アテネ・オリンピックスタジアム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリンピアコ・スタディオ
Ολυμπιακό Στάδιο
"OAKA"
Olympic Stadium (Athens).JPG
施設情報
所在地 ギリシャアテネ・マルーシ地区
位置 座標: 北緯38度2分9.93秒 東経23度47分15.48秒 / 北緯38.0360917度 東経23.7876333度 / 38.0360917; 23.7876333
起工 1979年[1]
開場 1982年[1]
修繕 2002年-2004年[1]
所有者 ギリシャ政府
運用者 OAKA
グラウンド
ピッチサイズ 105 x 68 m[1]
大型映像装置 パナソニックアストロビジョン
設計者 サンティアゴ・カラトラバ
(改修)
使用チーム、大会
AEKアテネ
サッカーギリシャ代表
UEFAチャンピオンズカップ 1982-83
UEFAチャンピオンズリーグ 1993-94
UEFAチャンピオンズリーグ 2006-07
収容能力
75,000人

アテネ・オリンピック・スタジアム (: Ολυμπιακό Στάδιο: Olympic Stadium, Athens、または、Spiridon "Spiros" Louis) は、ギリシャアテネ市のアテネオリンピックスポーツコンプレックス内にある多目的スタジアムである。サッカーギリシャ代表のホームとなっている他に、AEKアテネパナシナイコスのホームスタジアムとなっている。収容人数は75,000人。設計者はサンティアゴ・カラトラバ

概要[編集]

元々は1982年に開かれたヨーロッパ陸上競技選手権大会のために建設された。1996年オリンピック招致のためにサンティアゴ・カラトラバの設計により大規模改修が行われたが、アトランタに敗れ、1997年に行われたIAAF世界陸上選手権2004年アテネオリンピックのメイン競技場になった[2]

当初2004年4月に完成する予定であったが、その後6月、オリンピック直前の7月と完成時期は延期された[3]

1896年の第1回夏季オリンピックアテネ大会男子マラソン優勝者のスピリドン・ルイスを記念し、スタジアムの名前に彼の名が入っている。

また、オリンピアコスの本拠地ゲオルギス・カライスカキス・スタジアムと共に、サッカーギリシャ代表の試合もここで行われる。UEFAチャンピオンズリーグ(旧UEFAチャンピオンズカップ)の決勝戦も数回行われている(1982-83シーズンにハンブルガーSVユヴェントス(1-0)、1993-94シーズンにACミランFCバルセロナ(4-0)、2006-07シーズンにACミランリヴァプールFC(2-1))。

入場者数[編集]

最大入場者数[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d Description: Capacity”. O.A.K.A. "Spiros Louis". 2010年12月29日閲覧。
  2. ^ 2004 Summer Olympics official report. Volume 2. pp. 242, 324.
  3. ^ 小林隆太郎 (2012年6月30日). “ギリシャ危機は8年前に兆し (1/3ページ)”. サンケイビズ. 2012年7月10日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
ウッレヴィ
ヨーテボリ
世界陸上競技選手権大会
会場

1997年
次代:
オリンピコ・セビージャ
セビリア
先代:
スタッド・ド・フランス
サンドニ
UEFAチャンピオンズリーグ
決勝戦会場

2007
次代:
ルジニキ
モスクワ