クアラルンプール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クアラルンプール
Kuala Lumpur
—  連邦直轄領  —
Federal Territory of Kuala Lumpur
Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur
ولايه ڤرسكوتوان كوالا لومڤور
吉隆坡联邦直辖区
கோலாலம்பூர்


印章
愛称:KL
標語:Maju dan Makmur
座標: 北緯3度8分00秒 東経101度42分00秒 / 北緯3.13333度 東経101.70000度 / 3.13333; 101.70000
起源 1849年
自治市 1972年
連邦直轄領 1974年
行政
 - 市長 Ahmad Fuad Ismail
面積
 - 連邦直轄領 243.65km2 (95.18mi2)
標高 21.95m (72ft)
人口 (2010)
 - 連邦直轄領 1,627,172人
 - 人口密度 6,696人/km² (18,912人/mi²)
 都市圏 7,239,871人
人間開発指数
 - HDI (2003) 0.868 (high)
等時帯 MST (UTC+8)
郵便番号 50xxx - 60xxx, 68xx
電話番号 03
ナンバープレート Wxx (タクシー以外)
HWx (タクシー)
ウェブサイト 公式サイト

クアラルンプール英語Kuala Lumpur)は、マレーシア首都で、東南アジア有数の世界都市マレー半島南部の丘陵地帯にある。一般的にKLと略して称される。

概要[編集]

クアラルンプールはマレーシア語で「泥が合流する場所」という意味があり、市中心部にある代表的なモスク「ジャメ・モスク」の付近で、ゴンバック川クラン川が合流していることが基になっている。正式には連邦領クアラルンプール(Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur)と称し、中国語では吉隆坡北京語読みは「ジーロンポー、拼音: Jílóngpō」、広東語読みは「ガッルンポ―、Gat1lung4po1」)と記される。

多民族が平和的に共存するマレーシアの首都らしく、多彩な文化が混ざり合ったことがかもし出す賑やかな雰囲気が特徴である。近年は高速道路や市内鉄道モノレールなどのインフラ開発が進み、豊かな緑の中に高層ビルが立ち並ぶ東南アジア有数の近代都市となった。また、東南アジアの大都市には珍しく、市街地が清潔で治安がいいことも特徴である。

2014年、アメリカのシンクタンクが公表したビジネス人材文化政治などを対象とした総合的な世界都市ランキングにおいて、世界第53位の都市と評価された[1]東南アジアでは、シンガポールバンコクジャカルタに次ぐ第4位である。

連邦政府機能を市東南郊外の新行政都市プトラジャヤ(Putrajaya)へ移す計画が進行中。

歴史[編集]

クアラルンプールの名前の由来となったクラン川とゴンバック川の合流点

クアラルンプールは中国人の移民者によって、スズの採掘拠点として1857年に開発された。彼らはクラン川とゴンバック川の合流点に落ちつき、そこをクアラルンプール、すなわち「泥(lumpur)が合流する場所(kuala)」と呼んだ。

イギリスに支配された18731957年のうちに、スズとゴム産出の中心として発展し、1874年にイギリスの政治介入をスルタンに了承させる内容のパンコール条約を締結。1896年にはイギリスによって統合された、イギリス保護下のマレー連合州の首都となった。

第二次世界大戦中の1942年1月に、マレー一帯を支配するイギリス軍が日本軍によって制圧される「クアラルンプールの戦い」によって、クアラルンプールは日本の統治下に入ったが、1945年8月の終戦によって再びイギリス統治になった。

国家記念碑は、共産主義ゲリラとの戦いで戦死した兵士たちに捧げる為に建てられた。

1957年8月31日マラヤ連邦がイギリスから独立してクアラルンプールはその首都となり、1963年にマレーシア連邦が結成されてからも同国の首都の座を維持した。1974年スランゴール州から分離してマレーシアの直轄地域となる。その後もマレーシアは順調に成長を続けていたものの、1997年タイから始まったアジア通貨危機で大打撃を被った。これは第二次世界大戦以来、右肩上がりの成長を続けていたマレーシアが初めて体験する大きな試練だった。翌年1998年は、クアラルンプールがアジアでは初のコモンウェルスゲームズの開催都市となった。

1995年プトラジャヤの開発計画と、連邦政府の同地域への移転が閣議決定された[2]

連邦政府機能移転計画[編集]

