クアラ・ルンプール・タワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クアラ・ルンプール・タワー

クアラ・ルンプール・タワー (マレー語表記:Menara Kuala Lumpur、英語表記:Kuala Lumpur Tower) は、マレーシアの首都クアラルンプールにある通信。現地ではKLタワーと呼ばれることが多い。通信塔としては世界第4位の高さ (421m) で、東南アジアでは最も高い。地上276mに展望台があり、エレベーターで上ることができる。展望台から目の前に見えるペトロナスツインタワーとともに、クアラルンプールのランドマークとなっている。なお、KLタワーは標高94mの丘ブキッナナス (Bukit Nanas) の頂上に建てられているため、452mのペトロナスツインタワーより実際には高く見える。

1991年に着工し、1994年マハティール元首相が式典で最上部のアンテナを立てて、421mの塔ができあがった。内装工事も含めて1996年5月に完成し、7月23日から一般公開が開始された。

タワーの構成[編集]

下部[編集]

「タワーテラス」と呼ばれる噴水広場がある。周辺は森林保護区であるため、とても静かである。

上部[編集]

  • 1階 - 展望台

専用のイヤホンが無料で借りられ、日本語、英語など自国語でのガイドを聴きながら、展望台内を一周できる。展望台の壁には世界の通信塔が高さ順に紹介されており、東京タワーも並んでいる。なお、展望台の下は緊急時の避難場所になっている。

  • 2階 - 回転レストラン

ビュッフェ形式でのランチ、ディナーが楽しめる。

  • 3階 - メガビュー・バンケットデッキ(宴会場)
  • 4階~6階 - 放送関連施設

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯3度9分10秒 東経101度42分12秒 / 北緯3.15278度 東経101.70333度 / 3.15278; 101.70333