を達成し、DVD連続鑑賞記録としてギネスブックに書かれている連続69時間鑑賞を抜き、ギネスブックに記載される見通し。

さらに、日本のFOXチャンネルでは2011年1月1日0:00(JST)から1月7日24:00(1月8日0:00)(JST)にかけてシーズン1から7まで168時間ぶっ通しで放送を行った。5月にギネスブック公認「同一作品の連続長時間放送」の世界新記録として認定された。

メディアミックス[編集]

このドラマのノベライズも日本の書店で販売されている。2006年10月24日に24オフィシャルファンクラブが設立された[13]。また、スカパー!またはケーブルテレビのFOX JAPANでも放送され、人気コンテンツとなっている。

また、デアゴスティーニ・ジャパンが2006年9月12日から「24 TWENTY FOUR DVD コレクション」というDVD付きテーママガジンの発売を開始した。これは24の全てのエピソードを収録したDVDとそれに付随してそのドラマに関連した解説マガジンを同梱したものである。第1号から第25号までは毎週火曜日発売であったが、第26号より第1・3火曜日発売となった。71号まで刊行された。

アメリカでのメディアミックスに関しては、#その他のメディアを参照。

他作品でのパロディ[編集]

会話シーンやデジタル時計とビーコン音による演出はテレビ番組のパロディに用いられ、2004年の「FNN踊る大選挙戦」、『こちら葛飾区亀有公園前派出所』や『クレヨンしんちゃん』、『らき☆すた』、関西ローカルニュース番組の『VOICE』、『水曜どうでしょう』の企画「ジャングル・リベンジ」などが挙げられる。日本語版でのジャック・バウアー役の声優小山力也マブラヴ ALTERED FABLEでは「チャック・ザウバー」、2008年版『ヤッターマン』では「チャック・バウアー」なるパロディキャラを演じた。

お笑いコンビどきどきキャンプの岸学がジャック・バウアーのモノマネでコントをしている。主に爆笑レッドカーペットでネタを披露している。物真似では、タレントがパントマイムを行い、小山力也が声を当てる形式で行われることもある。

篠原涼子主演のテレビドラマ、『アンフェア』(2006年1月10日〜2006年3月21日、フジテレビ系列)に登場する、警視庁・情報解析係の蓮見杏奈(濱田マリ)はジェイミー・ファレルのパロディー。情報解析担当で犯人に協力するあたりのプロット、あるいはルックス等がジェイミーに擬せれている。

アメリカでもネタにされており、テレビアニメでは『ザ・シンプソンズ[14]、『サウスパーク』がある。

登場人物[編集]

本作では時間軸にそって、さまざまな登場人物が登場するが、おおまかに分けて以下のような人物たちを、交互に切り替えながら描いている。主人公であるジャック・バウアーとCTUスタッフらの活躍はもちろん、もう一人の主人公として「大統領」とその政権スタッフらにも焦点をあて、テロに対する政治的な苦悩と決断も描かれている。

あらすじ[編集]

シーズン1[編集]

大統領候補者暗殺計画。(午前0時 - 午前0時)
2002年3月、カリフォルニア州での大統領予備選挙戦当日の24時間が舞台。
ジャック・バウアー 35歳。
アメリカ合衆国で初めての黒人大統領候補・デイビッド・パーマー議員が、今後24時間以内に暗殺されるとの情報が入る。また、CTUの内部に裏切り者がいることも示唆される。
一方、高校生でジャックの娘キムがパーマー暗殺計画グループに誘拐され、キムを探していたジャックの妻テリーも、後に誘拐される。また、パーマー議員の息子が過去に犯した殺人という政治的スキャンダルが問題となる。
議員を守るはずのジャックが、犯人に娘と妻を殺すと脅迫され、議員暗殺の実行犯に仕立て上げられる。

シーズン2[編集]

核爆弾テロ(午前8時 - 午前8時)
シーズン1から1年半後のある1日が物語の舞台。
ジャック・バウアー 37歳。
妻の死による心の傷が癒えないジャックは、CTUを休職・失意の日々を送っていた。
一方、デイビッド・パーマーはアメリカ合衆国初のアフリカ系アメリカ人の大統領として活躍していた。久々の休暇を満喫していたパーマーのもとに「24時間以内にテロリストがロサンゼルスで核爆弾を爆発させる」という情報が届く。
核の脅威からロサンゼルスを守るために、パーマー大統領の懇願により、ジャックはCTUに復職する。
その頃、娘のキムはジャックとは離れて暮らしており、LA市内にあるマシスン家でベビーシッターとして住み込みで働いていたが、一見幸せそうに見えるその家庭では、父親によるDVが行われていた。
シーズン2.5
副大統領暗殺、核爆弾テロ(午前6時 - 午前6時)
シーズン2とシーズン3の中間にあたるゲーム版。
シーズン2から6ヵ月後のある1日が物語の舞台。
ジャックは療養して正式に復職してロサンゼルス港の兵器密輸船を捜査していた。
またデイビット・パーマー大統領はバイオテロの影響で療養していた。そのためプレスコット副大統領が大統領代理として指揮を執っていたが、CTUワシントン支局からLA支局にプレスコット暗殺の連絡が入りジャックは暗殺団から守ろうとする。

