李昌鎬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

李昌鎬(イ・チャンホ、이창호、1975年7月29日 - )は、韓国囲碁棋士全羅北道全州市出身、韓国棋院所属、曺薫鉉門下、九段。国内棋戦優勝140回、1990年代から2000年代にかけて世界棋戦優勝20回を数え、世界最強と呼ばれた。棋風は序中盤はじっくり打ち、ヨセが強く「神算」と呼ばれ、「石仏」のニックネームもある。

年譜[編集]

農心辛ラーメン杯世界囲碁最強戦では2000年第1回から韓国チーム主将を務め、第6回まで無敗の14連勝で韓国6連覇をもたらす。2010年、元囲碁記者の李度侖と結婚。

タイトル歴[編集]

国際棋戦
国内棋戦

その他の棋歴[編集]

記録[編集]

  • 最年少国際棋戦優勝 16歳5ヶ月
  • 世界戦グランドスラム
  • 世界戦通算最多勝利 21回
  • 連勝記録 41連勝(1991年)

著作[編集]

  • 『名局細解 李昌鎬』誠文堂新光社 2004年

参考文献[編集]

  • 孫鐘洙『李昌鎬物語』岸井紀子訳、棋苑図書、2009年

外部リンク[編集]