サッカークロアチア代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サッカークロアチア代表
国または地域 クロアチアの旗 クロアチア
協会 クロアチアサッカー連盟
愛称 Vatreni
監督 ニコ・コヴァチ
最多出場選手 ダリヨ・スルナ(110試合)
最多得点選手 ダヴォール・シューケル(45得点)
ホームカラー
アウェイカラー
初の国際試合 1990年10月17日アメリカ合衆国
2-1
最大差勝利試合 1998年6月6日オーストリア
7-0
最大差敗戦試合 1994年4月20日スロバキア
1-4
FIFAワールドカップ
出場回数 3回(初出場は1998
最高成績 3位 (1998)
UEFA欧州選手権
出場回数 3回
最高成績 ベスト8 (1996, 2008)

サッカークロアチア代表クロアチア語: Hrvatska nogometna reprezentacija)はクロアチアサッカー連盟(HNS)によって編成されるサッカーのナショナルチームである。愛称はヴァトレニ(炎の意)。ユニフォームはクロアチアの国章に使用されている紅白の市松模様を基調とする。

歴史[編集]

前史[編集]

クロアチアはナチス・ドイツ支援の下、1939年から1945年にかけてクロアチア独立国としてユーゴスラビア王国を解体し独立した政権を樹立していた。1940年4月2日にザグレブでスイスと対戦し、4-0で勝利したという記録が残っている。クロアチアはこの後、ドイツイタリアハンガリールーマニア独立スロバキアなどヨーロッパの枢軸国若しくはその傀儡国家と親善試合を行っており、1944年までその数は19を数える。またユーゴスラビア成立後の1956年にクロアチア選抜が結成された記録が残っている。

クロアチア代表の成立[編集]

クロアチアは1991年にユーゴスラビア連邦から離脱する以前は、ユーゴスラビア連邦の一共和国であり、ナショナルチームはユーゴスラビア代表に属していた。

ただし、ユーゴスラビア代表は1980年代中頃からチームとして崩壊に向かっており、クロアチア出身の選手に対して、ユーゴスラビア代表に加わらないよう政治的圧力がかけられる事がしばしばあった。

こうした状況の中で、1990年のワールドカップ直後にクロアチア代表が編成され、ザグレブにアメリカ代表を招いて、クロアチア代表初となる国際試合が開かれた。この時点でクロアチアは独立していなかったが、連邦からの離脱はほぼ規定路線であった。翌年6月にクロアチアはスロベニアと共にユーゴスラビアから独立するが、ワールドカップ終了後に始まったユーロ92予選には、クロアチア、スロベニア出身の選手は参加していなかった。

クロアチア代表の活躍[編集]

クロアチア代表の歴史の中で特筆すべきは、1998年のフランス大会での活躍である。欧州予選ではグループ最終戦の開始時点で自力でのプレーオフ進出すら不可能な状況に追い込まれたが、アウェイでスロベニアに勝利する。同時進行のアテネでのギリシャ対デンマークはギリシャが勝利すれば予選を突破し、デンマークがプレーオフに回るという試合だったが、0-0で終了したためデンマークが予選突破を決め、クロアチアがプレーオフへと駒を進めた。そこでもウクライナを2試合合計3-1で破り、ワールドカップ初出場を決めた。

本大会ではグループリーグでアルゼンチン以外の3ヶ国の日本ジャマイカ、そしてクロアチアがワールドカップ初出場と言う特異なグループに入るが、アルゼンチンには敗れたものの、ジャマイカ、日本を破り2位でグループリーグを通過、決勝トーナメントに進出した。

決勝トーナメントでは一回戦でルーマニア、準々決勝でドイツを撃破した。特にドイツに3-0で勝利したことは大きな驚きを世界にもたらした。準決勝でこの大会の優勝国となるフランスと対戦。1-2で逆転負けしたものの、3位決定戦ではオランダを2-1で破って3位入りを果たした。この大会で6点を挙げたクロアチアのダヴォール・シューケルは得点王に輝いた。

日韓W杯以降はチームの高齢化などによってしばらく停滞していた時期もあったが、近年はルカ・モドリッチニコ・クラニチャールエドゥアルド・ダ・シルバら若手選手が台頭してきたこともあり、EURO2008予選ではホームとアウェーでイングランドに2連勝し、本戦ではドイツに勝ち、決勝トーナメント進出を果たした。その後のFIFAランキングは急上昇し、最高で5位まで上がっている。

2010年FIFAワールドカップ予選は、主力選手の怪我やイングランド、ウクライナ等の強豪国と同グループになったことから予選3位で終わり、初の予選敗退を喫した。3大会連続出場となったEURO2012ではグループリーグ敗退だった。2014FIFAワールドカップ予選ではグループ2位でプレーオフに進出し、アイスランドに1勝1分けで2大会ぶりの本大会出場を決めた。

FIFAワールドカップの成績[編集]

開催国 / 年 成績
アメリカ合衆国の旗 1994 不参加
フランスの旗 1998 3位 7 5 0 2 11 5
日本の旗韓国の旗 2002 グループリーグ敗退 3 1 0 2 2 3
ドイツの旗 2006 グループリーグ敗退 3 0 2 1 2 3
南アフリカ共和国の旗 2010 予選敗退
ブラジルの旗 2014
合計 出場3回 13 6 2 5 15 11

UEFA欧州選手権の成績[編集]

開催国 / 年 成績
イングランドの旗 1996 ベスト8 4 2 0 2 5 5
ベルギーの旗オランダの旗 2000 予選敗退
ポルトガルの旗 2004 グループリーグ敗退 3 0 2 1 4 6
オーストリアの旗スイスの旗 2008 ベスト8 4 3 1 0 5 2
ポーランドの旗ウクライナの旗 2012 グループリーグ敗退 3 1 1 1 4 3
合計 出場4回 14 6 4 4 18 16

歴代監督[編集]

選手[編集]

GK[編集]

DF[編集]

MF[編集]

FW[編集]

キャップ[編集]

2013年11月30日現在

  水色は現役代表選手
名前 キャップ数 期間
1 ダリヨ・スルナ 110 2002-
2 スティペ・プレティコサ 109 1999-
3 ヨシプ・シムニッチ 105 2001-
4 ダリオ・シミッチ 100 1996-2008
5 イヴィツァ・オリッチ 89 2002-
6 ロベルト・コヴァチ 84 1999-2008
7 ニコ・コヴァチ 83 1999-2008
8 ロベルト・ヤルニ 81 1990-2002
ニコ・クラニチャール 81 2004-
10 ルカ・モドリッチ 72 2006-

得点[編集]

2013年11月30日現在

  水色は現役代表選手
名前 得点数 期間
1 ダヴォール・シューケル 45 1990-2002
2 エドゥアルド・ダ・シルヴァ 29 2004-
3 ダリオ・スルナ 21 2002-
4 イヴィツァ・オリッチ 16 2002-
ニコ・クラニチャール 16 2004-
6 ゴラン・ヴラオヴィッチ 15 1992-2002
7 ニコ・コヴァチ 14 1996-2008
8 ムラデン・ペトリッチ 13 2001-
マリオ・マンジュキッチ 13 2004-
10 ズボニミール・ボバン 12 1990-1999
イヴァン・クラスニッチ 12 2004-


脚注[編集]

ちなみにフランス代表はこの大会においてわずか2失点(これはワールドカップ記録)しかしておらず、そのうちの1点がクロアチアから失点したものである。

また、その1分後にフランスが同点ゴールを挙げるが、この大会でフランスが相手にリードを許した時間帯はこの1分間だけである。

外部リンク[編集]