シーズン3[編集]

バイオテロ(午後1時 - 午後1時)
シーズン2から3年後のある1日が物語の舞台。
ジャック・バウアー 40歳。
生物兵器として改良された強力な病原菌に感染した死体が、ロサンゼルスにある国立衛生局の前に捨てられた。ジャックの娘・キムはCTUのスタッフとして勤務しており、同僚とともに、病原菌の出所の調査を始める。
CTUではある1人の青年が麻薬(ヘロインコカイン)の運び屋として今にも動き出そうとしていることを知るが、この物質は麻薬ではなく、生物兵器の病原菌なのではないか、と疑いを掛ける。またジャックは、この生物兵器の散布を防ぐため、別ルートで犯人を特定しようとしていた。
折りしもその頃、デイビッド・パーマー大統領は任期満了に伴う大統領選挙戦を控え、共和党のジョン・キーラー候補との演説会を迎えようとしていた。
シーズン3.5
シーズン3とシーズン4の中間にあたる短編。
シーズン3から3ヵ月後の物語
トニーの後任であるドリスコルにヘロイン中毒であることを理由にジャックがCTU解雇を言い渡される。
トゥルー・コーリング』のVol.1(レンタル版)に収録

シーズン4[編集]

連続時間差多発テロ(午前7時 - 午前7時)
シーズン3から15ヵ月後のある1日が物語の舞台。
ジャック・バウアー 41歳。
ジャックは麻薬中毒だった過去を上官に「弱点になる」と指摘されCTUを解雇され、国防長官の特別補佐官として働いていた。
1年前にCTUを解雇されて以来初めて、国防長官代理としてCTU LA支局を訪れたジャックは その日の朝に発生した列車爆破事件の実行犯と遭遇。犯人から本当の狙いが国防長官の拉致だと聞き出したジャックは、長官に避難するよう知らせる。ジャックは長官を救出するまで復職してもらるよう支部長に頼んだ。
シーズン4.5
シーズン4とシーズン5の中間にあたる短編。
シーズン4から1年後、シカゴに潜伏中のジャックの携帯にクロエからの連絡が入る。緊急時以外に連絡をしないことになっているはずなのにクロエが直接シカゴに出向くという。
プリズンブレイク(1)』Vol.1(レンタル版)に収録

シーズン5[編集]

元大統領暗殺・空港占拠・神経ガス散布テロ・ロシア大統領襲撃・潜水艦強奪(午前7時 - 午前7時)
シーズン4から1年半後のある1日が物語の舞台。
ジャック・バウアー 43歳。
中国政府に追われる立場となったジャックは「フランク・フリン」と名前を変え、日雇いの仕事をしながらダイアン・ハクスリーとその息子デレクと生活していた。
一方、元大統領のパーマーはロサンゼルスで弟のウェインと共に回想録を執筆中にテロリストによって狙撃され死亡。パーマーの暗殺直後、ミシェルとトニーもテロリストに狙われ、ミシェルは死亡、トニーは重傷を負う。そしてテロリストに狙われたクロエはジャックに助けを求める。
シーズン5.5
シーズン5とシーズン6の中間にあたる短編。
シーズン5から7ヶ月後、中国政府に捕まり、僻地の収容施設で捕らわれていたジャック。何ヶ月にも及ぶ厳しい拷問にも全く機密事項を話そうとしないジャックに、工作員のチェン・ジーは一計を案じた。
ザ・センチネル 陰謀の星条旗 [DVD]』に収録

シーズン6[編集]

連続自爆テロ・小型核爆弾テロ(午前6時 - 午前6時)
シーズン5から20ヶ月後のある1日が物語の舞台。
ジャック・バウアー 45歳。
アメリカ国内は自爆テロが頻発し、アメリカ政府や国民の間では恐怖と中東系市民への警戒心が高まっていた。そんな中ジャックが、アメリカ政府と彼を監禁していた中国政府との交渉により帰国を果たす。
しかしジャックが連れ戻された理由は、テログループ内部の者による、グループリーダーとされるアサドの居所を教える代わりにジャックを差し出す、という提案を政府が呑むためだった。グループがジャックを捕らえるまでの間CTUの情報を筒抜けにすることも条件とされたため、なす術がないCTU。
ジャックは、アサドがリーダーであるどころかテログループを阻止するために動いていることを告げられる。決死の覚悟で脱出を試みるジャック。そうしている間にも政府はアサド暗殺の準備を進めていく。
Debrief
シーズン6のその後にあたる短編。
シーズン6から15時間後、ホテルでバレンシアの核爆発のニュースを見ていたジャック。その時、誰かがドアをノックした。本部からの特別捜査官が、中国に拘留されている時にアメリカの機密情報を漏らしたのではないかと云う容疑で、ジャックを拘束しに来たのだ。断固否定するジャックだったが、信用しない彼はバークに自白剤を注射するよう命じる。

