東アジアサッカー選手権2010

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東アジアサッカー選手権2010
大会概要
開催国 日本の旗 日本
日程 2010年2月6日 - 2月14日
(決勝大会)
チーム数 (1連盟)
大会結果
優勝  中国 (2回目)
準優勝  韓国
3位  日本
4位  香港
大会統計
得点王 中華人民共和国の旗 曲波
韓国の旗 李昇烈
韓国の旗 李東国
日本の旗 玉田圭司(2点)
最優秀選手 中華人民共和国の旗 杜威
 < 20082013
東アジア女子サッカー選手権2010
大会概要
開催国 日本の旗 日本
日程 2010年2月6日 - 2月13日
(決勝大会)
チーム数 (1連盟)
大会結果
優勝  日本 (2回目)
準優勝  中国
3位  韓国
4位  チャイニーズタイペイ
大会統計
得点王 日本の旗 岩渕真奈
中華人民共和国の旗 韓端
韓国の旗 李張微
韓国の旗 ユ・ヨンア(2点)
最優秀選手 日本の旗 澤穂希
 < 20082013

東アジアサッカー選手権2010は、2010年2月6日から2月14日にかけて、日本東京国立霞ヶ丘競技場東京スタジアムで開催された第4回目の東アジアサッカー選手権である。東アジア女子サッカー選手権2010も並行して開催された。

開催方式[編集]

男子[編集]

参加は東アジアサッカー連盟(EAFF)に加盟・準加盟しているすべての国と地域である。予選大会と準決勝大会および決勝大会が行われ、日本韓国中国の3チームは決勝大会にシードされる。

予選大会
2009年3月11日から3月15日の日程でグアム島にあるレオパレスリゾート・サッカー場で開催された。グアムマカオモンゴル北マリアナ諸島の4チームによる総当りリーグ戦を実施し、グループ1位が準決勝大会に進出する。
準決勝大会
2009年8月23日から8月27日の日程で台湾高雄ナショナルスタジアム(2009ワールドゲームズスタジアム)で開催された。チャイニーズタイペイ北朝鮮香港と予選大会を勝ち上がった1チームの合計4チームによる総当りリーグ戦を実施し、グループ1位が決勝大会に進出する。
決勝大会
日本韓国中国と準決勝大会を勝ち上がった1チームの合計4チームによる総当りリーグ戦を実施する。

女子[編集]

参加は中国北朝鮮日本韓国チャイニーズタイペイグアム香港北マリアナ諸島の8チームで準決勝大会と決勝大会を実施する。中国、北朝鮮、日本の3チームは決勝大会にシードされる。

準決勝大会
2009年8月22日から8月30日の日程で台湾台南県スタジアムで開催された。韓国、チャイニーズタイペイ、グアム、香港、北マリアナ諸島による総当りリーグ戦を実施し、上位1チームが決勝大会に進出する。
決勝大会
予選大会をシードされた中国、北朝鮮、日本と準決勝大会を勝ち上がった1チームによる総当りリーグ戦を実施する。
※なお北朝鮮が決勝大会への出場を辞退したため、準決勝大会2位のチャイニーズタイペイが繰り上げで決勝大会に出場した(後述)。

北朝鮮女子代表の出場辞退について[編集]

北朝鮮女子代表が日本での大会に参加することについて、当時拉致問題担当大臣・国家公安委員長を務めていた中井洽が入国に反対する意見を述べたため、北朝鮮側が反発[1]日本サッカー協会の働きかけもあり、その後ビザの発給は行われることになった[2]ものの、北朝鮮は最終的に出場を辞退することを決定した[1]

結果[編集]

男子[編集]

予選大会[編集]

チーム
1  グアム 3 2 1 0 5 3 +2 7
2  モンゴル 3 2 0 1 6 3 +3 6
3  マカオ 3 1 1 1 9 5 +4 4
4  北マリアナ諸島 3 0 0 3 3 12 −9 0


2009年3月11日
13:30
マカオ  6 - 1  北マリアナ諸島
レポート

2009年3月11日
16:00
グアム  1 - 0  モンゴル
レポート


2009年3月13日
13:30
マカオ  1 - 2  モンゴル
レポート

2009年3月13日
16:00
グアム  2 - 1  北マリアナ諸島
レポート


2009年3月15日
13:30
北マリアナ諸島  1 - 4  モンゴル
レポート

2009年3月15日
16:00
グアム  2 - 2  マカオ
レポート


準決勝大会[編集]

チーム
1  香港 3 2 1 0 16 0 +16 7
2  北朝鮮 3 2 1 0 11 3 +8 7
3  チャイニーズタイペイ 3 1 0 2 5 8 −3 3
4  グアム 3 0 0 3 4 25 −21 0


2009年8月23日
16:30
北朝鮮  9 - 2  グアム
レポート

2009年8月23日
19:00
チャイニーズタイペイ  0 - 4  香港
レポート


2009年8月25日
16:30
香港  0 - 0  北朝鮮
レポート

2009年8月25日
19:00
チャイニーズタイペイ  4 - 2  グアム
レポート


2009年8月27日
16:30
香港  12 - 0  グアム
レポート

2009年8月27日
19:00
チャイニーズタイペイ  1 - 2  北朝鮮
レポート


決勝大会[編集]