クアラルンプールに連邦行政機関が点在し、また市内が慢性的な交通渋滞に見舞われていることから、政府は行政機能の非効率性を解決するために、マルチメディア・スーパーコリドー計画の一環としてクアラルンプール郊外のプトラジャヤITを基盤とした行政都市を建設し、連邦政府機能を移転する計画を決定した。プトラジャヤの開発は1995年に着手された。

1999年に首相オフィスと首相府の移転が行われ、2000年以降各省の移転が順次始まる。計画では国防省、連邦議会など一部を除くほとんどの連邦政府機能が2010年までに移転する予定。しかし2011年初頭も計画は継続中。

なお、連邦政府の移転が完了した後も、マレーシアの首都はクアラルンプールのまま[2]

地理[編集]

気候[編集]

典型的な熱帯雨林気候で、年間を通して降水量が多い常夏の気候である。4月前後と11月前後が特に降水量が多いが、主に夕立として降り、終日降る日は多くない。

Subang Jaya (Approximation 8 km distance from Kuala Lumpur City Centre)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
最高気温記録 °C (°F) 36
(97)
37
(99)
37
(99)
36
(97)
36
(97)
36
(97)
36
(97)
36
(97)
35
(95)
35
(95)
35
(95)
35
(95)
37
(99)
平均最高気温 °C (°F) 32.1
(89.8)
32.9
(91.2)
33.2
(91.8)
33.1
(91.6)
32.9
(91.2)
32.7
(90.9)
32.3
(90.1)
32.1
(89.8)
32.1
(89.8)
32.1
(89.8)
31.6
(88.9)
31.5
(88.7)
32.4
(90.3)
平均最低気温 °C (°F) 22.5
(72.5)
22.8
(73)
23.2
(73.8)
23.7
(74.7)
23.9
(75)
23.6
(74.5)
23.2
(73.8)
23.1
(73.6)
23.2
(73.8)
23.2
(73.8)
23.2
(73.8)
22.9
(73.2)
23.2
(73.8)
最低気温記録 °C (°F) 18
(64)
20
(68)
20
(68)
21
(70)
21
(70)
20
(68)
19
(66)
20
(68)
20
(68)
21
(70)
21
(70)
19
(66)
18
(64)
雨量 mm (inch) 169.5
(6.673)
165.4
(6.512)
240.9
(9.484)
259.2
(10.205)
204.4
(8.047)
125.3
(4.933)
127.2
(5.008)
155.7
(6.13)
192.8
(7.591)
253.1
(9.965)
287.8
(11.331)
245.7
(9.673)
2,427
(95.551)
平均降雨日数 (≥ 1.0 mm) 11 12 14 16 13 9 10 11 13 16 18 15 158
 % 湿度 79 79 78 80 82 80 79 79 80 81 82 79 80
平均月間日照時間 186.0 194.9 207.7 198.0 207.7 195.0 201.5 189.1 165.0 170.5 153.0 161.2 2,229.6
出典 1: World Meteorological Organization (normals 1971-2000),[4] Hong Kong Observatory (sun only 1961-1990)[5]
出典 2: BBC Weather (records)[6]

マルチメディア・スーパーコリドー[編集]

マハティール・ビン・モハマド前首相の指導の下でクアラルンプール南部周辺に建設された、最新のITインフラが整備された総合開発地域が、「マルチメディア・スーパーコリドー」である。その中核となるのは、「サイバージャヤ」と呼ばれるハイテク工業団地と、新行政都市「プトラジャヤ」、クアラルンプール国際空港等で、F1マレーシアGPが行われるセパンサーキットもこの地域内にある。

教育[編集]

観光[編集]

クアラルンプールのパノラマ
KLCC公園
ブキッ・ビンタン
ブルジャヤ・タイムズ・スクエア
チャイナタウン(プタリン通り)
国立モスク(マスジッド・ネガラ
ムルデカ・スクエア

KLCC地区[編集]

朝9時ころから夕方まで無料で中間にあるタワーを結ぶ歩道橋に登ることができる。登上人数に制限があるため朝8時から整理券が配られる。
各階にトイレもあり、清掃も非常に行き届いた、きれいな巨大ショッピングモール
伊勢丹、紀伊國屋、ペトロナス・ギャラリー、フード・コート等の他ブランドショップ、レストランなどが入っている。
スリアKLCCの隣にある高層ビルに囲まれた公園でツインタワーの目の前には大きな噴水がある。広大な敷地には約1900種のマレーシア原生林が植林されており、園内を1周する遊歩道は1.4kmに及ぶ。