24 リデンプション[編集]

原題は『24: Redemption』。本来なら2008年1月から放送されるはずだったシーズン7が脚本家組合のストライキの影響で1年延期されたため、シーズン6と7の間を補完する2時間の特別番組として製作され[15]、シーズン7開始(2009年1月)に先立つ2008年11月23日に放送、同11月25日には特典映像を含む2枚組DVD(北米盤)が発売された。

従来の『24』とは異なり、2時間でストーリーは完結するが、リアルタイム・フォーマットは堅持している。

シーズン6とシーズン7の中間にあたる特別エピソード。(午後3時 - 午後5時)
シーズン6から1年半後。舞台はアフリカのサンガラと、アメリカのワシントンD.C.
ジャック・バウアー 47歳。
オードリーと別れ、人間らしい生活を全て失ったジャックは、アメリカを離れ放浪の果て特殊部隊時代の同僚で、現在は、内戦で親を失った孤児達のために学校を運営しているカール・ベントンの元に人目を忍ぶように身を寄せていた。
ある日、武装集団が来襲し、子供達を拉致しようとする。政情不安なサンガラでは、反白人主義のグループが身寄りのない子供を集めては洗脳し内戦のための兵士を仕立てているのだった。チルドレンソルジャーの悲惨な現実を目の辺りにしたジャックは子供達を守るために立ち上がる。
その頃、ワシントンではダニエルズ政権が任期を終え、アメリカ初の女性大統領アリソン・テイラーのアメリカ合衆国大統領就任式が始まろうとしていた。

シーズン7[編集]

インフラ乗っ取り・ホワイトハウス襲撃・生物ガステロ(午前8時 - 午前8時)
リデンプションから2ヵ月後。舞台はワシントンD.C.。シーズン6と7の間に、CTUは解体されている。
ジャック・バウアー 47歳。
上院の公聴会で、過去にCTUにおいて行った違法な拷問についての責任追及を受けていたジャックは、急遽FBIのルネ・ウォーカーに緊急の捜査協力を依頼される。それは過去数週間に起きたIT関連製品盗難、及び直前に起きた全米インフラ保護システム開発者:マイケル・レイサムの誘拐に関連するもので、テロリストが全米の通信網、交通網などを乗っ取る計画を阻止することだった。
拘束下である自分がなぜ捜査に協力させられるのか疑問だったジャックは、テロリストの映った監視カメラの映像を見せられる。そこに映っていたのは死んだはずの元同僚、トニー・アルメイダだったのだ。

シーズン8[編集]

核兵器テロ(午後4時 - 午後4時)
シーズン7から1年半後。舞台はニューヨーク[16]
ジャック・バウアー 49歳。
キムによる幹細胞治療で回復したジャックは、政府の仕事を止めキムとの関係を改善し孫のテリーらキムの家族と共に過ごそうと決めていた。だが、そこにジャックが現役当時に使っていた情報屋のヴィクターが、何者かに襲われ、傷ついた姿で転がり込んでくる。彼はジャックに、アメリカのテイラー大統領とカミスタン共和国大統領のハッサンによる和平協定締結を阻止しようとするグループがハッサン暗殺を企て、すでに計画が進行中であることを知らせる。
ジャックは最初協力を拒むが、ヴィクターの死とグループによる自身への襲撃を受け、またもや事件解決のために立ち上がることとなるのであった。
2009年3月1日付で契約が成立し制作着手。アメリカでは2010年1月17日より放送開始、シーズン中に「シーズン8限りでの制作打ち切り」が発表され、同年5月24日放映分をもってシリーズファイナル(最終回)となった。

リブ・アナザー・デイ[編集]

シーズン8から4年後。舞台はロンドン。(午前11時 - 午前11時)
ジャック・バウアー 53歳。

シンジケーション[編集]

