尹晶煥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
尹晶煥 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ユン・ジョンファン
ラテン文字 YOON Jung Hwan
ハングル 윤정환
基本情報
国籍 韓国の旗 韓国[1]
生年月日 1973年2月16日(41歳)[1]
出身地 韓国の旗 光州市[1]
身長 173cm
体重 69kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
ユース
東亜大学校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1995-1999 韓国の旗 油公コッキリ/富川SK 68 (8)
2000-2002 日本の旗 セレッソ大阪 81 (9)
2003 韓国の旗 城南一和天馬 30 (1)
2004-2005 韓国の旗 全北現代モータース 42 (3)
2006-2007 日本の旗 サガン鳥栖 67 (3)
代表歴2
1994-2002 韓国の旗 韓国 38 (3)
監督歴
2011- 日本の旗 サガン鳥栖
1. 国内リーグ戦に限る。2008年7月26日現在。
2. 2008年7月26日現在。
テンプレート(ノート 解説)サッカー選手pj

尹 晶煥(ユン・ジョンファン、윤정환、Yoon Jung-Hwan、1973年2月16日-) は、大韓民国光州市出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはミッドフィールダー

来歴[編集]

選手時代[編集]

東亜大学校在籍時の1994年大韓民国代表として初選出。

1995年韓国・油公コッキリ(現:済州ユナイテッドFC)に入団。1年目から出場機会を得る。

2000年に日本のセレッソ大阪に入団し、Jリーグ ディビジョン1(J1)ファーストステージでの優勝争いの原動力となった。2001年JOMO CUP JリーグドリームマッチでMVPを獲得。2002 FIFAワールドカップを控えていたため、当初はこの年限りで韓国に復帰するつもりだったが、J2へ降格したC大阪を昇格させるため残留し、2002年はJ2でプレー。C大阪を1年でJ1へ復帰させた。なお、2002年W杯の韓国代表メンバーに選出されたが、出場機会はなかった[2]

2003年に韓国・城南一和天馬に入団[3]、2004年から2005年まで韓国・全北現代モータースでプレーした。

2006年、「再び日本でプレーしたい」という本人の強い希望により日本のサガン鳥栖に移籍[4]。この年は当時鳥栖のクラブ史上最高成績となる4位躍進に大きく貢献し、チームを支えた。2007年は先発出場の機会は減ったものの、スーパーサブとして活躍した。同年オフ、鳥栖との契約満了とともに現役を引退。

指導者[編集]

2008年、鳥栖のテクニカルアドバイザーに就任[1]。ユースチームやサッカースクールでの指導のほか、地域の子どもたちを対象にサッカーの普及活動に取り組んだ。また、同年にAFCのA級ライセンスを取得した[1]

2009年、鳥栖のトップチームコーチに就任[1]。クラブは当初から尹を将来の監督候補として期待しており、この年限りで監督の岸野靖之が辞任した際には、尹が監督に昇格する予定であった。しかし、尹の所持するAFCのA級ライセンスではJリーグクラブの監督就任条件を満たさなかったため[5]、クラブスタッフで監督就任に必要なJFA 公認S級コーチのライセンスを唯一所持していた、GMを務めていた松本育夫が監督に復帰し(GMは解職)、尹はヘッドコーチに就任した[5]。なお、実際の指導は尹が中心として執った。

2011年JFA 公認S級コーチライセンスを取得し、同年1月より鳥栖の監督に就任[1][6]。この年の開幕時におけるJリーグ38クラブの監督の中では最年少であった。なお、2010年はJ2リーグ戦で9位。

2011年は後半戦で16試合連続負けなしを記録するなど、J2リーグ戦で2位となり、同時にクラブ初のJ1昇格を果たした[7]

2012年4月4日、ヤマザキナビスコカップベガルタ仙台戦で副審に執拗な抗議をしたため退席を命じられ、その後4月7日リーグ第5節名古屋戦のベンチ入り禁止処分を受けた[8]。なお、2012年シーズンは年間5位の成績。2013年シーズンは下位に低迷したが、11月10日の磐田戦の勝利でJ1残留を決めた。

人物[編集]

