サッカー北マリアナ諸島代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サッカー北マリアナ諸島代表
国または地域 北マリアナ諸島の旗 北マリアナ諸島
協会 北マリアナ諸島サッカー協会
愛称 Blue Ayuyus
最多出場選手 デイヴィッド・ドゥエナス(6試合)
最多得点選手 マーク・マクドナルド
ジョー・ワン・ミラー(2得点)
ホームカラー
アウェイカラー
初の国際試合 1998年7月30日グアム
1-2
最大差勝利試合 1998年7月ポンペイ
13-0
最大差敗戦試合 2009年8月26日韓国
0-19
FIFAワールドカップ
出場回数 0回
東アジアサッカー選手権
出場回数 0回

サッカー北マリアナ諸島代表は、北マリアナ諸島サッカー協会(NMIFA)によって編成される北マリアナ諸島サッカーの代表チームである。2009年10月現在、NMIFAは東アジアサッカー連盟(EAFF)加盟、アジアサッカー連盟(AFC)準加盟だが、国際サッカー連盟(FIFA)には未加盟である。そのため、ワールドカップ本大会及び予選などFIFA主催の大会には参加できない。

概要[編集]

2007年4月1日東アジアサッカー選手権2008予選大会プレーオフの対グアム戦が北マリアナ諸島代表にとっての最初の国際Aマッチとなった。但し、FIFAに未加盟の為、この試合も含め、北マリアナ諸島代表の試合は全て、正式な国際Aマッチとしては認可されない(FIFAに記録も残らない)。

2009年3月から同年12月31日まで、日本サッカー協会(JFA)によるアジア貢献事業の一環として、神戸清雄が監督を務め、その後任として2010年3月から2011年1月末までの予定で横浜FC常務取締役などを務めた関口潔が派遣され、その後2012年には宮城県石巻工業高等学校サッカー部監督などを歴任した鈴木隣が短期派遣された。

AFCチャレンジカップには2014年大会で初めて予選に参加したが[1]パレスチナに0-9、ネパールに0-6、バングラデシュに0-4の3戦全敗で予選敗退した。

成績[編集]

東アジアカップ[編集]

AFCチャレンジカップ[編集]

歴代監督[編集]

出典[編集]

  1. ^ Northern Mariana debuts in Challenge Cup”. アジアサッカー連盟 (2012年9月14日). 2012年10月1日閲覧。

外部リンク[編集]