24 は国際的なシンジケイション(番組販売)であり、以下の国で放送されている。

北アメリカ
  FOXネットワーク
シーズン1 2001年11月6日 - 2002年5月21日(火曜 21:00ET - 22:00)
シーズン2 2002年10月29日 - 2003年5月20日(火曜 21:00ET - 22:00)
シーズン3 2003年10月28日 - 2004年5月25日(火曜 21:00ET - 22:00)
シーズン4 2005年1月9日 - 2005年5月23日(月曜 21:00ET - 22:00)
シーズン5 2006年1月15日 - 2006年5月22日(月曜 21:00ET - 22:00)
シーズン6 2007年1月14日 - 2007年5月21日(月曜 21:00ET - 22:00)
24 リデンプション 2008年11月23日(日曜 20:00ET - 22:00)
シーズン7 2009年1月11日 - 2009年5月18日(月曜 21:00ET - 22:00)[2]
ファイナルシーズン(シーズン8) 2010年1月17日 - 2010年5月24日(月曜 21:00ET - 22:00)
24 リブ・アナザー・デイ 2014年5月5日 - (月曜 21:00ET - 22:00)
南アメリカ
西ヨーロッパ
北ヨーロッパ
東アジア
中央ヨーロッパ
南ヨーロッパ
東ヨーロッパ
オセアニア
  フジテレビ BSフジ
シーズン1 2004年4月1日 - 2004年4月11日 2004年5月3日(0:00から24話連続放送)
シーズン2 2004年10月1日 - 2004年10月10日 2004年11月7日 - 2004年12月26日(日曜 22:00 - 24:30、毎週3話)
シーズン3 2005年9月29日 - 2005年10月8日 2006年10月4日 - 2006年12月20日(水曜 21:00 - 22:40、毎週2話)
シーズン4 2006年10月2日 - 2006年10月10日 2007年1月10日 - 2007年3月28日(水曜 21:00 - 22:40、毎週2話)
シーズン5 2007年10月1日 - 2007年10月11日 2008年1月9日 - 2008年3月26日(水曜 21:00 - 22:40、毎週2話)
シーズン6 2008年9月29日 - 2008年10月9日 2009年1月7日 - 2009年3月25日(水曜 21:00 - 22:40、毎週2話)
24 リデンプション 2009年10月24日、2009年10月31日 2010年4月13日、2010年4月20日
シーズン7 2009年11月7日 - 2010年3月27日 2010年4月27日 - 2010年10月2日(火曜 23:00 - 24:00)
  テレビ東京系列岐阜放送奈良テレビテレビ和歌山 BSジャパン
シーズン5 2011年4月13日 - 2011年9月21日[17](水曜 21:00 - 21:54)  
シーズン6
24 リデンプション
シーズン7
ファイナル・シーズン 放送中止[18] 2013年12月31日- 2014年1月3日
  WOWOW
シーズン1 2012年9月29日 - 2012年9月30日(20:10から24話連続放送)
シーズン2 2012年10月8日(0:00から24話連続放送)
シーズン3 2012年11月23日(0:10から24話連続放送)
シーズン4 2012年12月30日 - 2012年12月31日(23:10から24話連続放送)
シーズン5 2013年1月5日 - 2013年1月6日(23:10から24話連続放送)
シーズン6 2013年2月10日(0:15から24話連続放送)
24 リデンプション 2013年3月16日(19:00から2話連続放送)
シーズン7 2013年3月20日(0:00から24話連続放送)
ファイナル・シーズン 2013年4月28日 - 2013年4月29日(21:00から24話連続放送)

豆知識[編集]

  • このドラマの共演がきっかけで、ニーナ役のサラ・クラークとメイソン役のザンダー・バークレーが結婚している。また共演しているシーンはないがモリス・オブライエン役のカルロ・ロタとカイラ・ハッサン役のナズニーン・コントラクターも結婚している。
  • ジャック・バウアーは作中でよく当局に逮捕拘束されるが、現実の世界でもサザーランドは逮捕歴がある[19][20]
  • ジャック・バウアーの日本語吹替を担当した小山力也は、このドラマが日本でヒットした事がきっかけで声が売れ、バラエティ番組等のナレーションの仕事が増えた。一方、吹き替えではキアヌ・リーブス役で演じるようなおとなしくナイーブな青年役が減り、怒鳴り声やドスを聞かせた声で喋るマッチョ系のキャラクター役が増えた。
  • シーズン4でジャック・バウアーが使用している携帯電話は三洋電機製。
  • シーズン4第6話のエンドロール直前には、同話に戦闘部隊役として出演していた実在する海兵部隊の要望で、「マリーン・ライト攻撃ヘリ部隊775所属デイヴ・グリーン中佐に捧ぐ。彼や戦地で散った全ての人達の犠牲を永遠に忘れない。」というメッセージが、ヘリコプターに乗ったサングラス姿のデイヴ氏と共に収録されている[21]
  • シリーズ前半放映時、ネットブックといった小型PCがあまり一般的でなかった。そのためテロリストの使用するPCには、小型で注目を集めていたソニーのVAIOシリーズが使われることが多かった。
  • 登場する車はトラックからスポーツカーまで多岐にわたる。基本はフォード社製が多いがBMWやマセラティなど欧州車も登場する。一方で時代を反映してか、ヒュンダイのスポーツカーやホンダ・トヨタのハイブリッド車も登場する。シーズン8でジャックが一般人の車を強奪して追跡する場面では黒いヒュンダイ・ジェネシスクーペが使われた。また同じく8話で、トンネル内で犯人が乗り換える車として青いホンダ・インサイトが、それを追うヒュンダイの前に突然出てきてジャックを邪魔した車としてトヨタ・プリウスが使用されている。日本車の中ではトヨタ・レクサスがシーズン6までで多く見られた。ヒュンダイはリデンプションならびにシーズン7以降から登場している。

リリース[編集]

DVDおよびBlu-ray[編集]

