ジョゼ・ボシングワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョゼ・ボシングワ Football pictogram.svg
José Bosingwa.jpg
名前
本名 José Bosingwa da Silva
カタカナ ジョゼ・ボシングワ・ダ・シウヴァ
ラテン文字 Jose BOSINGWA
基本情報
国籍 ポルトガルの旗 ポルトガル
コンゴ民主共和国の旗 コンゴ民主共和国
生年月日 1982年8月24日(31歳)
出身地 コンゴ民主共和国の旗 キンシャサ
身長 183cm
体重 75kg
選手情報
在籍チーム トラブゾンスポル
ポジション DF (RSB)
背番号 3
利き足 右足
代表歴2
2007-2011 ポルトガルの旗 ポルトガル 24 (0)
2. 2012年8月30日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

ジョゼ・ボシングワJosé Bosingwa, 1982年8月24日 - )は、コンゴ民主共和国キンシャサ出身のポルトガル代表サッカー選手。ポジションはディフェンダー

来歴[編集]

父親はポルトガル人、母親はコンゴ人。コンゴの首都キンシャサで生まれ、幼いころにポルトガルグアルダへ移る。

ユース時代はボアヴィスタFCでプレーし、その後移籍したSCフレアムンデでトップチームデビュー。2001-02シーズンにはボアヴィスタへ復帰し頭角を現すと、ジョゼ・モウリーニョの目に留まりFCポルトへ移籍。主にパウロ・フェレイラの控えだったが、2003-04シーズンのチャンピオンズリーグ優勝を経験した。フェレイラがチェルシーFCに移籍した2004-05シーズン以降は右サイドバックのレギュラーに定着し、ポルトの3度のリーグ優勝に貢献した。

2008年5月11日イングランドチェルシーFCへ移籍金2060万ユーロ(約1630万ポンド、約33億円)、3年契約で移籍した。チェルシーではEURO2008までポルトガル代表の監督であったルイス・フェリペ・スコラーリ監督(後にシーズン中に解任)のほかポルトガル人選手も多く、1年目からチームに溶け込み計40試合に出場した。

ポルトガル代表としては、2004年にアテネ五輪に出場。2007年6月2日にはベルギー戦でA代表デビューを果たした。ポルトガル代表には同じ右サイドバックにフェレイラやミゲル・モンテイロらがいるもののレギュラーを勝ち取り、EURO2008にも出場。質の高いプレーでポルトガルのベスト8入りに貢献し、大会選定の優秀選手に選出された。

2009-10シーズンからはブラニスラヴ・イヴァノヴィッチとレギュラー争いを演じている(監督であるカルロ・アンチェロッティは対戦相手に応じて使い分けるとしていた)。しかしシーズン途中に左膝を怪我してしまい、残りの試合と2010 FIFAワールドカップを棒に振ることとなった。2010年10月16日アストン・ヴィラ戦で復帰した。

2011-2012シーズン終了後、チェルシーを退団した。2012年8月17日、フリートランスファーでクイーンズ・パーク・レンジャーズFCに入団することが決まった。

2013年7月、トラブゾンスポルへ移籍[1]

所属クラブ[編集]

代表歴[編集]

獲得タイトル[編集]

クラブ[編集]

ポルト
チェルシー

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Jose Bosingwa leaves QPR by mutual consent”. BBC Sport (2013年7月28日). 2013年7月29日閲覧。

外部リンク[編集]


この項目は、ウィキプロジェクト サッカー選手の「テンプレート」を使用しています。