サッカー朝鮮民主主義人民共和国代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サッカー朝鮮民主主義人民共和国代表
国または地域 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮
協会 朝鮮民主主義人民共和国サッカー協会
愛称 チョルリマ(千里馬)、赤い稲妻
監督 尹正水
ホームカラー
アウェイカラー
初の国際試合 1956年10月7日中華人民共和国
0-1
最大差勝利試合 2005年3月11日グアム
21-0
最大差敗戦試合 2010年6月21日ポルトガル
0-7
FIFAワールドカップ
出場回数 2回(初出場は1966
最高成績 ベスト8(1966)
AFCアジアカップ
出場回数 3回
最高成績 4位(1980)

サッカー朝鮮民主主義人民共和国代表は、朝鮮民主主義人民共和国サッカー協会(以下、協会)によって編成される朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)のサッカーのナショナルチームである。アジアサッカー連盟および東アジアサッカー連盟所属。

歴史[編集]

初期[編集]

1966年FIFAワールドカップ・イングランド大会の北朝鮮代表左SBリム・ジュンソンによれば、1959年1月19日に代表チームが結成され、同日、中央体育館で最初の練習が行われた[1]。自国に招いたソビエト連邦のクラブチームに勝利した1960年11月の試合はチームにとって最初の大きな成果だった[1]。ソ連のクラブチームとの対戦でも勝利を重ねるようになり、1961年9月にはモスクワスパルタク・モスクワと対戦して2-1で勝利した[1]

1963年にインドネシアで開催されたGANEFO(新興国競技大会)では決勝に進み、エジプト(アラブ連合)と対戦した。試合は延長戦を終えても1-1で決着せず、コイントスによってエジプトの優勝が決まった[2][3]。1964年のGANEFOでは決勝で北朝鮮が中国を破って優勝した[2]

1964年東京オリンピックには予選を通過して本大会出場を決めていた[2]。しかし北朝鮮はGANEFOに参加した選手のオリンピック参加資格停止を主張する国際陸上競技連盟および国際水泳連盟への反発から、すべての競技で東京オリンピックのボイコットを決めた[1]

1966年W杯ベスト8[編集]

FIFAワールドカップ1966年イングランド大会で初出場。予選のオーストラリアとの試合は中立地カンボジアで行われ、第1戦に3-1、第2戦に6-1と2勝して本大会出場を決めた[2]

本大会のグループステージでは、初戦はソビエト連邦に3-0で敗れたが、次のチリ戦には引き分け、強豪イタリアとの最終戦では前半42分の朴斗翼の得点で1-0で破り、アジア勢初勝利とグループ突破のベスト8に入る活躍を見せた。現在でもイタリア戦でのW杯史上最大級の番狂わせ(注:1950年ブラジルW杯でアマチュアのアメリカがプロのイングランドを1-0で下したのがW杯史上最大の番狂わせとされているが、北朝鮮の勝利はこれに並ぶものと各国で大々的に報道された[4])とベスト8進出は大きな伝説として世界に語り継がれている。この時のチームは、東欧の社会主義国と親善試合を行い強化され、小柄だが力強く運動量豊富でスピードがあり、技術的にも正確なチームであった[5]

準々決勝ポルトガル戦で、北朝鮮は、前半25分までに3対0とリードしながら、この大会の得点王となるポルトガルの”モザンビークの黒豹”エウゼビオの4得点などで、3対5でワールドカップレコードとなる大逆転負けを喫した。朴斗翼は「あの時私たちは、攻撃しか知らなかった。私たちが3点決めると、ポルトガルのキャプテンは全員に守らせたんです。3点取られても守った。私たちはそれを分からず、ずっと攻め続けた。すると体力が落ちたところにエウゼビオのスピードにやられてPKを与えてしまった。私たちは大きい試合の経験が決定的に不足していた。だから、自分たちのやり方、攻撃サッカーしかできなかった」[1]とポルトガル戦を振り返る。この試合で、ポルトガルの長身のジョゼ・トーレスにかき回された経験から大型選手をそろえるという強化方針を協会が決めたため、かえってベスト8の成功の要因だった豊富な運動量やスピードが北朝鮮から失われた[6]。更に、元北朝鮮代表選手・監督の尹明燦の証言によると、サッカー界と関係の強かった朝鮮労働党の幹部朴金喆が1968年に金日成総書記と対立して粛清されると、彼と親しかった多くの代表選手たちが粛清され、一部の選手は地方の炭鉱に送られるといった処分を受け、その為に世代間の引き継ぎが行われず、チーム力が低下したという[7][8][9]

