ディリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディリ市
Díli
ディリ市庁舎
ディリ市庁舎
位置
ディリの位置(ディリ県)の位置図
ディリの位置(ディリ県)
座標 : 南緯8度34分 東経125度34分 / 南緯8.567度 東経125.567度 / -8.567; 125.567
歴史
建設 1520年
首都制定[1] 1769年
首都制定[2] 2002年
行政
東ティモールの旗 東ティモール
 県 ディリ県
 市 ディリ市
人口
人口 (2002年現在)
  市域 約150,000人
  備考 東ティモール都市人口第1位

ディリポルトガル語: Díli)は、ティモール島北東部に位置する東ティモール首都で、国内最大の都市。ディリ県の県都。

概要[編集]

ディリ市街図

1520年ポルトガル人の植民地として建設された。

ポルトガル領時代から、ディリ市内では多くのビルがあったが、1999年に親インドネシアの民兵によりその多くが破壊された。インドネシア併合時代、ポルトガル語は禁止されていた。しかし、アヴェニダマレシャル・カルモナのようなポルトガルの通り名は変わらず、インドネシアの単語Jalan(道路の意)がその名前の前に置かれた。Motaelのローマ・カトリック教会はインドネシアの占領への抵抗のよりどころとなった。

歴史[編集]

ディリ市にある聖マリア像

ディリは1520年頃にポルトガル人によって植民された。そして、1769年にポルトガル領ティモールの首都とした。太平洋戦争の間は、日本に占領された。東ティモールは1975年11月28日にポルトガルから一方的に独立を宣言したが、12月7日に、インドネシア軍がディリに侵入した。そして、1976年7月17日にインドネシアの27番目の州として東ティモールを併合した。

しかし、ゲリラ戦はインドネシアと独立派の間で1975年から1999年まで続いた。その間、多くの死者や難民を出す悲しい時代が続いたが、1991年ディリメッセージの報道機関による報道は、東ティモール独立運動の国際的な援助を呼び起こす一助となった。1999年に、東ティモールは国連監視下に置かれ、2002年5月20日に、東ティモール民主共和国として正式に独立をしディリはその首都となった。

気候[編集]

ディリの気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
日平均気温 °C (°F) 27
(81)
26
(79)
26
(79)
26
(79)
25
(77)
24
(75)
24
(75)
24
(75)
24
(75)
26
(79)
27
(81)
27
(81)
25
(77)
降水量 mm (inch) 135
(5.31)
130
(5.12)
134
(5.28)
83
(3.27)
72
(2.83)
53
(2.09)
12
(0.47)
14
(0.55)
18
(0.71)
24
(0.94)
69
(2.72)
136
(5.35)
879
(34.61)
出典: Weatherbase[3]

教育[編集]

交通[編集]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]