サッカー東ティモール代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サッカー東ティモール代表
国または地域 東ティモールの旗 東ティモール
協会 東ティモールサッカー連盟
愛称 O Sol Nascente(The Rising Sun=昇る太陽)
監督 エメルソン・アルカンタラ
最多出場選手 エミリオ・ダ・シルバ(14試合)
最多得点選手 5名(3得点)
初の国際試合 2003年3月21日スリランカ
2-3
最大差勝利試合 2012年10月5日カンボジア
5-1(国際Aマッチ初勝利)
最大差敗戦試合 2004年12月12日タイ
0-8
FIFAワールドカップ
出場回数 0回
最高成績 -
AFCアジアカップ
出場回数 0回
最高成績 -
東南アジアサッカー選手権
出場回数 1回
最高成績 グループリーグ(2004)

サッカー東ティモール代表は、東ティモールサッカー連盟(FFTL)によって編成されるサッカーのナショナルチームである。

2005年9月12日付けでFIFAに加盟した。

この国が国際デビューを果たしたのは、2003年3月に行われたAFCアジアカップ2004の予選で、スリランカに2-3、チャイニーズタイペイに0-3でそれぞれ敗れている。

長らく勝てない試合が続いたが、デビューから23戦目の2012年AFFスズキカップの予選初戦・対カンボジア戦に5-1で勝ち、FIFA加盟国に対して念願の初勝利を挙げた。同予選では、ラオスに対しても3-1で勝ったが、ミャンマーブルネイにそれぞれ1-2で惜敗し、予選3位(上位2チームが本戦出場権を獲得する)で惜しくも本戦出場はならなかった。

FIFAワールドカップ[編集]

歴代記録 (FIFA加盟(2005年)以降について記載)

AFCアジアカップ[編集]

歴代記録 (東ティモールサッカー連盟(2002年)設立以降について記載)

AFCチャレンジカップ[編集]

東南アジアサッカー選手権の成績[編集]

  • 1996 - 不参加
  • 1998 - 不参加
  • 2000 - 不参加
  • 2002 - 不参加
  • 2004 - グループリーグ敗退
  • 2007 - 予選敗退
  • 2008 - 予選敗退
  • 2010 - 予選敗退
  • 2012 - 予選敗退