低迷と復調[編集]

1993年にはハンガリー出身のチェルナイ・パールを監督に迎えたが[10]1994年アメリカ大会アジア最終予選において、韓国代表と当時Jリーグ創設などで勢いづいていた日本代表に敗れた。

それ以降に行われたAFCアジアカップ19961998年フランス大会アジア予選などの公式試合を含めて1993年から1997年まで一切の国際試合には参加せず(1998年バンコクアジア大会から復帰)、2006年ドイツ大会アジア予選の参加まで国際試合の数は以前と比べて激減した。国際試合に参加しなかった理由は一般的には国内の飢饉や自然災害、金日成主席の死去などとされてきたが、中国サッカー専門誌で元北朝鮮代表チームの関係者「日韓への敗戦に激怒した金正日総書記が対外試合の禁止を命じたからだ」と証言した[11]。最近では経済的要因がその理由とされてきている。脱北者のサッカー関係者と親しい韓国のサッカーライター金起徳によれば、競技力の低下から国際試合を禁じたというのは2次的な理由であり、実際には経済的要因が大きかったという[8]。また、協会副会長のリ・ガンホンはその理由について「国家財政危機で強化費が限られてしまったので、協会内での議論の結果、その強化費の多くをユースに回したから」と述べている[12]。結果的にユース育成は成功し、2004年から各年代のアジアユース大会で優勝や準優勝といった好成績を残すようになった。選手の実力があがったことで、海外のクラブで活躍する選手も出てきた。

2010年W杯出場、その後の状況[編集]

FIFAワールドカップ。ブラジル戦での選手入場

ユース育成や海外リーグの経験、在日朝鮮人の選手の受け入れなどの努力の結果、2010年南アフリカ大会アジア予選を突破し、44年ぶりの本大会出場を決めた。グループリーグ初戦のブラジル戦では1-2で敗れはしたが、強豪相手に善戦したとして注目度が高まった。これを受けて2戦目のポルトガル戦では朝鮮中央テレビが史上初となるW杯実況中継で放送したが、試合は0-7で惨敗し、この時点でグループリーグ敗退が決定した(この試合の後、ポルトガルの選手達は「北朝鮮代表の選手たちが罰を受けないか心配だ」と彼らの身を案じたという[13])。中継放送については「ポルトガルの4点目が入った時点で打ち切られた」とする報道がある[14]。消化試合となった最後のコートジボワール戦でも0-3で敗れ、3戦全敗(勝ち点0)、得失点差-11(得点1・失点12)という惨憺たる結果に終わった。なお、この時使われたユニフォームはイタリアのスポーツウェアメーカー・レゲアが製作した。

帰国後、チームは戦績などについて6時間にわたる審査を受け、選手は「監督批判」も求められた。その結果、金正勲(キム・ジョンフン)監督には「思想の改造のため」として建設現場における1日14時間もの強制労働刑が科せられたという報道がなされた[15]。北朝鮮サッカー協会は処罰疑惑を事実無根として否定し、国際サッカー連盟(FIFA)も調査の結果、金正勲監督の処罰は事実ではないとまとめた。またFIFAは6時間にわたる審査については北朝鮮では通常のことであり、中傷ではなかったという見解を示した[16]

AFCチャレンジカップ2010の優勝チームとして、2011年1月のAFCアジアカップ2011本選に出場するも、グループリーグで敗退。3試合で1分け2敗(勝ち点1)、無得点(失点2)という結果であった。

2014年ブラジル大会アジア予選では1・2次予選を免除され、3次予選からの参加となった。その3次予選では日本ウズベキスタンタジキスタン(当初はシリア)と同組となり、日本とのホーム戦では1-0と勝利し、存在感を見せるが2勝1分3敗(勝ち点7)の3位で敗退(2位までが予選通過)。最終予選を待たずに2大会連続本大会出場が潰えた。

成績[編集]

FIFAワールドカップ[編集]

