サッカーキプロス代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サッカーキプロス代表
国または地域 キプロスの旗 キプロス
協会 キプロスサッカー協会
愛称 -
監督 パンボス・クリストドゥル
最多出場選手 ヨアンニス・オッカス(106試合)
最多得点選手 ミハリス・コンスタンティノー(32得点)
ホームカラー
アウェイカラー
初の国際試合 1960年11月13日イスラエル
1-1
最大差勝利試合 2000年11月15日アンドラ
5-0
最大差敗戦試合 1969年5月21日西ドイツ
0-12
FIFAワールドカップ
出場回数 0回
最高成績 -
UEFA欧州選手権
出場回数 0回
最高成績 -

サッカーキプロス代表は、キプロスサッカー協会(CFA)によって編成されるキプロスサッカーのナショナルチームである。

FIFAワールドカップ及びUEFA欧州選手権本大会への出場はない。

歴史[編集]

1960年にイスラエルと初の国際試合を行い1-1で引き分けた。1963年にギリシャとの親善試合で3-1で勝利し、国際試合初の勝利を挙げた。

UEFA欧州選手権1984予選イタリアと1-1で引き分け、1989年にはW杯予選フランスと1-1で引き分けるなどホームではたびたび結果を残したが、長らくW杯や欧州予選でのアウェー勝利はなかった。1992年にW杯予選フェロー諸島を2-0で破り、初のアウェーでの勝利を記録した。

UEFA EURO 2000予選ではホームでの初戦でスペインに3-2で勝利する大金星を挙げ、グループ最終戦で勝てばプレーオフ進出という場面に持ち込んだが、アウェーでオーストリアに敗れ敗退した。

2010年9月3日、UEFA EURO 2012予選のアウェーでの初戦・ポルトガル戦で、打ち合いの末試合終了間際に追いつき4-4で引き分ける番狂わせを演じた。直後に発表されたFIFAランキングで前月から一気に20ランクアップし過去最高の43位を記録したが、近年は100位以下に低迷している。

FIFAワールドカップの成績[編集]

UEFA欧州選手権の成績[編集]

歴代代表選手[編集]

外部リンク[編集]