視野が広く、優れたパス能力を持っていたが[9]、守備には消極的だったこと[10]、所属していたセレッソが2001年にJ2に降格したことから2002 FIFAワールドカップの韓国代表監督、フース・ヒディンクの信頼を得ることができなかった[11]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
  • 韓国の旗 パンリム小学校
  • 韓国の旗 プクソン中学校
  • 韓国の旗 錦湖高等学校
  • 韓国の旗 東亜大学校
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
韓国 リーグ戦 リーグ杯 FA杯 期間通算
1995 油公コッキリ Kリーグ 19 3 5 0 - 24 3
1996 富川油公 15 0 7 2 ? ?
1997 富川SK 7 2 9 1 ? ?
1998 16 1 12 3 ? ?
1999 8 11 2 7 1 ? ? 18 3
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2000 C大阪 6 J1 29 3 3 0 3 3 35 6
2001 26 4 1 0 5 6 32 10
2002 J2 26 4 - 3 0 29 4
韓国 リーグ戦 リーグ杯 FA杯 期間通算
2003 城南一和 6 Kリーグ 30 1 - 0 0 30 1
2004 全北現代 8 23 2 11 0 2 0 36 2
2005 19 1 12 1 5 0 36 2
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2006 鳥栖 8 J2 41 2 - 2 0 43 2
2007 26 1 - 0 0 26 1
通算 韓国 Kリーグ 203 20 63 8
日本 J1 55 7 4 0 8 9 67 16
日本 J2 93 5 - 5 0 98 5
総通算 351 32 67 8

タイトル[編集]

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ38試合3得点

得点数[編集]

# 年月日 開催地 対戦国 スコア 結果 試合概要
1 1998年12月4日 タイ、バンコク ベトナムの旗 ベトナム 4-0 敗戦 1998年アジア競技大会
2 1998年12月9日 アラブ首長国連邦の旗 UAE 2-1 勝利
3 2002年5月26日 大韓民国釜山広域市 スコットランドの旗 スコットランド 4-1 勝利 親善試合

指導歴[編集]

  • 2008年 - 現在 日本の旗 サガン鳥栖
    • 2008年 テクニカルアドバイザー[1]
    • 2009年 コーチ[1]
    • 2010年 ヘッドコーチ[1]
    • 2011年 - 監督[1]

監督成績[編集]

年度 所属 クラブ リーグ戦 カップ戦
順位 試合 勝点 ナビスコ杯 天皇杯
2011 J2 鳥栖 2位 38 69 19 12 7 - 2回戦敗退
2012 J1 5位 34 53 15 8 11 GL敗退 2回戦敗退
2013 12位 34 46 13 7 14 GL敗退 準決勝敗退
2014 34
J1通算 - 34 - 15 8 11
J2通算 - 38 - 19 12 7

関連項目[編集]

参照[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 尹晶煥監督 契約更新のお知らせ”. J's GOAL (2013年12月19日). 2013年12月23日閲覧。
  2. ^ 崔竜洙、尹晶煥、金秉址「明日はピッチに立ちたい」”. 中央日報 (2002年6月28日). 2012年4月6日閲覧。
  3. ^ 中央日報 latest newsJリーグの尹晶煥、Kリーグに復帰”. 中央日報 (2002年12月26日). 2012年4月6日閲覧。
  4. ^ 尹晶煥、日本2部リーグサガン鳥栖へ”. 中央日報 (2006年1月20日). 2012年4月6日閲覧。
  5. ^ a b 【鳥栖:松本育夫監督、尹晶煥ヘッドコーチ就任会見】会見での出席者コメント”. J's GOAL (2009年12月8日). 2013年12月23日閲覧。
  6. ^ 尹晶煥、サガン鳥栖の監督に”. 中央日報 (2011年1月14日). 2012年4月6日閲覧。
  7. ^ 尹晶煥監督のサガン鳥栖、“韓国式サッカー”で旋風”. 中央日報 (2012年4月4日). 2012年4月6日閲覧。
  8. ^ 尹晶煥監督ベンチ入り停止”. MSN産経ニュース (2012年4月6日). 2012年4月6日閲覧。
  9. ^ トルコ戦、「解決者」尹晶煥がリード”. 中央日報 (2002年6月28日). 2012年4月6日閲覧。
  10. ^ <変わる韓国サッカー>③「スターは要らない」実力第一主義に”. 中央日報 (2001年12月20日). 2012年4月6日閲覧。
  11. ^ ヒディンク監督「最終エントリー選抜に苦悩」”. 中央日報 (2002年2月8日). 2012年4月6日閲覧。