UEFA EURO 2008

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
UEFA欧州選手権 > UEFA EURO 2008
UEFA EURO 2008
大会概要
開催国 オーストリアの旗 オーストリア
スイスの旗 スイス
日程 2008年6月7日 - 6月29日
チーム数 16 (UEFA連盟)
開催地数 (8都市)
大会結果
優勝 スペインの旗 スペイン (2回目)
準優勝 ドイツの旗 ドイツ
3位 ロシアの旗 ロシア
トルコの旗 トルコ
大会統計
試合数 31試合
ゴール数 77点
(1試合平均 2.48点)
総入場者数 1,140,902人
(1試合平均 36,803人)
得点王 スペインの旗 ダビド・ビジャ(4点)
最優秀選手 スペインの旗 シャビ
 < 20042012

UEFA EURO 2008: UEFA Euro 2008)は、2008年6月7日から6月29日にかけて、スイスオーストリアで開催された第13回目のUEFA欧州選手権である。スペイン1964年大会以来、44年ぶり2回目の優勝を果たした。

開催国選定の経緯[編集]

開催国には他にギリシャトルコの共催、スコットランドアイルランドの共催、ハンガリークロアチアボスニア・ヘルツェゴビナの共催、ロシアが立候補した。UEFA欧州選手権での2か国共同開催は、ベルギーとオランダが共同開催したEURO2000に続いて2度目となる。

予選大会[編集]

2006年8月16日から2007年11月21日にかけて開催。UEFAに加盟する50の国と地域が、7グループに分かれてH&Aの総当たりリーグ戦を行い、各グループの首位と2位の計14か国が本大会に出場した。

多くの強豪国が苦戦しつつも順当に勝ち抜く中、グループEでイングランドクロアチアロシアの後塵を拝する3位に終わり、本大会出場を逃す波乱が起きた。

出場国[編集]

出場16か国

予選順位
出場国・地域 出場決定日 出場回数
開催国 オーストリアの旗 オーストリア 2002年12月12日[1] 初出場
スイスの旗 スイス 2002年12月12日[1] 2大会連続3回目
A組 1位 ポーランドの旗 ポーランド 2007年11月17日 初出場
2位 ポルトガルの旗 ポルトガル 2007年11月21日 4大会連続5回目
B組 1位 イタリアの旗 イタリア 2007年11月17日 4大会連続7回目
2位 フランスの旗 フランス 2007年11月17日 5大会連続7回目
C組 1位 ギリシャの旗 ギリシャ 2007年10月17日 2大会連続3回目
2位 トルコの旗 トルコ 2007年11月21日 2大会ぶり3回目
D組 1位 チェコの旗 チェコ 2007年10月17日 4大会連続7回目
2位 ドイツの旗 ドイツ 2007年10月13日 10大会連続10回目
E組 1位 クロアチアの旗 クロアチア 2007年11月17日 2大会連続3回目
2位 ロシアの旗 ロシア 2007年11月21日 2大会連続9回目
F組 1位 スペインの旗 スペイン 2007年11月17日 4大会連続8回目
2位 スウェーデンの旗 スウェーデン 2007年11月21日 3大会連続4回目
G組 1位 ルーマニアの旗 ルーマニア 2007年10月17日 2大会ぶり4回目
2位 オランダの旗 オランダ 2007年11月17日 6大会連続8回目

本大会[編集]

概要[編集]

スペインの優勝[編集]