チーム
1  中国 3 2 1 0 5 0 +5 7
2  韓国 3 2 0 1 8 4 +4 6
3  日本 3 1 1 1 4 3 +1 4
4  香港 3 0 0 3 0 10 −10 0


2010年2月6日
19:15
日本  0 - 0  中国 東京スタジアム東京
観客数: 25,964人
レポート

2010年2月7日
19:15
韓国  5 - 0  香港 国立霞ヶ丘競技場東京
観客数: 2,728人
レポート


2010年2月10日
19:15
中国  3 - 0  韓国 東京スタジアム東京
観客数: 3,629人
レポート

2010年2月11日
19:15
日本  3 - 0  香港 国立霞ヶ丘競技場東京
観客数: 16,368人
レポート


2010年2月14日
16:30
香港  0 - 2  中国 国立霞ヶ丘競技場東京
観客数: 16,439人
レポート

2010年2月14日
19:15
日本  1 - 3  韓国 国立霞ヶ丘競技場東京
観客数: 42,951人
レポート


優勝国[編集]

 東アジアサッカー選手権2010優勝国 

中国
2大会ぶり2回目

表彰[編集]

受賞選手・チーム 備考
大会MVP 中華人民共和国の旗 杜威 優勝
得点王 中華人民共和国の旗 曲波 2得点
韓国の旗 李昇烈
韓国の旗 李東国
日本の旗 玉田圭司
最優秀GK 中華人民共和国の旗 楊智
最優秀DF 韓国の旗 趙容亨
フェアプレー賞  香港 2回目

女子[編集]

準決勝大会[編集]

チーム
1  韓国 4 4 0 0 41 0 +41 12
2  チャイニーズタイペイ 4 3 0 1 35 7 +28 9
3  香港 4 2 0 2 12 16 −4 6
4  グアム 4 1 0 3 5 21 −16 3
5  北マリアナ諸島 4 0 0 4 2 51 −49 0


2009年8月22日
16:30
グアム  5 - 1  北マリアナ諸島
レポート

2009年8月22日
19:00
チャイニーズタイペイ  8 - 1  香港
レポート


2009年8月24日
16:30
香港  10 - 0  北マリアナ諸島
レポート

2009年8月24日
19:00
グアム  0 - 9  韓国
レポート


2009年8月26日
16:30
チャイニーズタイペイ  10 - 0  グアム
レポート

2009年8月26日
19:00
韓国  19 - 0  北マリアナ諸島
レポート


2009年8月28日
16:30
チャイニーズタイペイ  17 - 0  北マリアナ諸島
レポート

2009年8月28日
19:00
韓国  7 - 0  香港
レポート


2009年8月30日
16:30
グアム  0 - 1  香港
レポート

2009年8月30日
19:00
チャイニーズタイペイ  0 - 6  韓国
レポート


決勝大会[編集]

チーム
1  日本 3 3 0 0 7 1 +6 9
2  中国 3 2 0 1 5 3 +2 6
3  韓国 3 1 0 2 6 4 +2 3
4  チャイニーズタイペイ 3 0 0 3 0 10 −10 0


2010年2月6日
15:30
日本  2 - 0  中国 東京スタジアム東京
観客数: 7,459人
宮間あや 19分にゴール 19分
近賀ゆかり 61分にゴール 61分
レポート

2010年2月7日
16:30
韓国  4 - 0  チャイニーズタイペイ 国立霞ヶ丘競技場東京
観客数: 684人
レポート


2010年2月10日
16:30
中国  2 - 1  韓国 東京スタジアム東京
観客数: 714人
レポート

2010年2月11日
15:15
日本  3 - 0  チャイニーズタイペイ 国立霞ヶ丘競技場東京
観客数: 3,774人
岩渕真奈 36分にゴール 36分59分
高瀬愛実 85分にゴール 85分
レポート


2010年2月13日
13:00
チャイニーズタイペイ  0 - 3  中国 東京スタジアム東京
観客数: 728人
レポート

2010年2月13日
15:35
日本  2 - 1  韓国 東京スタジアム東京
観客数: 3,132人
大野忍 7分にゴール 7分
山口麻美 17分にゴール 17分
レポート ユ・ヨンア 75分にゴール 75分


優勝国[編集]

 東アジア女子サッカー選手権2010優勝国 

日本
2大会連続2回目

表彰[編集]

受賞選手・チーム 備考
大会MVP 日本の旗 澤穂希 優勝
得点王 日本の旗 岩渕真奈 2得点
中華人民共和国の旗 韓端
韓国の旗 李張微
韓国の旗 ユ・ヨンア
最優秀GK 中華人民共和国の旗 張艶茹
最優秀DF 日本の旗 岩清水梓
フェアプレー賞  中国 1回目

出典[編集]

  1. ^ a b 北朝鮮が辞退し、台湾出場 サッカー東アジア選手権”. 47NEWS (2010年1月12日). 2011年10月31日閲覧。
  2. ^ 北朝鮮女子代表が東アジア選手権辞退”. 日刊スポーツ (2010年1月13日). 2011年10月31日閲覧。

外部リンク[編集]