コモンウェルス・スタジアム (エドモントン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コモンウェルス・スタジアム
Commonwealth.jpg
施設情報
所在地 カナダアルバータ州エドモントン
開場 1978年
修繕 2001年
所有者 エドモントン市
グラウンド 天然芝 (1978–2009)
フィールドターフ Duraspine Pro (2010–present)
建設費 2090万カナダドル(建設時)
使用チーム、大会
エドモントン・エスキモーズ
1978年コモンウェルスゲームズ
1983年夏季ユニバーシアード
2001年世界陸上競技選手権大会
収容能力
42,500 (1978–1979)
43,346 (1980–1981)
59,912 (1982)
60,081 (1983–2007)
59,537 (2008–2012)
56,302 (2013–)
(最多:63,317)

コモンウェルス・スタジアム(Commonwealth Stadium)は、カナダアルバータ州エドモントンにあるスタジアム。

概要[編集]

本スタジアムは1978年コモンウェルスゲームズの開催のために建設された[1]。収容人数は56,302人で、カナダ国内のスタジアムとしては最大規模。カナディアンフットボールCFL)のプロチーム、エドモントン・エスキモーズが本拠地スタジアムとして使用している。

カナダ国内では数少ない天然芝のスタジアムのため、サッカー代表のホームグラウンドでもあり、同国内で国際的なサッカーの試合が行われる際によく用いられる。またラグビーチャーチルカップの会場として、また2006年女子ラグビー・ワールドカップの決勝の会場としても用いられた。ただし、2007年トロントBMOフィールドが完成したため、今後のサッカー国際試合での同会場の利用は減るものとみられている。

この会場で行われた主な国際大会としては、1978年コモンウェルスゲームズ1983年ユニバーシアード夏季大会、2001年世界陸上選手権2002年2014年FIFA U-20女子ワールドカップ2007 FIFA U-20ワールドカップ1984年1997年2002年のCFLのグレイ・カップなどがある。2003年には、屋外としては初のNHLの試合も行われた。

また、コンサート会場として用いられることもあり、U2ピンク・フロイドローリング・ストーンズなどのアーティストらがライブを行った。

脚注[編集]

  1. ^ http://www.edmonton.ca/attractions_recreation/sport_recreation/history-of-commonwealth-stadiu.aspx/ Edmonton's Stadium Legacy by Michael Payne, City Archivist, City of Edmonton

出典[編集]

外部リンク[編集]

先代:
オリンピコ・セビージャ
セビリア
世界陸上競技選手権大会
会場

2001年
次代:
スタッド・ド・フランス
パリ