  発売日 タイトル 収録
シーズン1 2003年11月1日 24 -TWENTY FOUR- シーズンI vol.1 第1〜3話
2003年11月1日 24 -TWENTY FOUR- シーズンI vol.2〜6(DVDコレクターズ・ボックス1) 第4話〜第13話
2004年8月20日 24 -TWENTY FOUR- シーズンI vol.1〜12(DVDコレクターズ・ボックス2) 第1話〜第24話
2005年8月12日 24 -TWENTY FOUR- シーズンI vol.1〜12(DVDハンディ・ボックス) 第1話〜第24話
2010年5月28日 24 -TWENTY FOUR- シーズンI vol.1〜12(SEASONS コンパクト・ボックス) 第1話〜第24話
シーズン2 2004年5月28日 24 -TWENTY FOUR- シーズンII vol.1〜12(DVDコレクターズ・ボックス) 第1話〜第24話
2005年8月12日 24 -TWENTY FOUR- シーズンII vol.1〜12(DVDハンディ・ボックス) 第1話〜第24話
2010年8月4日 24 -TWENTY FOUR- シーズンI vol.1〜12(SEASONS コンパクト・ボックス) 第1話〜第24話
シーズン3 2004年12月22日 24 -TWENTY FOUR- シーズンIII vol.1〜12(DVDコレクターズ・ボックス) 第1話〜第24話
2005年8月12日 24 -TWENTY FOUR- シーズンIII vol.1〜12(DVDハンディ・ボックス) 第1話〜第24話
2006年11月24日 24 -TWENTY FOUR-(トリロジー・ボックス) シーズンI, II, IIIセット
2010年8月4日 24 -TWENTY FOUR- シーズンIII vol.1〜12(SEASONS コンパクト・ボックス) 第1話〜第24話
シーズン4 2004年11月25日 24 -TWENTY FOUR- シーズンIV vol.1〜12(DVDコレクターズ・ボックス) 第1話〜第24話
2006年11月24日 24 -TWENTY FOUR- シーズンIV vol.1〜12(DVDハンディ・ボックス) 第1話〜第24話
2010年8月4日 24 -TWENTY FOUR- シーズンIV vol.1〜12(SEASONS コンパクト・ボックス) 第1話〜第24話
シーズン5 2006年11月24日 24 -TWENTY FOUR- シーズンV vol.1〜12(DVDコレクターズ・ボックス) 第1話〜第24話
2007年11月22日 24 -TWENTY FOUR- シーズンV vol.1〜12(DVDハンディ・ボックス) 第1話〜第24話
2010年10月2日 24 -TWENTY FOUR- シーズンV vol.1〜12(SEASONS コンパクト・ボックス) 第1話〜第24話
シーズン6 2007年11月22日 24 -TWENTY FOUR- シーズンVI vol.1〜12(DVDコレクターズ・ボックス) 第1話〜第24話
2008年12月17日 24 -TWENTY FOUR- シーズンVI vol.1〜12(DVDハンディ・ボックス) 第1話〜第24話
2008年12月17日 24 -TWENTY FOUR-(トリロジー・ボックス) シーズンIV, V, VIセット
2010年10月2日 24 -TWENTY FOUR- シーズンVI vol.1〜12(SEASONS コンパクト・ボックス) 第1話〜第24話
リデンプション 2009年3月19日 24 -TWENTY FOUR- リデンプション vol.1 第1〜2話収録
シーズン7 2009年12月18日 24 -TWENTY FOUR- シーズンVII vol.1〜12(DVDコレクターズ・ボックス) 第1話〜第24話
24 -TWENTY FOUR- シーズンVII vol.1〜6 (Blu-ray BOX) 第1話〜第24話
2011年7月6日 24 -TWENTY FOUR- シーズンVII vol.1〜12(SEASONS コンパクト・ボックス) 第1話〜第24話
シーズン8 2010年12月23日 24 -TWENTY FOUR- シーズンFinal vol.1〜12(DVDコレクターズ・ボックス) 第1話〜第24話
24 -TWENTY FOUR- シーズンFinal vol.1〜6 (Blu-ray BOX) 第1話〜第24話
2012年4月21日 24 -TWENTY FOUR- シーズンVIII vol.1〜12(SEASONS コンパクト・ボックス) 第1話〜第24話
2012年12月19日 24 -TWENTY FOUR- 10周年記念コンプリートDVD-BOX シーズンI〜VIIIおよびリデンプション
発売元はいずれも20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン。

DVDレンタル[編集]