ブキッ・ビンタン地区[編集]

若者で賑わうクアラルンプール随一の繁華街であり、ホテル、巨大ショッピングセンター、レストランなどが集中している。
目抜き通りであるブキッ・ビンタン通りには、Starhill Gallery、KL Plaza、BB Plaza、Lot 10、Sungei Wang Plaza、Pavilionなどの巨大ショッピングセンターが立ち並んでいる。インビ駅の近くには、クアラルンプールの秋葉原と呼ばれるPlaza Low Yatやテーマパーク、ホテル、ショッピングセンターを兼ね備えたベルジャヤ・タイムズ・スクエアもある。都会的な雰囲気のブキッ・ビンタン通りの北西側には、50軒以上の中華屋台が立ち並ぶアロー通りがあり、通り1本隔てるだけで雰囲気が大きく異なる。
また、片言の日本語で客引きをするマッサージ店も多数あり、足裏、全身、オイルの他、最近はドクターフィッシュを導入している店が多い。料金は1時間1500円程度。

KLセントラル駅周辺[編集]

チャイナタウンは夕方から夜にかけて海賊版DVD、偽ブランド品等が露天にて販売されている。
2階建てで、各階には土産物店が軒を連ね、2階にはフードコートがある。
英国植民地時代の1910年に建てられた、ムーア建築の面影を残す歴史的建造物で観光名所にもなっている。
現在も駅舎として利用されているが、KTMコミューターが停車するのみ。
KLIAエクスプレスの発着駅となる近代的なデザインの新駅で、クアラルンプールの交通の要所になっている。
ヒルトン・クアラルンプールホテル・メリディアンが併設されている。
マレーシアの国教であるイスラム教の総本山的建物。
1956年に建設され、高さ73mの光塔がそびえたっている。
礼拝堂にはイスラム教徒以外入れない。

ブキッ・ナナス駅周辺[編集]

1996年に完成した高さ421mの通信タワーであり、地上276mの展望台からKL市街を一望することができる。
すぐ近くのペトロナスツインタワーとともに、クアラルンプールのランドマークとなっている。
また、タワーが建っている"ブキッナナス"とは標高94mの丘を意味しており、すぐ近くのペトロナスツインタワーより実際には高く見える。
KLタワーのある高台の麓から無料リムジンが出ており、夜まで展望台に登ることが出来る。
無料で日本語で説明される機械を借りることが出来る。
入場料は大人:RM38, 子供:RM28(2010年9月現在)

ムルデカ・スクエア周辺[編集]

ムルデカ・スクエア周辺には、19世紀後半~20世紀初頭にかけて造られた歴史的・文化的な建物が集まっている。

ムルデカ・スクエアは1957年8月31日に独立が宣言された歴史的な場所であり、独立記念日の式典が毎年ここで行われている。
ムルデカはマレー語で独立を意味する。
マスジッド・ジャメは、クアラルンプールの発祥の地であるクラン川とゴンバック川の合流地点に建っており、
1909年に建てられた市内最古のモスクである。

郊外[編集]

毎春F1グランプリが開かれるサーキット。クアラルンプール国際空港の近く。
マレーシアの行政の中心。
高原にあるホテルでカジノを楽しむことができる。クアラルンプールから約1時間。
近郊の街シャー・アラムにある、青色の美しいモスク。
クアラルンプールの夜景

交通[編集]

鉄道[編集]

クアラルンプール・セントラル駅は、東南アジア最大の鉄道駅である。
市内の繁華街を通るKLモノレール

市内は市内電車(LRT)やモノレールなどで縦横に結ばれており、英語マレー語の表記があるため外国人でも気軽に利用できる。中心となる駅はクアラルンプール・セントラル駅で、KTM各路線、KLモノレールKLIAエクスプレスKLIAトランジットの発着駅となっている。明るく開放的な雰囲気で、案内板には日本語も併記されている。 KTM Commuterの2路線が交わるマスジット・ジャメ駅ペトロナスツインタワーの最寄り駅であるKLCC駅も、市内の主要駅である。

バス[編集]