サポーターと共に優勝を祝うスペイン代表チーム

本大会は、スペインが前身の欧州ネイションズカップ時代以来となる、11大会ぶり2回目の優勝を果たした。

過去のFIFAワールドカップやユーロで、期待されながらの早期敗退を繰り返してきたスペインだったが、本大会では大会前の国際試合で16戦連続無敗を記録するなど、好調を維持して開幕を迎えた。そして蓋を開けると、本大会限りでの勇退が決まっていたルイス・アラゴネス監督の下、「クアトロ・フゴーネス(4人の創造者)」と名づけられたシャビアンドレス・イニエスタダビド・シルバセスク・ファブレガスという4人のゲームメーカーを中心として展開される華麗なパスサッカーは、予想以上に大会を席巻した。グループリーグを3連勝で突破すると、準々決勝では永年公式戦で煮え湯を飲まされ続けてきたイタリアPK戦で勝利し、準決勝ではグループリーグの雪辱を期して挑んできたロシアを返り討ちにし、決勝戦へ進出。決勝では、調子が上がらないながらもしぶとく勝ち上がってきたドイツを終始圧倒し、スコア以上の完勝で44年ぶりの栄冠を手にした。タレント揃いの攻撃陣に加え、相手のスペースをことごとく潰し続けたマルコス・セナ、闘志溢れるプレーでチームを引っ張ったカルレス・プジョル、神がかりなスーパーセーブを連発し、イタリア戦ではPK戦勝利の立役者となったキャプテンイケル・カシージャスなど守備陣の奮闘もあり、「大舞台で勝負弱い」というこれまでのスペインのイメージを完全に払拭した、圧倒的な優勝劇だった。

ミラクル・トルコとヒディンク・ロシア[編集]

スペインと並んで大会を盛り上げたのが、ともに下馬評は低かったトルコロシアの躍進である。

予選や親善試合でも良い成績を残せず、完全なアウトサイダーとして大会に乗り込んだトルコは、グループリーグ初戦のポルトガル戦で完敗を喫し、決勝トーナメント進出は絶望的かと思われた。ところが、スイスと対戦した2戦目、トルコは先制点を許しながらも、後半ロスタイムに決勝点を決める逆転勝ちを収め、開催国に引導を渡す。更に3戦目のチェコ戦では、残り15分の時点で2点差をつけられるという厳しい状況から、75分、87分、89分に立て続けに3ゴールを奪い逆転勝ちし、奇跡的にグループリーグを突破した。

トルコの奇跡が頂点に達したのは、準々決勝のクロアチア戦である。0対0のまま延長戦に突入したこの試合は、残り1分となった延長後半14分に、クロアチアが決定的な先制点を挙げる。ところが、このゴール直後のロスタイム、トルコはセミフ・シェンテュルクが起死回生の同点ゴールを挙げ、土壇場で追いつく。そしてこの後のPK戦を制し、トルコは大会史上初のベスト4に進出したのである。準決勝のドイツ戦でも、残り4分で同点に追いつく粘りを見せたものの、これまでのお株を奪われるロスタイムでの決勝点により敗退。しかし、勝利の全てをロスタイムの逆転勝ちで挙げた「ミラクル・トルコ」は、世界中を驚かせた。

一方、過去にオランダ韓国をワールドカップ4位、オーストラリアを同ベスト16に導いた名将フース・ヒディンクに率いられたロシアは、監督の知名度からダークホースに挙げられることはあったが、エースのアンドレイ・アルシャヴィンが予選最終戦の退場により開幕から2試合に出られないことから、やはり下馬評は低かった。実際、初戦のスペイン戦で何も出来ずに完敗した際は、誰もがヒディンクの神通力もここまでだと考えた。

しかし、2戦目のギリシャ戦を何とかものにすると、アルシャヴィンが復帰した3戦目でロシアは圧倒的な強さを見せる。有力国の一角だったスウェーデンに完勝して決勝トーナメント進出を決めると、準々決勝ではグループリーグでイタリアフランスに圧勝していた優勝候補オランダを、アルシャヴィンの大活躍により3-1で粉砕。ベスト4入りを成し遂げた。準決勝ではスペインに再度完敗したが、ヒディンクは名将の誉れをさらに高め、ローカルスターだったアルシャヴィンはこの大会で世界的選手の仲間入りを果たした。

この他、イタリア、フランスに圧勝し序盤戦の話題を独占したオランダ、若いビリッチ監督に率いられ躍動的なサッカーを見せたクロアチアも、ベスト8ながらポジティブな印象を残したチームであった。

