アンブロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンブロUMBRO)は、イギリスサッカー及びラグビー用品のブランドである。

概説[編集]

1924年、イギリスのハロルド・C・ハンフリーズとウォーレス・ハンフリーズ兄弟が「ハンフリーブラザーズ・カンパニー」を設立。「アンブロ」というブランドは、社名のHumphrey (`Umphrey) Brothersからもじって命名した。後にイギリス各地のサッカークラブやイングランド代表チームのユニフォームやサッカー用品の御用達ブランドとなり、その後も世界各国でも愛用されるようになった。

2007年、世界のメジャースポーツ用品メーカーであるナイキに買収されたが、その後の世界的不況もあってナイキは経営資源の見直しを決断。2012年10月、アメリカのイコニックス・ブランド・グループに売却すると発表した[1]

日本における事業[編集]

日本では1998年デサントが日本における商標使用権を取得し、Jリーグの一部クラブにユニフォームを供給しているほか、日本フットボールリーグのスポンサーとしても定着している。

この関係は日本でも自社で事業展開するナイキの買収後も変わらなかったが、ナイキの売却時期が日本ではJリーグクラブライセンス制度の本格実施と重なったこともあり、売却に伴い契約条件の見直しが行われた模様で、一部クラブが契約打ち切りに追い込まれた。

サッカー日本代表遠藤保仁がスパイク(シューズ)を愛用している。2014 FIFAワールドカップでは、桜島をモチーフにしたデザインを使用する[2]。またフィクションでは漫画『エリアの騎士』の主人公・逢沢駆と2014年に契約している[3]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “NIKE, INC. Announces Sale of Umbro to Iconix Brand Group” (プレスリリース), NIKE, Inc., (2012年10月24日), http://nikeinc.com/news/nike-inc-announces-sale-of-umbro-to-iconix-brand-group 2012年11月7日閲覧。 
  2. ^ 遠藤 W杯仕様スパイクで試運転 モチーフは桜島, (2014-05-14), http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/05/14/kiji/K20140514008156270.html 2014年5月14日閲覧。 
  3. ^ umbro×エリアの騎士, (2014-07-14), http://www.umbro-jp.com/area_html/ 2014年7月20日閲覧。