  • 1966 - ベスト8
  • 1970 - 棄権
  • 1974 - 予選敗退
  • 1978 - 棄権
  • 1982 - 予選敗退
  • 1986 - 予選敗退
  • 1990 - 予選敗退
  • 1994 - 予選敗退
  • 1998 - 不参加
  • 2002 - 不参加
  • 2006 - 予選敗退
  • 2010 - グループリーグ敗退
  • 2014 - 予選第3ラウンド敗退

AFCアジアカップ[編集]

開催年 結果 試合 勝利 引分 敗戦 得点 失点
香港の旗 1956 不参加
韓国の旗 1960
イスラエルの旗 1964
イランの旗 1968
タイの旗 1972
イランの旗 1976 予選終了後棄権
クウェートの旗 1980 4位 6 3 0 3 10 12
シンガポールの旗 1984 不参加
カタールの旗 1988 予選敗退
日本の旗 1992 グループリーグ敗退 3 0 1 2 2 5
アラブ首長国連邦の旗 1996 不参加
レバノンの旗 2000 予選敗退
中華人民共和国の旗 2004
インドネシアの旗マレーシアの旗タイの旗ベトナムの旗 2007 不参加
カタールの旗 2011 グループリーグ敗退(注) 3 0 1 2 0 2
合計 3/15 12 3 2 7 12 19

(注)予選には参加しなかった(エントリー後辞退)ものの、AFCチャレンジカップ2010で優勝したため、本大会への出場権を得た。

東アジアカップ[編集]

AFCチャレンジカップ[編集]

歴代監督[編集]

歴代選手[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 黄慈権「ベスト8の以前・以後 ~66年の北朝鮮代表選手を追って~」『季刊 サッカー批評』、双葉社、2005 ISSUE 28、88-93頁
  2. ^ a b c d North Korea International Matches 1963-2000”. RSSSF (2010年3月25日). 2012年10月9日閲覧。
  3. ^ http://www.rsssf.com/tablesn/nkor-intres.html
  4. ^ 素朴な疑問探究会編『[サッカー]がもっとわかる本』、河出書房新社、1998年、P172~P174、P180~P182
  5. ^ 国吉好弘『サッカーマルチ大事典改訂版』2006年
  6. ^ 後藤健生「世界サッカー紀行2002」2002年
  7. ^ 吉崎英治 (2007年12月28日). “北朝鮮、本当に「謎」ですか?”. Number Web. 2012年10月9日閲覧。
  8. ^ a b 吉崎英治「Q&Aで知る北朝鮮サッカー基礎知識」『週刊サッカーマガジン』、No.1006、16-18頁。
  9. ^ 吉崎英治「北朝鮮サッカー 「イングランド遺産」の果てに 「1966」に縛られて」『週刊サッカーマガジン』、No.907、38-41頁。
  10. ^ http://www.rsssf.com/intldetails/1993as.html
  11. ^ 竹腰雅彦 (2004年12月30日). “サッカー北朝鮮代表「4・25隊」、中国関係者が報告”. YOMIURI ON-LINE. 2012年10月9日閲覧。
  12. ^ 北朝鮮「44年前の奇跡をもう一度」、スポーツ・グラフィック ナンバー742号本誌記事P.71。尚、web上では記事全文は閲覧不可。
  13. ^ コラム 北朝鮮サッカーの善戦を願うワケ(上)、朝鮮日報、2010年6月25日配信。
  14. ^ 北のポルトガル戦は4失点目で生中継を中断、試合途中で負け宣言 - サーチナ、2010年6月23日配信、6月27日閲覧。
  15. ^ サッカー北朝鮮監督、やっぱり強制労働か…建設現場で1日14時間 - サーチナ、2010年8月3日配信、9月1日閲覧。
  16. ^ FIFA、北朝鮮代表チームへの処罰疑惑を否定、ロイター、2010年8月26日配信、9月1日閲覧。
  17. ^ Northern Mariana debuts in Challenge Cup”. アジアサッカー連盟 (2012年9月14日). 2012年10月1日閲覧。
  18. ^ W杯予選、初戦の北朝鮮は監督交代で攻撃的に変身か 大住氏コラム日本経済新聞2011年9月1日

外部リンク[編集]