ワールドカップ上位国の不振[編集]

この大会には、2006年のFIFAワールドカップ・ドイツ大会でベスト4に入った4か国(イタリアフランスドイツポルトガル)が全て参加したが、下馬評に反し苦戦を強いられるチームが多かった。

特にフランスはオランダ戦で4点を献上するなどベテラン選手中心の守備陣が崩壊。攻撃もフランク・リベリー以外にアクセントをつけられる人材が見当たらず(そのリベリーが負傷退場したイタリア戦は攻撃が機能不全に陥った)、グループリーグ最下位に沈み早々に大会を去った。ジネディーヌ・ジダン引退後の世代交代は上手くいかず、監督のレイモン・ドメネクの采配にも非難が集中した。

イタリアもやはりオランダ戦で自慢の守備陣が崩壊し0対3と惨敗。ディフェンスラインを入れ替えた2戦目以降、守備は建て直しを見せたものの、攻撃はエースのルカ・トニが絶不調なのが響き、セットプレーでしか得点ができなかった。フランス同様世界王者となった後の世代交代の遅れが指摘されることとなったが、そんな中若手のジョルジョ・キエッリーニが優勝したスペインの攻撃陣と互角以上に渡り合ったのは光明となった。

そして同時に、ワールドカップ優勝国・イタリア、準優勝国・フランス、優勝候補・オランダが同居する死の組に配合されたことを考えても、オランダの快進撃の割を食ったイタリアとフランスは、大げさに言えば戦術や育成の再考をいっそう促す結果になったと言える。イタリアとフランスの不振についてはサッカーにおけるイタリアとフランスのライバル対決#UEFA EURO 2008も参照。

ポルトガルはエースのクリスティアーノ・ロナウドが、マンチェスター・ユナイテッドで見せるような活躍は出来なかった(ポルトガルはマンUよりFWの人材が決定的に不足しており、彼らにマークを分散できなかった)。司令塔のデコの活躍もありグループリーグは突破するものの、準々決勝でドイツに完敗。大会中にルイス・フェリペ・スコラーリ監督がチェルシーの新監督に就任するという報道があり、それが選手の心理に影響したという推測もあった。

開催国の早期敗退[編集]

欧州中堅国同士の共催となった本大会では、当初から開催国が結果を残せるのかが危惧されていた。特に、FIFAランキングでは100位台に低迷し、この大会がユーロ初出場となるオーストリアの下馬評は極端に低かった。

結果として、開催国の成績は予想以上に悪いものとなった。2006年のワールドカップでベスト16の成績を残し、下馬評も悪くなかったスイスは、開幕戦のチェコ戦、続くトルコ戦に連敗。最後に、既に突破を決めてメンバーを落としていたポルトガルに勝利して面目を保ったものの、全出場国中グループリーグ敗退一番乗りとなってしまった。オーストリアも、得失点差でグループリーグ最下位を免れるのが精一杯で、1勝も出来ずグループリーグ敗退。開催国のグループリーグ敗退は2000年のベルギー以来だが、このときは共催相手のオランダがベスト4まで残っており、決勝トーナメントに開催国が1つも残らないのは初めてのことだった。

一方、開催国としての面では両国とも特にトラブルもなく、良好な運営がなされた。また、両国と国境を重ねるドイツ、多くの移民が国内にいるスペインやトルコが活躍したこともあり、大会自体の盛り上がりは保たれることになった。

代償金(負傷の保険金)の支払い[編集]

2008年1月15日、UEFA及びFIFAG-14(ヨーロッパビッグクラブ連合体)間での交渉の結果、和解し、UEFA及びFIFAが代償金を支払う代わりに、G-14の解散と当時係争中だった全ての訴えの取り下げで合意した。G-14は解散し、UEFA加盟53の国や地域から103のクラブが、ECA(European Club Association 欧州クラブ協会)を設立した。

