李昌鎬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

李昌鎬(イ・チャンホ、이창호、1975年7月29日 - )は、韓国囲碁棋士全羅北道全州市出身、韓国棋院所属、曺薫鉉門下、九段。国内棋戦優勝140回、1990年代から2000年代にかけて世界棋戦優勝20回を数え、世界最強と呼ばれた。棋風は序中盤はじっくり打ち、ヨセが強く「神算」と呼ばれ、「石仏」のニックネームもある。

経歴[編集]

小学1年の時に祖父から囲碁を習い、その後田永善七段に師事。1984年9歳の時、曺薫鉉の内弟子になり、韓国棋院研究生となる。1986年11歳で入段。1989年最高位戦でタイトル初挑戦し、師の曺薫鉉に1-3で敗れる。同年KBS杯バドゥク王戦で金秀壮を2-0で破って初タイトルを獲得し、14歳の最年少タイトル獲得記録となる。続いて最高位戦で初めて師の曺薫鉉を3-0で破ってタイトル獲得。

1990年国手戦でも曺に3-0でタイトル奪取。この頃に、曺、徐奉洙劉昌赫とともに四強(四人幇)と呼ばれるようになる。テレビ囲碁アジア選手権戦で準優勝。1991年沖岩高校に入学し、それとともに師宅を離れて一人暮らしを始める。この年「囲碁クラブ」誌の企画で依田紀基と五番勝負を行い、1-3で敗れ、以後しばらく依田を苦手とした。1992年16歳の時、東洋証券杯優勝。史上最も若い囲碁世界チャンピオンになった。

農心辛ラーメン杯世界囲碁最強戦では2000年第1回から韓国チーム主将を務め、第6回まで無敗の14連勝で韓国6連覇をもたらす。2010年、元囲碁記者の李度侖と結婚。

棋士ランキングでは、2005年8-10月、06年2-10年2月まで李世乭らと交互に1位。中国囲碁リーグには2010年から乙級リーグに出場。通算成績は1676勝591敗(2014年7月27時点、第2位)

タイトル歴[編集]

国際棋戦
国内棋戦

その他の棋歴[編集]

  • テレビ囲碁アジア選手権戦 準優勝 1990、99、2000、06年
  • 春蘭杯世界囲碁選手権戦 準優勝 1998、2008年
  • LG杯世界棋王戦 準優勝 2003、10、12年
  • 世界囲碁選手権富士通杯 準優勝 2007-09年
  • 三星火災杯世界オープン戦 準優勝 2005-06年
  • 応昌期杯世界プロ囲碁選手権戦 準優勝 2008年
  • 真露杯SBS世界囲碁最強戦
    • 1991年(SBS杯世界囲碁最強戦) 1-1 (○劉小光、×林海峰
    • 1992年 1-1(○曹大元、×林海峰)
    • 1994年 1-0(○武宮正樹)
    • 1995年 4-1(○曹大元、○小松英樹、○馬暁春、○武宮正樹、×聶衛平
    • 1996年 3-1(○曹大元、○武宮正樹、○聶衛平、×馬暁春)
  • ロッテ杯中韓囲碁対抗戦
    • 1994年 2-0(○馬暁春、○汪見虹
    • 1995年 2-0(○劉小光、○馬暁春)
    • 1997年 2-0(○王磊、○馬暁春)
  • 農心辛ラーメン杯世界囲碁最強戦
    • 2000年 2-0(○趙善津、○馬暁春)
    • 2001年 1-0(○加藤正夫
    • 2002年 2-0(○常昊、○周鶴洋
    • 2003年 2-0(○胡耀宇、○羅洗河
    • 2004年 2-0(○加藤正夫、○林海峰)
    • 2005年 5-0(○羅洗河、○張栩、○王磊、○王銘琬、○王檄
    • 2006年 0-1(×依田紀基)
    • 2007年 2-0(○孔傑、○古力
    • 2008年 0-1(×常昊)
    • 2009年(出番なし)
    • 2010年 3-0(○劉星、○古力、○常昊)
    • 2011年(出番なし)
    • 2012年 0-1(×謝赫)
  • CSK杯囲碁アジア対抗戦
    • 2002年 2-0(○依田紀基、○林至涵
    • 2003年 1-2(○丁偉、×羽根直樹、×張栩
    • 2004年 3-0(○張栩、○結城聡、王磊)
    • 2005年 2-1(○林海峰、○山下敬吾、×周鶴洋)
    • 2006年 2-1(×依田紀基、○潘善琪、○常昊)
  • 江原ランド杯中韓囲碁対抗戦 2006年 0-1(×常昊)
  • 三星火災杯ペア碁最強戦 優勝 1997年(南治享とペア)
  • 鳳凰古城世界囲棋嶺鋒対決 2005年 4コウ無勝負(-常昊)
  • アジア競技大会 2010年男子団体戦 優勝
  • 珠鋼杯世界囲碁団体選手権 2013年 4位(韓国ワイルドカードチーム)
  • 韓国囲碁リーグ
    • 2004年(フィダーハウス)5-2
    • 2005年(ハンゲーム)4-3
    • 2005年(毎日乳業)12-2(最多賞)
    • 2007年(光州Kixx)9-4
    • 2008年(光州Kixx)5-8
    • 2009年(光州Kixx)7-5
    • 2010年(ネットマーブル)6-5
    • 2011(ネットマーブル)10-4
    • 2012(ロッテ損害保険)5-7
    • 2011(ネットマーブル)7-6
    • 2014(新安天日塩)
  • 中国囲棋乙級リーグ戦
    • 2010年(広州広日)
    • 2011年(広州広日)6-1
    • 2013年(安徽華億)3-4
    • 2014年(成都漢融騰格里文化伝播有限公司)3-4

記録[編集]

  • 最年少国際棋戦優勝 16歳5ヶ月
  • 世界戦グランドスラム
  • 世界戦通算最多勝利 21回
  • 連勝記録 41連勝(1991年)

著作[編集]

  • 『名局細解 李昌鎬』誠文堂新光社 2004年

参考文献[編集]

  • 孫鐘洙『李昌鎬物語』岸井紀子訳、棋苑図書、2009年

外部リンク[編集]