サッカー東ドイツ代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サッカー東ドイツ代表
国または地域 東ドイツの旗 東ドイツ
協会 東ドイツサッカー協会
最多出場選手 ヨアヒム・シュトライヒ(98試合)
最多得点選手 ヨアヒム・シュトライヒ(53得点)
ホームカラー
アウェイカラー
初の国際試合 1952年9月21日ポーランド
0-3
最大差勝利試合 1964年1月12日セイロン
12-1
最大差敗戦試合
0-3(12回)、1-4(3回)
FIFAワールドカップ
出場回数 1回(初出場は1974
最高成績 2次リーグ敗退(1974
UEFA欧州選手権
出場回数 0回

サッカー東ドイツ代表ないしはサッカードイツ民主共和国代表Fußballnationalmannschaft der DDR)は東ドイツサッカー協会により編成されたサッカーのナショナルチームである。ドイツ民主共和国(東ドイツ)の消滅により現在は編成されていない。チームカラーは青のシャツに白のパンツ。

1990年ドイツ再統一に際して、東ドイツが西ドイツに対して吸収されたことから西ドイツ代表の記録がドイツ代表に継続されているのに対して、東ドイツ代表の記録は、これと別個に記述される事が一般的である。

概要[編集]

最大得点差での勝利は、1964年1月12日セイロン(当時)のコロンボで行われたセイロン代表とのフレンドリーマッチで、12-1で勝利している。

一方最大得点差での敗北は、東ドイツのファーストゲームとなった1952年ポーランド戦を初めとして、1964年のガーナ戦、1969年のイタリア戦、1973年のベルギー戦、74年のスコットランド戦、1978年のオランダ戦、1979年のハンガリー戦、1985年のウルグアイ戦、1986年のブラジル戦、1989年のソビエト戦、オーストリア戦、1990年のフランス戦で0-3で敗北。(12回)又、57年のウェールズ戦、チェコスロバキア戦、85年のデンマーク戦では1-4で敗北した。(3回)

東ドイツ最初のゲームは1952年9月21日ポーランドワルシャワで行われたポーランド代表との試合で、既出の通り0-3で敗北している。

東ドイツ最後の試合は1990年9月12日ベルギーブリュッセルで行われたベルギー代表との試合であった。この時点で既に10月3日のドイツ再統一まで1ヶ月を切っていた。この試合は東ドイツにとって283回目の国際試合であった。ベルリンの壁崩壊の原因にもなった東ドイツの旅行規制は既に撤廃されていたため、アウェー戦ながらこの試合には多くの東ドイツサポーターが駆けつけた。

歴史[編集]

東ドイツはワールドカップ、欧州選手権といったメジャータイトルでは耳目を集めるような大きな成果を残したとは言い難い。一方の西ドイツはこれらの大会でしばしばタイトルを獲得しているのでこの差異は一層顕著である。しかしオリンピックではしばしば大きな活躍を果たした。

ワールドカップ[編集]

1974年ワールドカップ西ドイツ大会での二次リーグ進出がワールドカップでの東ドイツ唯一にして最高の成績である。

この大会では西ドイツと最初で最後の対戦が実施された[1]。この試合は一次リーグ最終戦、会場はハンブルクフォルクスパーク・シュタディオンであった。事前に両国の間ではワールドカップでベルリンオリンピアシュタディオンを開催地に入れるかどうかで大きな論争になっていた。このため組合せ抽選会場では、この両国が同じ組に入ることが決まった瞬間、大きなどよめきが起こったといわれる。またこの抽選の結果、東ドイツが開催に反対していたベルリンでも対チリ戦が実施される事になった。東西ドイツの対戦については下馬評では圧倒的に西ドイツ有利と思われていたが、東ドイツが1-0で勝つという大番狂わせを演じた。この勝利で東ドイツは一次リーグを1位で突破し、二次リーグに進出した。

オリンピック[編集]

ワールドカップや欧州選手権では振るわなかった東ドイツもオリンピックではしばしば大きな成果を残す事ができた。これは東側諸国のステート・アマの制度がオリンピックのアマチュア憲章に合致していたためで、他の東側諸国の例に東ドイツも漏れない。

1964年東京オリンピックでは西ドイツとの連合チームとして銅メダルを獲得した。2大会後のミュンヘンオリンピックでは東ドイツ単独でソビエト連邦と銅メダルを分け合った。1976年モントリオールオリンピックでは決勝でポーランドを3-1で破り金メダルを獲得した。1980年モスクワオリンピックでも決勝戦まで進出したが、チェコスロバキアに0-1で敗れて銀メダルに終わった。

ワールドカップの成績[編集]