合意事項に基づき、UEFAは今大会から代償金を支払うことになり、総額3200万ポンド(約43億4000万円)、大会に参加した選手1人につき大会期間中1日当たり3000ポンド(約40万円)を様々なクラブに支払った[2]。なお、これらの代償金は大会で負傷した選手のクラブのみに支払うのではなく、大会に参加した全選手の所属クラブに一律に支払う。また、代償金はUEFA及びFIFAの大会の予選ではなく、本大会のみがその対象である。

親善大使[編集]

会場一覧[編集]

開幕戦はスイスのバーゼル、決勝戦はオーストリアのウィーンで開催された。

ウィーン クラーゲンフルト ザルツブルク インスブルック
エルンスト・ハッペル・シュターディオン
収容人数: 53,295人
ヴェルターゼー・シュターディオン
収容人数: 31,957人
EMシュターディオン・ヴァルス・ジーツェンハイム
収容人数: 31,020人
ティヴォリ・シュターディオン
収容人数: 31,600人
EHStadion040606w.jpg Hypo Group Arena - Westansicht.JPG Em stadion salzburg.jpg Umbau Tivoli Neu.JPG
Euro2008 venues en.svg
バーゼル ベルン ジュネーヴ チューリヒ
ザンクト・ヤコブ・パルク
収容人数: 42,000人
スタッド・ドゥ・スイス・バンクドルフ
収容人数: 31,907人
スタッド・ドゥ・ジュネーヴ
収容人数: 31,228人
レッツィグルンド・シュタディオン
収容人数: 30,000人
St. Jakob-Park 2004-01-09.jpg Stadedesuisse-2.jpg CH-AL Geneva 2003-06-11.jpg Letzigrund 2007ii.jpg

結果[編集]

組み合わせ抽選[編集]

本大会の抽選会は、2007年12月2日にスイスのルツェルンにて行なわれた。 抽選方法は、以下の通り。

開催国であるスイスはA1、オーストリアはB1に当てられることがすでに決まっており、ホスト国の2か国と前回大会優勝のギリシャは「ポット1」。 残りのシード国は、2006年のワールドカップ予選と2006年-08年のUEFA欧州選手権予選の成績を基準に決める。そのほかの出場国は、ランキングポイントに基づいて格付け後、抽選(ポット1、ポット4、ポット3、ポット2の順)によって4グループに振り分ける。

最終的な振り分けは、以下の通り。

ポット1 ポット2 ポット3 ポット4
スイスの旗 スイス(開催国)
オーストリアの旗 オーストリア(開催国)
ギリシャの旗 ギリシャ(前回大会優勝)
オランダの旗 オランダ
クロアチアの旗 クロアチア
イタリアの旗 イタリア
チェコの旗 チェコ
スウェーデンの旗 スウェーデン
ポルトガルの旗 ポルトガル
ドイツの旗 ドイツ
スペインの旗 スペイン
ルーマニアの旗 ルーマニア
ポーランドの旗 ポーランド
フランスの旗 フランス
トルコの旗 トルコ
ロシアの旗 ロシア

グループリーグ[編集]

チェコ対ポルトガル戦の
入場セレモニー
  • 開始時刻はすべて現地時間

グループ A[編集]


チーム







1 ポルトガルの旗 ポルトガル 6 3 2 0 1 5 3 +2
2 トルコの旗 トルコ 6 3 2 0 1 5 5 0
3 チェコの旗 チェコ 3 3 1 0 2 4 6 -2
4 スイスの旗 スイス 3 3 1 0 2 3 3 0

2008年6月7日
18:00
スイス スイスの旗 0 - 1 チェコの旗 チェコ ザンクト・ヤコブ・パルクバーゼル
観客数: 39,730人
主審: イタリアの旗 ロベルト・ロセッティ
レポート スヴェルコシュ 71分にゴール 71分