市内では、バスの路線網やタクシーを使って安価な移動が可能である。バス運行会社、Rapid KL(ラピドKL)は市内電車(LRT)やモノレールなども運行している。

市外からクアラルンプールに発着する長距離バスの多くは、2010年ころまでチャイナタウンの近くにあるプドゥラヤ・バスターミナルに発着していた。

2011年初頭には、クアラルンプール郊外のBandar Tasik Selatanに新たにバスターミナルが建設され、マラッカ・ジョホールバル・シンガポール向けなどクアラルンプール以南方面発着便はこの新設されたバスターミナルを使用している。(T.B.S.バンダー・タシック・スラタン・バスターミナル<Terminal Bersepadu Selatan Bandar Tasik Selatan (TBS-BTS)>

長い間使用されていたプドゥラヤ・バスターミナルは、2010年から大改装され、2011年4月頃に再オープンした。しかし、クアラルンプール以南は上記TBS-BTSからの発着となり、新プドゥラヤは主にアロースターイポーペナンなどマレー半島の北部主要都市および、クアラルンプール近郊区間(ゲンティンハイランドスレンバンも近郊エリアに含む)、クアラルンプール国際空港(メインターミナル経由、LCCターミナル行き)方面も運行されている。

航空[編集]

クアラルンプール国際空港

市の郊外には、マレーシアの空の玄関であるクアラルンプール国際空港 (KLIA) が存在する。同空港からは日本東京成田空港)や大阪関西空港)、香港バンコクシンガポールベトナムなどへの直行便が運行されており、マレーシア航空日本航空といった航空会社に加え、エアアジアのような格安航空会社も就航している。2010年9月21日には、エアアジア羽田空港に第4滑走路がオープンするのを機に、クアラルンプール-羽田間を12月9日から週3便運航すると発表し、キャンペーンとして、エコノミーシートの一部を片道5000円で販売した。ただし、エアアジアは別ターミナルのLCCT (Low Cost Career Terminal) からの発着となるので、マレーシア航空や他のメインターミナル使用の航空会社との乗り継ぎにはある程度時間を必要とする。

空港とクアラルンプール市内を結ぶ交通手段としてはKLIAエクスプレスがあり、市内のKLセントラル駅から空港までをノンストップで28分間で結んでいる。駅構内にはマレー語英語日本語の案内看板が設置されている。旧LCCターミナルにはエアポートエクスプレスは乗り入れていなかったが、2014年5月のKLIA2(新LCCターミナル)開業に伴い、停車するようになった。その他、タクシーを利用することもできる。

また、市の南西に位置するスバン空港からは一部の国内路線が出ている。

宿泊[編集]

世界各国のホテルチェーンの高級ホテルが市内のブキッ・ビンタンやKLCC周辺に集中するほか、ゴールデントライアングルと呼ばれる地域などに点在する。なお、観光客とビジネス客誘致のために宿泊料金はアジアの主要都市の中でもかなり格安に抑えられているため、観光客の支出が少ない都市の上位にランクされる例がある。高級ホテルは全館禁煙の例も少なくなく、各国から訪れるイスラム教徒の宿泊客が多いため、朝食などに豚肉を使わない配慮がされている。

主なホテル[編集]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2014 Global Cities Index and Emerging Cities Outlook (2014年4月公表)
  2. ^ a b マレーシアの首都機能移転 国土交通省
  3. ^ Demographia: World Urban Areas & Population Projections
  4. ^ World Weather Information Service - Kuala Lumpur”. World Meteorological Organization. 2013年1月13日閲覧。
  5. ^ Climatological Information for Kuala Lumpur, Malaysia”. Hong Kong Observatory. 2013年1月13日閲覧。
  6. ^ Average Conditions: Kuala Lumpur”. BBC. 2013年1月13日閲覧。
  7. ^ “Mashad-Kuala Lumpur Become Sister cities”. FARS News Agency. (2006年10月14日). http://kuala-lumpur-news.newslib.com/story/453-3234431/ 2007年12月4日閲覧。 
  8. ^ Sisterhoods”. Isfahan Islamic Council (2005年). 2007年12月4日閲覧。
  9. ^ a b c Kuala Lumpur fact file, Asian-Pacific City Summit. Retrieved on November 3, 2007.
  10. ^ Lam, Edwin Chong Wai (2006年6月24日). “Kuala Lumpur: the Scent of a City”. Chessbase News. http://www.chessbase.com/newsdetail.asp?newsid=3201 2007年12月4日閲覧。 
  11. ^ Delhi to London, it’s a sister act The Times of India. Retrieved on August 30, 2008

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

行政
日本政府
観光