  レンタル開始日 巻数
シーズン1 2003年10月3日 vol.1〜2(第1話〜第5話)
2003年10月17日 vol.3〜5(第6話〜第11話)
2003年11月21日 vol.6〜8(第12話〜第17話)
2003年12月19日 vol.9〜12(第18話〜第24話)
シーズン2 2004年3月19日 vol.1〜2(第1話〜第4話)
2004年4月2日 vol.3〜4(第5話〜第8話)
2004年4月16日 vol.5〜6(第9話〜第12話)
2004年4月29日 vol.7〜8(第13話〜第16話)
2004年5月14日 vol.9〜10(第17話〜第20話)
2004年5月28日 vol.11〜12(第21話〜第24話)
シーズン3 2004年11月3日 vol.1〜3(第1話〜第6話)
2004年11月17日 vol.4〜6(第7話〜第12話)
2004年12月1日 vol.7〜8(第13話〜第16話)
2004年12月15日 vol.9〜10(第17話〜第20話)
2004年12月22日 vol.10〜12(第21話〜第24話)
シーズン4 2005年9月2日 vol.1〜3(第1話〜第6話)
2005年9月14日 vol.4〜5(第7話〜第10話)
2005年10月5日 vol.6〜8(第11話〜第16話)
2005年10月19日 vol.9〜10(第17話〜第20話)
2005年11月2日 vol.11〜12(第21話〜第24話)
シーズン5 2006年9月2日 vol.1〜3(第1話〜第6話)
2006年9月23日 vol.4〜6(第7話〜第12話)
2006年10月7日 vol.7〜9(第13話〜第18話)
2006年11月3日 vol.10〜12(第19話〜第24話)
シーズン6 2007年9月7日 vol.1〜3(第1話〜第6話)
2007年9月21日 vol.4〜6(第7話〜第12話)
2007年10月5日 vol.7〜9(第13話〜第18話)
2007年11月2日 vol.10〜12(第19話〜第24話)
リデンプション 2009年3月19日 vol.1(第1話〜第2話)
シーズン7 2009年7月3日 vol.1〜3(第1話〜第6話)
2009年8月5日 vol.4〜5(第7話〜第10話)
2009年9月2日 vol.6〜7(第11話〜第14話)
2009年10月2日 vol.8〜9(第15話〜第18話)
2009年11月6日 vol.10〜11(第19話〜第22話)
2009年12月2日 vol.12(第23話〜第24話)
シーズン8 2010年10月2日 vol.1〜4(第1話〜第8話)
2010年11月5日 vol.5〜8(第9話〜第16話)
2010年12月3日 vol.9〜12(第17話〜第24話)

小説[編集]

竹書房から発売しており、シーズン1から6までは小島由記子訳。リデンプション、シーズン7,8および24 DECLASSIFIED-CTU機密解除記録- は阿部清美訳。英知出版からも文永優訳で幾つか翻訳され出版されたが、発行元の倒産に伴い絶版となっている。

24 DECLASSIFIED-CTU機密解除記録-

CTUが創設された当初の任務は、機密扱いとなっていたが、2000年(正しくは2001年だが本書の第1巻、第2巻には2000年と記されている)のアメリカ同時多発テロ事件以降、いくつかが機密解除となった。「CTU機密解除記録」は、その任務を解決するために走り回るジャックの長い一日を書いたものである。テレビドラマ化はされておらず、小説のみでしかジャックの一日を追えない。なお、これらの物語はシーズン1よりも以前の話である。第1巻ではニューヨーク世界貿易センタービルが登場しているのに対し、第2巻では既に9.11が起きたことになっているため、第1巻と第2巻の間に9.11が起こったと考えられる。 尚、竹書房による日本語訳版の発売日は時系列順では無く、既刊では原題Operation Hellgate、Veto Power、Trojan Horse、Cat's Claw、Vanishing Point、Chaos Theoryの順に物語が進んでいく。