2008年6月7日
20:45
ポルトガル ポルトガルの旗 2 - 0 トルコの旗 トルコ スタッド・ドゥ・ジュネーヴジュネーヴ
観客数: 29,106人
主審: ドイツの旗 ヘルベルト・ファンデル
ペペ 61分にゴール 61分
メイレレス 90+3分にゴール 90+3分
レポート

2008年6月11日
18:00
チェコ チェコの旗 1 - 3 ポルトガルの旗 ポルトガル スタッド・ドゥ・ジュネーヴジュネーヴ
観客数: 29,016人
主審: ギリシャの旗 キロス・ヴァサラス
シオンコ 17分にゴール 17分 レポート デコ 8分にゴール 8分
C.ロナウド 64分にゴール 64分
クアレスマ 90+1分にゴール 90+1分

2008年6月11日
20:45
スイス スイスの旗 1 - 2 トルコの旗 トルコ ザンクト・ヤコブ・パルクバーゼル
観客数: 39,730人
主審: スロバキアの旗 ルボス・ミシェル
ヤキン 32分にゴール 32分 レポート セミフ 56分にゴール 56分
トゥラン 90+1分にゴール 90+1分

2008年6月15日
20:45
スイス スイスの旗 2 - 0 ポルトガルの旗 ポルトガル ザンクト・ヤコブ・パルクバーゼル
観客数: 39,730人
主審: オーストリアの旗 コンラート・プラウツ
ヤキン 71分にゴール 71分83分 (PK) レポート

2008年6月15日
20:45
トルコ トルコの旗 3 - 2 チェコの旗 チェコ スタッド・ドゥ・ジュネーヴジュネーヴ
観客数: 29,016人
主審: スウェーデンの旗 ペーテル・フレイドフェルト
アルダ 75分にゴール 75分
ニハト 87分にゴール 87分89分
レポート コレル 34分にゴール 34分
プラシル 62分にゴール 62分

グループ B[編集]


チーム







1 クロアチアの旗 クロアチア 9 3 3 0 0 4 1 +3
2 ドイツの旗 ドイツ 6 3 2 0 1 4 2 +2
3 オーストリアの旗 オーストリア 1 3 0 1 2 1 3 -2
4 ポーランドの旗 ポーランド 1 3 0 1 2 1 4 -3

2008年6月8日
18:00
オーストリア オーストリアの旗 0 - 1 クロアチアの旗 クロアチア エルンスト・ハッペル・シュターディオンウィーン
観客数: 51,428人
主審: オランダの旗 ピーテル・フィンク
レポート モドリッチ 4分にゴール 4分 (PK)

2008年6月8日
20:45
ドイツ ドイツの旗 2 - 0 ポーランドの旗 ポーランド ヴェルターゼー・シュターディオンクラーゲンフルト
観客数: 30,461人
主審: ノルウェーの旗 トム・ヘニンク・エブレベ
ポドルスキ 20分にゴール 20分72分 レポート

2008年6月12日
18:00
クロアチア クロアチアの旗 2 - 1 ドイツの旗 ドイツ ヴェルターゼー・シュターディオンクラーゲンフルト
観客数: 30,461人
主審: ベルギーの旗 フランク・デ・ブレーケル
スルナ 24分にゴール 24分
オリッチ 63分にゴール 63分
レポート ポドルスキ 79分にゴール 79分

2008年6月12日
20:45
オーストリア オーストリアの旗 1 - 1 ポーランドの旗 ポーランド エルンスト・ハッペル・シュターディオンウィーン
観客数: 51,428人
主審: イングランドの旗 ハワード・ウェブ
ヴァスティッチ 90+3分にゴール 90+3分 (PK) レポート ゲレイロ 30分にゴール 30分

2008年6月16日
20:45
ポーランド ポーランドの旗 0 - 1 クロアチアの旗 クロアチア ヴェルターゼー・シュターディオンクラーゲンフルト
観客数: 30,461人
主審: ギリシャの旗 キロス・ヴァサラス
レポート クラスニッチ 53分にゴール 53分

