信条

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

信条とは、キリスト教教会がその教理教義を神と人に示す成文箇条。信経とも訳される。本記事では、主にキリスト教会の信条について述べる。信条と信仰告白は分けて用いられることのある語である。

概要[編集]

キリスト教会は、その歴史上、幾度もの教理・教義論争と分裂を繰り返してきた。信条は、所属信徒に対し拘束力を持った客観的な信仰基準である。

使徒信条ニカイア・コンスタンティノポリス信条カルケドン信条アタナシオス信条の理解は自由主義神学以外のキリスト教会が基本的に受け入れており、反対者は異端・異教として排除された。[1]

信条と信仰告白[編集]

信条は、偽教理、異端、誤りを、使徒の教え、使徒の教理で識別し、教会から追放するために作成された[2]

信条と同じような経緯で成立し、同じように用いられる文書に「信仰告白」がある。これらの間に厳密な区分は定義し得えず、個々に制定・翻訳された文書の命名に従う他はないが、傾向としては、初代教会から続く時代に確認された文書が信条であり、宗教改革時代に確認された教理が信仰告白といえる。さらに教理の仔細はカテキズムにより補われる。簡潔な信仰告白や詳細な信条の例があり、分量による区別は絶対ではない。

使徒信条は異教とキリスト教を区別するものに過ぎず、プロテスタント固有の正統性を保証するものではない[3]

宗教改革とそれに続くプロテスタント正統主義時代の信仰告白はローマ・カトリック教会の教えを排除している[2][4][5]。プロテスタントにおいて、信条、信仰告白は聖書に従属する[6]

一方、ローマ・カトリック側は対抗宗教改革トリエント公会議でプロテスタント側を断罪している[7]

近年、日本では、かつて「~信条」と訳出された文書が、改訳に当たって「~信仰告白」に改められる例が多数認められる。

脚注[編集]

  1. ^ ウェストミンスター信仰告白岡田稔による解説、信教出版社
  2. ^ a b マーティン・ロイドジョンズ『教会とは何か?』いのちのことば社
  3. ^ 小野静雄『日本プロテスタント教会史』下 聖恵授産所 p.243
  4. ^ 『福音主義キリスト教と福音派』
  5. ^ クラス・ルーニア『現代の宗教改革』小峯書店
  6. ^ 『福音主義キリスト教と福音派』p.103
  7. ^ デンツィンガー

参考文献[編集]

外部リンク[編集]