  • 24 TWENTY FOUR CTU機密記録 カオス理論 (原題Chaos Theory、ジョン・ホイットマン(John Whitman)著) - 2008年2月22日
(午後8時 - 午後8時)
デイビッド・パーマー上院議員暗殺未遂事件を誰もが良そうだにしていなかったある日のロサンゼルス。ジャック・バウアーが動機不明の殺人罪で投獄されてから三週間が過ぎた。部下であるCTU捜査官ピーターはジャックの無実を確信していたが、シャペルやヘンダーソンら上司は耳を貸さない。ほどなくしてジャックは刑務所内で元ギャングの囚人に襲われ、別の囚人が看守を殺害。一方、CTUでは会議中に突然シャペルが倒れて意識不明の状態となる。一連の出来事は偶然ではないと直感したジャックは、刑務所内で故意に騒動を起こし、同房のラミレスとともに脱獄を図る。折しも、ロサンゼルスにはある危険人物が到着し、恐るべき計画を実行に移そうとしていた……。
  • 24 TWENTY FOUR CTU機密記録 感染拡大 (原題Cat's Claw、ジョン・ホイットマン(John Whitman)著) - 2008年3月24日
(午前7時 - 午前9時)
ロサンゼルス・サミット(主要国首脳会議)開催当日の朝。CTUをはじめとする関係機関が警戒態勢を敷く中、ジャックは環境保護団体のデモに参加する娘のキムに付き添って連邦ビル広場を訪れていた。そこへ一本の電話が入る。数年ぶりに話すその相手は、かつて互いに惹かれあった刑事・マーシーだった。彼女は捜査中の殺人事件に過激な環境保護団体の影があることを説明し、ジャックに協力を乞う。ただちにCTUに向かおうとした直後、ジャックは何者かに拉致され、暗闇の中に監禁される。犯人を名乗る男は、今後24時間は捜査を中止することを要求。約24時間の潜伏期間経て発症し、確実に死に至るウイルスの存在を匂わせる。ウイルスの感染を疑うジャックだが、男はより残酷な手段を選んでいた───。
  • 24 TWENTY FOUR CTU機密記録 消失点 (原題Vanishing Point、マーク・セラシーニ(Marc Cerasini)著) - 2008年4月24日
(午後0時 - 午後0時)
バージニア支局へ異動したヘンダーソンが、ある日ロサンゼルス支局のジャックの前に現れた。コロンビアの麻薬王ロハス・ファミリーのもとに潜入中の部下が、あらゆる飛行機をステルス機に変える驚くべき電子機器を一家から盗み出した後、消息を絶ったのだという。ただちに操作が開始され、問題の機器の出どころは他ならぬ合衆国空軍だと判明。空軍からは以前にも機密技術が流出した痕跡がラスベガスで発見されていた。さらなる横流しを防ぐため、ジャックとカーティス、モリスの三人はギャング団を装ってラスベガスのカジノへ、トニーは科学者として空軍の新兵器実験場へ潜り込むことに。こうしてCTU創設以来の一大潜入捜査が始まった……。
輸送機撃墜計画。ジャックがいるニューヨークとロサンゼルスのCTUが舞台(午後9時 - 午後9時)。
CTUロサンゼルス支局に、ロサンゼルス空港に着陸する貨物機が攻撃される計画がある、との電話がかかってくる。 ジャック達は空港に向かい、不審な男達とミサイルの発射台を見つける。銃撃戦の末、ジャックはダンテ・アリーティを逮捕。CTUに身柄を送るが、FBIの捜査官フランク・ヘンズリーが突然現れ、身柄引き渡しを求められる。ジャックはヘンズリーとアリーティとともにニューヨークへと向かうのだが……。
  • 24 TWENTY FOUR CTU機密記録 暗黒の掟 (原題Veto Power、ジョン・ホイットマン(John Whitman)著) - 2008年8月25日
(午前3時 - 午前3時)
9・11の教訓を生かしたテロ防止法案、NAP(新米国プライバシー法)の制定をめぐって揺れるバーンズ政権下。OP.ヘルゲートの成功にもかかわらず、ジャックはある事件によりCTUチーフの座を降ろされていた。その間、半年にわたって反政府武装組織グレイター・ネイションに潜入していたジャックは、アジト急襲作戦を指揮してリーダーのマークスを逮捕。ところが、同組織は独自に国内潜伏テロリストの追跡を行っていたという。しかも彼らは近々、ロサンゼルスで大規模なテロを計画しているらしい。マークスの口からテロリストの1人の名前を聞かされたジャックは、運命のいたずらに驚愕する。一方、NAP反対派の筆頭であるドレクスラーは、賛成派の司法長官のクインシーに脅しをかけられ、旧知の仲であるCTUチーフ、ケリーに助けを求める。やむなくクインシーの周辺を洗い始めたケリーが発見したのは、誰も知り得なかった事実だった……。
  • 24 TWENTY FOUR CTU機密記録 天国の門 (原題Trojan Horse、マーク・セラシーニ(Marc Cerasini)著) - 2008年10月24日
(午前5時 - 午前5時)
映画界の一大イベント、シルバースクリーン賞授賞式を十数時間後に控えたロサンゼルス。国際テロリストと麻薬カルテルが結託し、米国内で新種のドラッグ"カルマ"の精製を行っているとの情報を得たCTUは、DEA(麻薬取締局)と協力して精製所と目される映画スタジオを急襲。だが、カルマの現実はおろか、精製の証拠さえ発見できずに終わる。失望するジャックの元に、ロス市警時代の同僚・カスタラーノが現れる。ハリウッド在住の映画プロデューサーの惨殺現場にジャック一家の個人情報が残されていたというのだ。操作を進めるうちに、ジャックはかねてから追っていた謎の人物"ハッサン"に行き当たる。その頃、トニーもまたハッサン率いる組織の陰謀を阻止するため、新人アナリストのフェイを連れ、メキシコで潜入捜査中だった。計画は万全なはずだったが、罠は思わぬところに潜んでいて……。

未翻訳

  • 原題Storm Force、デイビッド・ジェイコブス(ヤコブス?)(David Jacobs)著 - 2007年12月26日
  • 原題Collateral Damage、マーク・セラシーニ(Marc Cerasini)著 - 2008年2月26日
  • 原題Trinity、ジョン・ホイットマン(John Whitman)著 - 2008年4月29日
  • 原題Head Shot、デイビッド・ジェイコブス(David Jacobs)著 - 2009年4月28日
  • 原題Death Angel、デイビッド・ジェイコブス(David Jacobs)著 - 2010年4月27日

その他のメディア[編集]

en:List of 24 (TV series) mediaも参照。

短編動画:24: Conspiracy

Vodafone live!(当時)で配信された、携帯電話版のオリジナルストーリー。1話1分、全24話で構成されている。 シーズン4と同日にCTUワシントン支部で起こった事件を描く。