2008年6月16日
20:45
オーストリア オーストリアの旗 0 - 1 ドイツの旗 ドイツ エルンスト・ハッペル・シュターディオンウィーン
観客数: 51,428人
主審: スペインの旗 マヌエル・メフト・ゴンサレス
レポート バラック 49分にゴール 49分

グループ C[編集]

オランダ対イタリア戦

チーム







1 オランダの旗 オランダ 9 3 3 0 0 9 1 +8
2 イタリアの旗 イタリア 4 3 1 1 1 3 4 -1
3 ルーマニアの旗 ルーマニア 2 3 0 2 1 1 3 -2
4 フランスの旗 フランス 1 3 0 1 2 1 6 -5

2008年6月9日
18:00
ルーマニア ルーマニアの旗 0 - 0 フランスの旗 フランス レッツィグルンド・シュタディオンチューリヒ
観客数: 30,585人
主審: スペインの旗 マヌエル・メフト・ゴンサレス
レポート

2008年6月9日
20:45
オランダ オランダの旗 3 - 0 イタリアの旗 イタリア スタッド・ドゥ・スイス・バンクドルフベルン
観客数: 30,777人
主審: スウェーデンの旗 ペーテル・フレイドフェルト
ファン・ニステルローイ 26分にゴール 26分
スナイデル 31分にゴール 31分
ファン・ブロンクホルスト 79分にゴール 79分
レポート

2008年6月13日
18:00
イタリア イタリアの旗 1 - 1 ルーマニアの旗 ルーマニア レッツィグルンド・シュタディオンチューリヒ
観客数: 30,585人
主審: ノルウェーの旗 トム・ヘニンク・エブレベ
パヌッチ 56分にゴール 56分 レポート ムトゥ 55分にゴール 55分

2008年6月13日
20:45
オランダ オランダの旗 4 - 1 フランスの旗 フランス スタッド・ドゥ・スイス・バンクドルフベルン
観客数: 30,777人
主審: ドイツの旗 ヘルベルト・ファンデル
カイト 9分にゴール 9分
ファン・ペルシ 59分にゴール 59分
ロッベン 72分にゴール 72分
スナイデル 90+2分にゴール 90+2分
レポート アンリ 71分にゴール 71分

2008年6月17日
20:45
オランダ オランダの旗 2 - 0 ルーマニアの旗 ルーマニア スタッド・ドゥ・スイス・バンクドルフベルン
観客数: 30,777人
主審: スイスの旗 マッシモ・ブサッカ
フンテラール 54分にゴール 54分
ファン・ペルシ 87分にゴール 87分
レポート

2008年6月17日
20:45
フランス フランスの旗 0 - 2 イタリアの旗 イタリア レッツィグルンド・シュタディオンチューリヒ
観客数: 30,585人
主審: スロバキアの旗 ルボス・ミシェル
レポート ピルロ 25分にゴール 25分 (PK)
デ・ロッシ 62分にゴール 62分

グループ D[編集]

スペイン対スウェーデン戦

チーム







1 スペインの旗 スペイン 9 3 3 0 0 8 3 +5
2 ロシアの旗 ロシア 6 3 2 0 1 4 4 0
3 スウェーデンの旗 スウェーデン 3 3 1 0 2 3 4 -1
4 ギリシャの旗 ギリシャ 0 3 0 0 3 1 5 -4

2008年6月10日
18:00
スペイン スペインの旗 4 - 1 ロシアの旗 ロシア ティヴォリ・シュターディオンインスブルック
観客数: 30,772人
主審: オーストリアの旗 コンラート・プラウツ
ビジャ 20分にゴール 20分44分75分
セスク 90+2分にゴール 90+2分
レポート パヴリュチェンコ 86分にゴール 86分

2008年6月10日
20:45
ギリシャ ギリシャの旗 0 - 2 スウェーデンの旗 スウェーデン EMシュターディオン・ヴァルス・ジーツェンハイムザルツブルク
観客数: 31,063人
主審: スイスの旗 マッシモ・ブサッカ
レポート イブラヒモヴィッチ 67分にゴール 67分
ハンソン 72分にゴール 72分

