サッカーカナダ代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サッカーカナダ代表
国または地域 カナダの旗 カナダ
協会 カナダサッカー協会
愛称 the Canucks, the Maple Leafs
監督 ベニト・フローロ
最多出場選手 ポール・スタルテリ(84試合)
最多得点選手 ドウェイン・デ・ロサリオ(20得点)
ホームカラー
アウェイカラー
初の国際試合 1885年11月28日アメリカ合衆国
1-0
最大差勝利試合 2011年10月7日セントルシア
7-0
最大差敗戦試合 1993年7月18日メキシコ
0-8
FIFAワールドカップ
出場回数 1回(初出場は1986
最高成績 グループリーグ敗退(1986)
CONCACAFゴールドカップ
出場回数 8回
最高成績 優勝(2000)

サッカーカナダ代表Canada men's national soccer team)は、カナダサッカー協会により構成されるカナダサッカーのナショナルチーム。

概要[編集]

1980年代以前は、カナダのサッカーはマイナー視されていたが、ワールドカップ初出場を決めた1986年以降は突如として変貌を遂げ、着実に強化に成功した。その萌芽は1960年代、CONCACAFゴールドカップの前身であるCONCACAF選手権に参加するようになってからで、とくに1977年、1981年大会では北米の強豪を退けて見事2大会連続で4位、1985年大会で遂に優勝を手にし次第に存在感を増していった。その余勢もあり、1986年ワールドカップ北中米カリブ海予選を圧倒的強さで勝ち抜き本大会出場を決めている。

そして、ホルガー・オジェック監督が就任以降は世代交代を進め、象徴的な躍進として知られる2000年のゴールドカップでは、メキシコなどの強豪を破り、決勝のコロンビア戦でも守護神ゴールキーパーのグレイグ・フォレストの活躍もあり完勝し見事初制覇した。翌年のコンフェデレーションズカップでは北中米王者として出場、ブラジルと引き分け試合を演じるなどし、北米の雄として日本のサッカーファンからも注目を集めた。しかし、2002年のワールドカップ予選で日韓大会の出場権を逃して以降は、低迷が続いていており、4大会連続で北中米カリブ海地区の最終予選にさえ進めていない。もっとも、2002年準決勝予選ではメキシコとトリニダードドバコ、2006年3次予選では、コスタリカとホンジュラス、2010年3次予選ではメキシコとホンジュラス、2014年3次予選ではホンジュラスとパナマと同組となるなど組み合わせに恵まれないと言う側面も否定できない。

ただ、ゴールドカップでの相性は良く、2002年大会では3位と躍進。2007年、デイル・ミッチェル監督が就任後はチーム状態が上向き同年の大会で3位、2009年大会でもコスタリカを抑えグループリーグを首位通過しベスト8(ホンジュラスに0-1で惜敗し準々決勝で敗退)と好成績を残している。

近年は、イングランド代表として活躍したオーウェン・ハーグリーヴスに代表されるように良質な選手を生み出しているものの、カナダ出身であっても、二重国籍などにより他国の代表を選ぶケースが多いなど人材の流出が著しく、カナダ代表の強化になってないという現状がある。

成績[編集]

FIFAワールドカップ[編集]

FIFAコンフェデレーションズカップ[編集]

※出場した回のみ表記

  • 2001 - グループリーグ敗退

CONCACAFゴールドカップ[編集]

  • 1993 - グループリーグ敗退
  • 1996 - グループリーグ敗退
  • 1998 - 予選終了後棄権
  • 2000 - 優勝
  • 2002 - 3位
  • 2003 - グループリーグ敗退
  • 2005 - グループリーグ敗退
  • 2007 - 3位
  • 2009 - ベスト8
  • 2011 - グループリーグ敗退
  • 2013 - グループリーグ敗退


注:1989年までの大会名は「CONCACAF選手権」

歴代監督[編集]

歴代代表選手[編集]

カナダ出身ながら他国の代表を選択した選手[編集]