ダニー・アルヴェス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダニー Football pictogram.svg
MiguelDanny.jpg
名前
本名 ダニエル・ミゲル・アルヴェス・ゴメス
愛称 ダニー
ラテン文字 Danny
基本情報
国籍 ポルトガルの旗 ポルトガル
生年月日 1983年8月7日(30歳)
出身地 ベネズエラの旗 ベネズエラカラカス
身長 178cm
体重 70kg
選手情報
在籍チーム ロシアの旗 FCゼニト・サンクトペテルブルク
ポジション MFFW
背番号 10
利き足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2001-2001
2002-2005
2003-2004
2005-2008
2008-
ポルトガルの旗 CSマリティモ
ポルトガルの旗 スポルティング・リスボン
ポルトガルの旗 CSマリティモ (loan)
ロシアの旗 ディナモ・モスクワ
ロシアの旗 ゼニト
20 (5)
10 (0)
29 (1)
97 (16)
72 (24)
代表歴2
2003-2006
2008-
ポルトガルの旗 ポルトガルU-21
ポルトガルの旗 ポルトガル
17 (0)
23 (4)
1. 国内リーグ戦に限る。2010.5.10現在。
2. 2011.9.2現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ダニー(Danny)こと、ダニエル・ミゲル・アルヴェス・ゴメス(Daniel Miguel Alves Gomes, 1983年8月7日 - )は、ベネズエラ出身のポルトガル代表サッカー選手。ポジションはMFオフェンシブハーフ)、FW(ウイング)。

来歴[編集]

クラブ[編集]

2001年、CSマリティモでプロデビュー。1年目ながらも、20試合5得点と活躍し、翌2002-2003シーズンには強豪スポルティング・リスボンに引き抜かれるも、壁に当たり、わずか1年でマリティモ(形式はレンタル移籍)へ復帰する。復帰後はレギュラーとして活躍し、アテネオリンピックのエントリーメンバーに選出された。再度スポルティングへ復帰するが、出場機会は少ないままに終わる。2005年、ロシアFCディナモ・モスクワへ移籍。鳴り物入りでFCポルトから加入したポルトガル代表MFマニシェ、ブラジル人FWデルレイに比べネームバリューに欠け、活躍できるか疑問符が付いていたが、チームの中心的存在として活躍した。

2008年8月にディナモ・モスクワからFCゼニト・サンクトペテルブルクへ移籍した。その際の移籍金はディナモ・モスクワが2005年5月にマニシェの獲得に使った1600万ユーロを超え、ロシア・プレミアリーグ史上最高額の3000万ユーロであった。

ゼニトでのデビュー戦となった2008年8月29日のUEFAスーパーカップ・対マンチェスター・ユナイテッドFC戦では決勝ゴールを決めマン・オブ・ザ・マッチに選ばれた。9月30日、UEFAチャンピオンズリーグレアル・マドリード戦ではアンドレイ・アルシャヴィンのクロスに合わせて同点ゴールを決めた。2009年5月、練習中に膝十字靭帯を損傷し、年内絶望の大怪我を負い[1]、2009年シーズンのリーグ戦出場はわずか9試合に終わった。 2010年は完全復調を遂げ、ゼニトのリーグ、カップ戦と2冠達成に貢献し、ロシア年間最優秀サッカー選手賞を受賞した。

2012年2月6日、練習中に右膝前十字靭帯を断裂し、8か月の長期離脱を余儀なくされることになった[2]

代表[編集]

ポルトガル代表としては、UEFA U-21欧州選手権2004ではエントリーメンバーとして、チームの3位の立役者となり、同年夏に開催されたアテネオリンピックでもエントリーメンバーとして参戦した。

2008年8月20日のフェロー諸島代表戦 (5-0)でA代表デビュー。同年11月19日のブラジルとの親善試合で代表初得点を挙げる。前述の1回目の大怪我で離脱した時期もあったが、2010 FIFAワールドカップのエントリーメンバーに選出された。監督がカルロス・ケイロスからパウロ・ベントに変わってからも継続的に選出されていたが、前述の2回目の大怪我でUEFA欧州選手権2012への出場が絶望的になった。

人物[編集]

代表歴[編集]

所属クラブ[編集]

ポルトガルの旗 CSマリティモ 2003-2004 (loan

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ uefa.com (2009年5月20日). “ゼニトのMFダニーが重傷”. 2009年7月11日閲覧。
  2. ^ uefa.com (2012年2月6日). “ダニーが今季絶望、復帰は8カ月後”. 2012年2月18日閲覧。

外部リンク[編集]