2008年6月14日
18:00
スウェーデン スウェーデンの旗 1 - 2 スペインの旗 スペイン ティヴォリ・シュターディオンインスブルック
観客数: 30,772人
主審: オランダの旗 ピーテル・フィンク
イブラヒモヴィッチ 34分にゴール 34分 レポート F.トーレス 15分にゴール 15分
ビジャ 90+2分にゴール 90+2分

2008年6月14日
20:45
ギリシャ ギリシャの旗 0 - 1 ロシアの旗 ロシア EMシュターディオン・ヴァルス・ジーツェンハイムザルツブルク
観客数: 31,063人
主審: イタリアの旗 ロベルト・ロセッティ
レポート ジリャノフ 33分にゴール 33分

2008年6月18日
20:45
ギリシャ ギリシャの旗 1 - 2 スペインの旗 スペイン EMシュターディオン・ヴァルス・ジーツェンハイムザルツブルク
観客数: 30,883人
主審: イングランドの旗 ハワード・ウェブ
ハリステアス 42分にゴール 42分 レポート デ・ラ・レー 61分にゴール 61分
グイサ 88分にゴール 88分

2008年6月18日
20:45
ロシア ロシアの旗 2 - 0 スウェーデンの旗 スウェーデン ティヴォリ・シュターディオンインスブルック
観客数: 30.772人
主審: ベルギーの旗 フランク・デ・ブレーケル
パヴリュチェンコ 24分にゴール 24分
アルシャヴィン 50分にゴール 50分
レポート

決勝トーナメント[編集]

  • 開始時刻はすべて現地時間
準々決勝 準決勝 決勝
                   
6月19日 - バーゼル        
 ポルトガルの旗 ポルトガル 2
6月25日 - バーゼル
 ドイツの旗 ドイツ 3  
 ドイツの旗 ドイツ 3
6月20日 - ウィーン
   トルコの旗 トルコ 2  
 クロアチアの旗 クロアチア 1 (1)
6月29日 - ウィーン
 トルコの旗 トルコ (PK) 1 (3)  
 ドイツの旗 ドイツ 0
6月21日 - バーゼル
   スペインの旗 スペイン 1
 オランダの旗 オランダ 1
6月26日 - ウィーン
 ロシアの旗 ロシア (aet) 3  
 ロシアの旗 ロシア 0
6月22日 - ウィーン
   スペインの旗 スペイン 3  
 スペインの旗 スペイン (PK) 0 (4)
 イタリアの旗 イタリア 0 (2)  

準々決勝[編集]


2008年6月19日
20:45
ポルトガル ポルトガルの旗 2 - 3 ドイツの旗 ドイツ ザンクト・ヤコブ・パルクバーゼル
観客数: 39,374人
主審: スウェーデンの旗 ペーテル・フレイドフェルト
N.ゴメス 40分にゴール 40分
ポスティガ 87分にゴール 87分
レポート シュヴァインシュタイガー 22分にゴール 22分
クローゼ 26分にゴール 26分
バラック 61分にゴール 61分

2008年6月20日
20:45
クロアチア クロアチアの旗 1 - 1
(延長)
トルコの旗 トルコ エルンスト・ハッペル・シュターディオンウィーン
観客数: 51,428人
主審: イタリアの旗 ロベルト・ロセッティ
クラスニッチ 119分にゴール 119分 レポート セミフ 120+2分にゴール 120+2分
    PK戦  
モドリッチ ミス
スルナ 成功
ラキティッチ ミス
ペトリッチ ミス
1 - 3 成功 アルダ
成功 セミフ
成功 アルトゥントップ
 

