ディック・アドフォカート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディック・アドフォカート Football pictogram.svg
Dick Advocaat (2007).jpg
名前
本名 ディルク・ニコラース・アドフォカート
Dirk Nicolaas Advocaat
愛称 リトル・ジェネラル
カタカナ ディック・アドフォカート
ラテン文字 Dick Advocaat
基本情報
国籍 オランダの旗 オランダ
生年月日 1947年9月27日(66歳)
出身地 ハーグ
選手情報
ポジション MF
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

ディック・アドフォカート(本名:ディルク・ニコラース・アドフォカート、Dirk Nicolaas "Dick" Advocaat, 1947年9月27日 - )は、オランダ出身の元サッカー選手、現サッカー指導者。愛称はリトル・ジェネラル(小さな将軍)。

経歴[編集]

選手時代はオランダのクラブチームを転々とし、キャリアの終盤はアメリカでプレー。1979年に引退して以降は指導者としての道を歩み、ハーレムやSVVを経て、1992年にリヌス・ミケルス率いるオランダ代表のアシスタントコーチに就任。1993年のワールドカップ予選からは監督としてチームを率い、1994年ワールドカップ・アメリカ大会では準々決勝進出に貢献した。

その後、PSVアイントホーフェングラスゴー・レンジャーズFCを指揮。2002年1月からルイス・ファン・ハールの後を受けて、オランダ代表監督に再就任。EURO2004では準決勝進出を果たしたが、2004年7月に辞任した。ボルシアMGアラブ首長国連邦(UAE)代表監督を経て、2005年9月からドイツW杯まで韓国代表を率いていた。

EURO2004グループリーグの大一番チェコ戦では、大活躍したアリエン・ロッベンをベンチに下げて逃げ切りを図ったが、守勢に回り逆転負けを喫した。地元メディアから皮肉を込めて「防衛大臣」のあだ名を贈られ、国民の批判で大会後の監督辞任に至ることになった(事実上の解任)。

韓国代表監督を経て、2006-2007シーズンからはロシア・プレミアリーグFCゼニト・サンクトペテルブルクの監督に就任。その時に、ドイツW杯で指導した韓国代表選手3名をゼニトへ加入させている。

2007-2008シーズンのUEFAカップではオリンピック・マルセイユバイエル・レバークーゼンバイエルン・ミュンヘンといった強豪を破り、弱小とみられていたゼニトを見事優勝に導いた。

2009年7月、2010年1月にベルギー代表監督に就任することが発表されたが、ゼニト監督を解任されたため、2009年10月に就任した。同年12月にはAZアルクマールの監督に就任し、二足の草鞋を履いた。

2010年4月、ベルギー代表監督を退いた。同年6月末にロシア代表監督を退任するフース・ヒディンク監督の後任として、ロシアサッカー連合(RFU)と4年契約を結んだ。

選手歴[編集]

指導歴[編集]

クラブチーム監督
ナショナルチーム監督