朴斗翼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
朴斗翼 Football pictogram.svg
名前
カタカナ パク・ドゥイク
ラテン文字 Pak Doo-Ik
朝鮮語 박두익
基本情報
国籍 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮
生年月日 1942年3月17日(72歳)
出身地 平壌
選手情報
ポジション FW
代表歴
朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮 4+(2+)
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

朴 斗翼(パク・ドゥイク、박두익1942年3月17日 - )は、朝鮮民主主義人民共和国出身のサッカー選手、サッカー指導者である。ポジションはフォワード1966年FIFAワールドカップ朝鮮民主主義人民共和国代表メンバー。

来歴・人物[編集]

1966年にイングランドで開催された1966年FIFAワールドカップの代表に選ばれ、全4試合に出場した。優勝候補の一角と目されていたグループリーグ最終戦のイタリアとの試合で決勝ゴールを決めて1-0と勝利し、決勝トーナメント進出に貢献した。この結果を受けた各国の記者は、「1950年ブラジルW杯でアマチュアのアメリカが、プロのイングランドに勝った試合に匹敵する大番狂わせだ」と大々的に報道した[1]

1976年モントリオールオリンピックでは代表監督を務めた。[2]

2008年4月28日平壌で行われた北京オリンピックの聖火リレーの第一走者も務めた。

トリビア[編集]

  • 現役時代の彼の職業は歯医者だった。

脚注[編集]

  1. ^ 素朴な疑問探究会編「[サッカー]がもっとわかる本」1998年、P180~P182
  2. ^ http://www.fifa.com/tournaments/archive/tournament=512/edition=197121/teams/team=1889791.html

外部リンク[編集]