UEFA欧州選手権1968

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
UEFA欧州選手権1968
大会概要
開催国 イタリアの旗 イタリア
日程 1968年6月5日 - 6月10日
チーム数 (UEFA連盟)
開催地数 (3都市)
大会結果
優勝 イタリアの旗 イタリア (1回目)
準優勝 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア
3位 イングランドの旗 イングランド
4位 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
大会統計
試合数 5試合
ゴール数 7点
(1試合平均 1.4点)
得点王 ユーゴスラビアの旗 ドラガン・ジャイッチ(2点)
 < 19641972

UEFA欧州選手権1968欧州サッカー連盟の主催で1968年に開催された欧州選手権である。今大会から従来の「ネイションズカップ」から「欧州選手権(UEFA European Championship)へと改称された。前回まで参加を辞退していた西ドイツスコットランドを含めた31の国と地域が参加して行われ、文字通りヨーロッパの覇者を決めるに相応しい大会となった。

予選を勝ち抜いた4か国が参加してイタリアで決勝大会が行われ、地元のイタリアが初のヨーロッパ王者となった。

予選ラウンド[編集]

UEFA欧州選手権1968決勝大会進出国

予選は、1966年から1968年の間に行われた。31か国を8つグループに振り分けたグループリーグがホームアンドアウェー方式で行われた。勝利には勝ち点2、引分けには勝ち点1、敗北には勝ち点0が与えられた。グループリーグの1位通過国だけが、準々決勝へ予選通過する事ができた。準々決勝も同じくホームアンドアウェーの2回戦制で行われ、勝ち残った4か国が決勝大会へ進出する事が出来る。

グループリーグ[編集]

準々決勝[編集]

国♯1 合計 国♯2 第1戦 第2戦
イングランドイングランドの旗 3-1 スペインの旗スペイン 1-0 2-1
ブルガリアFlag of Bulgaria (1946-1948).svg 3-4 イタリアの旗 イタリア 3-2 0-2
フランスフランスの旗 2-6 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア 1-1 1-5
ハンガリーハンガリーの旗 2-3 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 2-0 0-3

決勝大会[編集]

準決勝 決勝
           
6月5日 ナポリ (サン・パオロ)    
 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 0
 イタリアの旗 イタリア (抽選) 0  
  6月8日 ローマ (オリンピコ) (再試合 6月10日)
 イタリアの旗 イタリア 2 (1)
   ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア 0 (1)
 
3位決定戦
6月5日 フィレンツェ (コムナーレ) 6月8日 - ローマ (オリンピコ)
 イングランドの旗 イングランド 0  イングランドの旗 イングランド 2
 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア 1    ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 0

準決勝[編集]

1968年6月5日 18:00

ソビエト連邦 ソビエト連邦の旗 0 - 0
延長戦[1]
イタリアの旗 イタリア スタディオ・サン・パオロナポリ
入場者数: 68,582人

1968年6月5日 21:15

ユーゴスラビア Flag of SFR Yugoslavia.svg 1 - 0 イングランドの旗 イングランド スタディオ・コムナーレフィレンツェ
入場者数: 21,834人
ジャイッチ 87分にゴール 87分

3位決定戦[編集]

1968年6月8日 16:45

イングランド イングランドの旗 2 - 0 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 スタディオ・オリンピコローマ
入場者数: 68,817人
B・チャールトン 39分にゴール 39分
ハースト 63分にゴール 63分

決勝[編集]

1968年6月8日 21:15

イタリア イタリアの旗 1 - 1
延長戦[2]
Flag of SFR Yugoslavia.svg ユーゴスラビア スタディオ・オリンピコローマ
入場者数: 85,000人
ドメンギーニ 80分にゴール 80分 ジャイッチ 39分にゴール 39分

再試合[編集]

1968年6月10日 21:15

イタリア イタリアの旗 2 - 0 Flag of SFR Yugoslavia.svg ユーゴスラビア スタディオ・オリンピコローマ
入場者数: 55,000人
リーヴァ 12分にゴール 12分
アナスターシ 31分にゴール 31分

最終結果[編集]

 UEFA欧州選手権1968優勝国 

イタリア
初優勝

脚注[編集]

  1. ^ 延長戦終了時点で0-0の同点の為、抽選によりイタリアが決勝進出。
  2. ^ 延長戦終了時点で1-1の同点の為、2日後に再試合。

関連項目[編集]