ゲーム
「24:ザ・モバイルゲーム」(シーズン3と4間のストーリー)
「24:エージェントダウン」(シーズン4と5間のストーリー)
ケータイゲーム用に書き起こされた完全オリジナルストーリーで、シナリオパートと任務パート(数種のミニゲーム)でゲームが進む。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e シーズン4以降、シーズンの初めと終わりや2月のスウィープス期間中に、日曜20:00-22:00から月曜20:00-22:00にかけての合計4時間、あるいは月曜20:00-22:00の2時間、という形の拡張放送も行われた(5月のスウィープス期間中に全24話を終了させるため)。
  2. ^ a b 当初は2008年1月〜5月に放送予定だったが、2007年-2008年全米脚本家組合ストライキにより制作が延期された。
  3. ^ a b Rice, Lynette (2013年5月13日). “Official: '24' returns May 2014”. Entertainment Weekly. 2013年5月13日閲覧。
  4. ^ 実際には、CMや次回予告編が入るので1話44分間程度だが、CMの間にも劇中での時間は進行する。
  5. ^ 米人気ドラマ「24」終了へ 日本でも人気 - 47NEWS 2010年3月28日
  6. ^ ザ・プライムショー」、2013年4月2日放送、WOWOW制作
  7. ^ 2013年4月2日放送、WOWOW制作
  8. ^ Entertainment Weekly - '24': So Good It's Scary(英語)
  9. ^ Jane, Mayer (2007年2月17日). “Letter from Hollywood: Whatever It Takes”. ザ・ニューヨーカー. 2007年6月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月17日閲覧。
  10. ^ 「24 TWENTY FOUR」のファイナルシーズンが日本初放送!テレビ東京系で4月から放送決定!webザテレビジョン 2011年2月2日
  11. ^ 詳細は、[1]東日本大震災における放送関連の動き#ドラマを参照。
  12. ^ 「24」レンタル異常人気、朝から行列(日刊スポーツ、2004年6月15日)
  13. ^ 2008年8月31日に運営終了。グッズ販売もその後終了している。
  14. ^ ジャック役のキーファー・サザーランドと、クレア役のメアリー・リン・ライスカブが声の出演をした。
  15. ^ 当初のタイトルは『24: Exile』であった。
  16. ^ ただし、これまでどおり多くのロケはロサンゼルスで行われた。
  17. ^ 東北地方太平洋沖地震による震災の発生、福島第一原子力発電所事故の状況を考慮し、ファイナル・シーズンの代替で放送。
  18. ^ シアターGOLDが廃枠となったため。
  19. ^ 米人気ドラマ「24」のK・サザーランド、飲酒運転で逮捕(ロイター、2007年9月26日)
  20. ^ キーファー、またもや御用になっていた・・・。(海外ドラマNAVI、2009年5月14日)
  21. ^ Dave Greene(Wiki 24)

関連項目[編集]

  • 米国政府用語一覧
  • アメリカ合衆国の政治
  • テロリズム
  • 連邦捜査局
  • 国際刑事警察機構
  • ニキータ - 製作総指揮のジョエル・サーノウロバート・コクランが過去に手がけた海外ドラマ作品
  • カロリーメイト - 「大統領訪日中の大規模ネットワーク攻撃を阻止するためにジャックが特命を受ける」という設定でコラボレーションCMを展開
  • ワンナイR&R - スペシャルで2回、パロディを放送(主役は轟)。本家の出演者(ザンダー・バークレー、サラ・クラーク夫婦とカルロス・バーナード)が実際に登場、コントにも参加している。
  • THE WAVE! - 2005年の夏に日本のフジテレビが製作し放送したリアルタイムドラマ
  • ザ・シンプソンズ - 2007年に「24 Minutes」という題名のパロディを放送。キーファー・サザーランドとメアリー・リン・ライスカブが本家と同役でゲスト出演(シンプソンズは24と同じくFOXで放映されている。)。
  • クレヨンしんちゃん - 野原ひろしの朝の24分間を描いた「父ちゃんの24だゾ」が放送された。(野原ひろしの声優である藤原啓治は実際に24に出演したことがある。)
  • どきどきキャンプ - 24をテーマにしたコントを持ちネタとする。
  • プリズンブレイク - レンタルビデオショップのCMの中で同作品の主人公マイケルと24のジャックがDVDのレンタル売り上げを競ったことがある。最終的にはプリズンブレイクに№1の座は奪われたが、ジャックはマイケルを祝福した。season2のCMは、「『プリズンブレイク』って脱獄したら終わりだろ?」と尻込みする仲間たちに、「そんなことで24に勝てるか!」とマイケルが喝を入れる内容だった。
  • ザ・プライムショー - WOWOWの情報番組。2013年4月2日放送でインド版24の制作を報じ、その際に制作の様子を写した写真を世界初公開した。
  • 鈴木一人 - 北海道大学で国際政治を教えている政治学者。日本語吹替え版で翻訳監修を担当した。

外部リンク[編集]

公式[編集]

データベース[編集]