  • 1974 - 2次リーグ敗退
  • 1978 - 予選敗退
  • 1982 - 予選敗退
  • 1986 - 予選敗退
  • 1990 - 予選敗退


欧州選手権の成績[編集]

  • 1960 - 予選敗退
  • 1964 - 予選敗退
  • 1968 - 予選敗退
  • 1972 - 予選敗退
  • 1976 - 予選敗退
  • 1980 - 予選敗退
  • 1984 - 予選敗退
  • 1988 - 予選敗退


オリンピックの記録[編集]

歴代監督[編集]

名前 期間 試合数
東ドイツの旗 ヴィリ・ウールガルト 1952-1953 03
東ドイツの旗 ハンス・ジーゲルト 1954 03
ハンガリーの旗 ジャルマティ・ヤーノシュ 1955-1957 10
東ドイツの旗 フリッツ・ゲディッケ 1958-1959 15
東ドイツの旗 ハインツ・クリューゲル 1959-1960 03
ハンガリーの旗 ショーシュ・カーロイ 1961-1967 43
東ドイツの旗 ハラルト・ジーゲル 1967-1969 12
東ドイツの旗 ゲオルク・ブシュナー 1970-1981 113 (105)
東ドイツの旗 ルドルフ・クラウゼ 1982-1983 20
東ドイツの旗 ベルント・スタンゲ 1983-1988 51
東ドイツの旗 マンフレート・ツァプ 1988-1989 06
東ドイツの旗 エドゥアルト・ゲーイェル 1989-1990 12

選手[編集]

キャップ[編集]

下記は、東ドイツ代表の歴代出場試合数のリストである。ここではドイツサッカー連盟(DFB)の公式サイトに記載された数字を記述するが、この記録には国際サッカー連盟(FIFA)の公式記録からは除外されているオリンピックでの10試合が含まれている。なお、FIFAによる記録は括弧内に記述されている。

名前 キャップ数 期間
1 ヨアヒム・シュトライヒ 102 (98) 1969-1984
2 ハンス=ユルゲン・デルナー 100 (96) 1969-1985
3 ユルゲン・クロイ 94 (86) 1967-1981
4 コンラート・ヴァイゼ 86 (78) 1970-1981
5 エベラルト・フォーゲル 74 (69) 1962-1976
6 ベルント・ブランシュ 72 (64) 1967-1976 
7 ペーター・デュッケ 68 (63) 1960-1975
8 マルティン・ホフマン 66 (62) 1973-1981
8 ローター・クルビュヴァイト 66 (59) 1970-1981
10 ロナルト・クレエル 65 (65) 1982-1989

得点[編集]

下記は、東ドイツ代表の歴代得点記録のリストである。ここではドイツサッカー連盟(DFB)の公式サイトに記載された数字を記述するが、この記録には国際サッカー連盟(FIFA)の公式記録からは除外されているオリンピックでの10試合が含まれている。なお、FIFAによる記録は括弧内に記述されている。

名前 得点数
1 ヨアヒム・シュトライヒ 55 (53)
2 ハンス=ユルゲン・クライシェ 25 (22)
2 エベラルト・フォーゲル 25 (24)
4 ライナー・エルンスト 20 (20)
5 ヘニンク・フレンツェル 19 (19)
6 マルティン・ホフマン 16 (15)
7 ユルゲン・ネルドナー 16 (16)
8 アンドレアス・トーム 16 (16)
9 ペーター・デュッケ 15 (15)
10 ユルゲン・シュパールヴァッサー 15 (14)

東ドイツ代表とドイツ代表の双方でプレーした選手一覧[編集]

1990年のドイツ再統一以降に、東ドイツ代表と統一ドイツ代表の双方でプレーをした選手を記述する。ここではドイツサッカー連盟(DFB)の公式サイトに記載された数字を記述する。

選手名 東ドイツ 統一ドイツ 合計
試合 得点 試合 得点 試合 得点
ウルフ・キルシュテン 49 14 51 20 100 34
マティアス・ザマー 23 6 51 8 74 14
アンドレアス・トーム 51 16 10 2 61 18
トーマス・ドル 29 7 18 1 47 8
ダリウシュ・ヴォッシュ 7 0 17 1 24 1
オラフ・マーシャル 4 0 13 3 17 3
ハイコ・ショルツ 7 0 1 0 8 0
ディルク・シュスター 4 0 3 0 7 0

脚注[編集]

  1. ^ 1992年欧州選手権予選で東ドイツと西ドイツが同組に入ったものの、組み合わせ決定直後にドイツ再統一が行われたため結局再度対戦することはなかった。

外部リンク[編集]