カリブ海サッカー連合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カリブ海サッカー連合(カリブかい・サッカー・れんごう Caribbean Football Union=CFU)は北中米カリブ海サッカー連盟傘下の地域連盟で、カリブ海、および南アメリカに位置するも南米サッカー連盟に加盟していない3カ国・地域を含めた31の国・地域(うち6カ国・地域は国際サッカー連盟不参加)が加盟している。

歴史・概要[編集]

1978年創設。

加盟国・地域[編集]

1:北アメリカゾーン内の国だが、カリブ海サッカー連合加盟国
2:南アメリカの国だが、CONCACAF会員。
3:北中米カリブ海サッカー連盟の正会員だが、FIFAには未加盟。
4:北中米カリブ海サッカー連盟の準会員だが、FIFAには未加盟。

主催大会[編集]

ナショナルチーム[編集]

連合創設当初の1978年-1988年に「CFUチャンピオンシップ」と題した国際大会があった。現在はCONCACAFゴールドカップの予選大会を兼ねた「カリビアンカップ」が1989年から開催されており、この大会の上位入賞国・地域にゴールドカップ出場権が与えられる。

クラブチーム[編集]

1997年からCFUクラブチャンピオンシップという大会が創設され、この大会で上位に入ったクラブにはCONCACAFチャンピオンズリーグ出場権が与えられている(当初は優勝クラブのみであったが、2008年以後、決勝戦出場クラブと3位決定戦勝利クラブがこの大会に進出できるようになった)。