2008年6月21日
20:45
オランダ オランダの旗 1 - 3
(延長)
ロシアの旗 ロシア ザンクト・ヤコブ・パルクバーゼル
観客数: 38,374人
主審: スロバキアの旗 ルボス・ミシェル
ファン・ニステルローイ 86分にゴール 86分 レポート パヴリュチェンコ 56分にゴール 56分
トルビンスキ 112分にゴール 112分
アルシャヴィン 116分にゴール 116分

2008年6月22日
20:45
スペイン スペインの旗 0 - 0
(延長)
イタリアの旗 イタリア エルンスト・ハッペル・シュターディオンウィーン
観客数: 48,000人
主審: ドイツの旗 ヘルベルト・ファンデル
レポート
    PK戦  
ビジャ 成功
カソルラ 成功
セナ 成功
グイサ ミス
セスク 成功
4 - 2 成功 グロッソ
ミス デ・ロッシ
成功 カモラネージ
ミス ディ・ナターレ
 

準決勝[編集]


2008年6月25日
20:45
ドイツ ドイツの旗 3 - 2 トルコの旗 トルコ ザンクト・ヤコブ・パルクバーゼル
観客数: 38,374人
主審: スイスの旗 マッシモ・ブサッカ
シュヴァインシュタイガー 26分にゴール 26分
クローゼ 79分にゴール 79分
ラーム 90分にゴール 90分
レポート ボラル 22分にゴール 22分
セミフ 86分にゴール 86分

2008年6月26日
20:45
ロシア ロシアの旗 0 - 3 スペインの旗 スペイン エルンスト・ハッペル・シュターディオンウィーン
観客数: 51,428人
主審: ベルギーの旗 フランク・デ・ブレーケル
レポート シャビ 50分にゴール 50分
グイサ 73分にゴール 73分
シルバ 82分にゴール 82分

決勝[編集]


2008年6月29日
20:45
ドイツ ドイツの旗 0 - 1 スペインの旗 スペイン エルンスト・ハッペル・シュターディオンウィーン
観客数: 51,428人
主審: イタリアの旗 ロベルト・ロセッティ
レポート F.トーレス 33分にゴール 33分

優勝国[編集]

 UEFA EURO 2008優勝国 

スペイン
11大会ぶり2回目

得点ランキング[編集]

順位 選手名 得点数
1 スペインの旗 ダビド・ビジャ 4
2 スイスの旗 ハカン・ヤキン 3
ドイツの旗 ルーカス・ポドルスキ
トルコの旗 セミフ・シェンテュルク
ロシアの旗 ロマン・パヴリュチェンコ

表彰[編集]

大会最優秀選手に選ばれたスペインのシャビ

大会最優秀選手[編集]

ゴールデンブーツ[編集]

大会優秀選手[編集]

GK DF MF FW

イタリアの旗 ジャンルイジ・ブッフォン
スペインの旗 イケル・カシージャス
オランダの旗 エトヴィン・ファン・デル・サール

ポルトガルの旗 ジョゼ・ボシングワ
ドイツの旗 フィリップ・ラーム
スペインの旗 カルロス・マルチェナ
ポルトガルの旗 ペペ
スペインの旗 カルレス・プジョル
ロシアの旗 ユーリ・ジルコフ

トルコの旗 ハミト・アルトゥントップ
ドイツの旗 ミヒャエル・バラック
スペインの旗 セスク・ファブレガス
スペインの旗 アンドレス・イニエスタ
クロアチアの旗 ルカ・モドリッチ
ドイツの旗 ルーカス・ポドルスキ
スペインの旗 マルコス・セナ
オランダの旗 ヴェスレイ・スナイデル
スペインの旗 シャビ
ロシアの旗 コンスタンティン・ジリャノフ

ロシアの旗 アンドレイ・アルシャヴィン
ロシアの旗 ロマン・パヴリュチェンコ
スペインの旗 フェルナンド・トーレス
スペインの旗 ダビド・ビジャ

脚注[編集]

  1. ^ a b 今大会の開催国決定日。
  2. ^ 国際大会で生じる金と保険の話「ダニエルG」のサッカー法律講座

外部リンク[編集]