金南一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
金 南一 Football pictogram.svg
Kim Nam-Il IMG 2896.jpg
名前
愛称 真空掃除機(진공청소기
カタカナ キム・ナミル
ラテン文字 KIM Nam-Il
ハングル 김남일
基本情報
国籍 韓国の旗 韓国
生年月日 1977年3月14日(37歳)
出身地 韓国の旗仁川広域市
身長 182cm
体重 76kg
選手情報
在籍チーム 韓国の旗 全北現代モータース
ポジション MF
背番号 55
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2000-2004
→2003
2005-2007
2008-2009
2010-2011
2014-
韓国の旗 全南ドラゴンズ
オランダの旗 エクセルシオール(loan)
韓国の旗 水原三星BW
日本の旗 ヴィッセル神戸
ロシアの旗FCトム・トムスク
韓国の旗 全北現代モータース
92 (0)
8 (0)
42 (7)
54 (1)
41 (0)
代表歴2
1998- 韓国の旗 韓国 77 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2009年12月26日現在。
2. 2008年2月19日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

金 南一김남일キム・ナミル1977年3月14日(旧暦) - )は、韓国仁川市出身のサッカー選手。ポジションはミッドフィールダー漢陽大学校卒業。日本語式韓国人名転写法では「キム・ナムイル」と表記するのが通例だが、一般的にはリエゾンする韓国語の原語読みに倣って「キム・ナミル」とすることがほとんどである。妻はKBS(韓国放送公社)アナウンサー金寶民김보민、キム・ボミン)。

人物・来歴[編集]

2000年全南ドラゴンズに入団。2002年に自国開催されたワールドカップにおいて韓国代表の中心選手として活躍。高いディフェンス能力から「真空掃除機」の異名で注目を浴び、大会後はオランダリーグエールディヴィジエクセルシオール・ロッテルダムに5か月の期限付き移籍を果たした(月給2万5000ユーロ)。当初は同じリーグのフェイエノールトに移籍するものと思われていたが、実力を試すうえで姉妹クラブであるエクセルシオールを紹介され移籍した。

2003年3月2日のRKC戦でオランダデビューを果たし、その試合のMVPも獲得した。

5月に入り、来シーズンからフェイエノールトに完全移籍するとの噂が流れたが、フェイエノールトはこれを否定した。

フェイエノールトへの移籍が破談になり、金南一にボルシアMGオリンピアコスPAOKサロニカなどのクラブが興味を示したが、実現には至らずシーズン終了後に韓国に復帰した。

2004年アテネオリンピック男子サッカー競技に韓国代表として出場。2005年水原三星ブルーウィングスに移籍し、W杯ドイツ大会アジア予選で5試合に先発出場した。2007年12月8日に韓国KBSアナウンサー金寶民と結婚式を挙げた[1]

2008年シーズンからはJリーグ (J1)ヴィッセル神戸に所属。開幕からしばらくはフィットしなかったが、シーズン終盤は神戸の中盤を支えた。ヴィッセル神戸でのあだ名は「ヒョン」。元々は年下の若手選手に対して、韓国式の敬称として「ヒョン」(兄貴)と呼ばせるようにしていたが、それを単なる愛称と勘違いされ、目上の人物である監督やコーチにまで「ヒョン」と呼ばれるようになってしまった。2009年5月10日、J1第11節、対名古屋グランパス戦で49分に榎本達也へのバックパスが約50メートル級のオウンゴールとなる。同年は一時期スタメンから外れ、怪我で長期離脱した後に復帰した。シーズン後にロシア・リーグFCトム・トムスクへの移籍が決まった。2010 FIFAワールドカップ終了後、サウジ・プレミアリーグアル・シャバブ・リヤドに移籍するとの噂が流れたが、キムはこれを拒み、トムに残留している。2011年11月16日、トム・トムスクとの契約を解除。仁川ユナイテッドFCが獲得を目指すも、交渉がまとまらず契約には至っていない。

2014年、韓国の全北現代モータースに加入。

日本大相撲の元幕内力士である春日王克昌ソウル市出身、仁川市育ち)は富平高校の同級生で、現在も親交がある。

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
韓国 リーグ戦 リーグ杯 FA杯 期間通算
2000 全南 4 Kリーグ 20 0 30 1
2001 25 0 0 0 0 0 25 0
2002 14 0 0 0 15 0
オランダ リーグ戦 リーグ杯 KNVBカップ 期間通算
2002-03 エクセルシオール - エールディヴィジ 8 0 0 0 - 8 0
韓国 リーグ戦 リーグ杯 FA杯 期間通算
2003 全南 55 Kリーグ 23 6 0 0 0 0 23 6
2004 5 10 1 0 0 0 0 10 1
2005 水原三星 2 0 0 0 6 0
2006 21 0 0 0 26 0
2007 19 0 0 0 28 0
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2008 神戸 6 J1 31 1 1 0 1 0 33 1
2009 23 0 2 0 1 0 26 0
ロシア リーグ戦 ロシア杯 オープン杯 期間通算
2010 トム・トムスク 55 ロシア・プレミア 24 0
2011-12 15 0 2 0 17 0
通算 韓国 Kリーグ 134 7 163 8
オランダ 1部 8 0 0 0 - 8 0
日本 J1 54 1 3 0 2 0 59 1
ロシア プレミア 39 0 41 0
総通算 235 8 271 9

個人タイトル[編集]

2003年 - Kリーグ ベストイレブン

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]