マレーシア航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マレーシア航空
Penerbangan Malaysia
Malaysia Airlines
IATA
MH
ICAO
MAS
コールサイン
Malaysian
設立日 1947年 (Malayan Airways として)
ハブ空港 クアラルンプール国際空港
焦点空港 コタキナバル国際空港
マイレージサービス Enrich
会員ラウンジ Golden Lounge
同盟 ワンワールド[1]
保有機材数 98機(56機発注中+30機オプション)
就航地 84都市
親会社 Penerbangan Malaysia Berhad
(Government Holding Company)
本拠地 マレーシアの旗 マレーシアセランゴール州
スルタン・アブドゥル・アジズ・シャー空港
代表者 Azmil Zahruddin (Managing Director & CEO)
外部リンク http://www.malaysiaairlines.com/

マレーシア航空(マレーシアこうくう、英語: Malaysia Airlines/Malaysian Airline System Berhad、略称:MASマレー語: Penerbangan Malaysia MYX: 3786)は、マレーシアフラッグ・キャリア

スカイトラックス社による航空会社の格付けで、実質最高評価の「ザ・ワールド・ファイブ・スター・エアラインズ(The World's 5-Star Airlines)」の認定を得ている。

沿革[編集]

マレーシア・シンガポール航空のコメットMk.IV
  • 1971年4月 マレーシア・シンガポール航空の両国共有が解消、マレーシア側はマレーシア航空(Malaysian Airline Limited)を設立。シンガポール側はシンガポール航空となる。
  • 1971年11月 マレーシア航空システム(Malaysian Airline System Berhad)と改称。
  • 1987年 運航上の名称をマレーシア航空(Malaysia Airlines)に変更。
  • 2002年 政府全額出資のマレーシア航空会社(Penerbangan Malaysia Berhad)が設立され、機材保有および国内線事業は同社に移管。マレーシア航空システムは同社の子会社として国際線事業を所管する体制に移行(但し国内線の運航も受託)。
  • 2006年 原油高により経営悪化。国内線96路線をエアアジアに委譲。
  • 2007年 ペナン島を拠点とする地域航空会社 ファイアフライ を設立。ボルネオ島サバ州サラワク州内のコミューター路線を運航する MASwings[2] を設立。
  • 2011年6月 ワンワールドから加盟指名を受け、2012年末より加盟航空会社として運行開始を発表[1]
  • 2012年5月2日 マレーシアに本拠を置く格安航空会社(LCC)大手エアアジアと、経営再建中の国営マレーシア航空は、昨年8月に実施した資本提携を解消すると正式発表した。競合関係にある「格安」による「国営」支援という異例の連携策だったが、マレーシア航空の労働組合の反発が予想以上に強く、頓挫した。上場企業同士の資本提携を政府が強引に解消するのは極めて異例。エアアジアのトニー・フェルナンデス最高経営責任者もマレーシア航空取締役を辞任した。[3]
  • 2013年2月1日 : 航空連合ワンワールド」に正式加盟。この式典には、「menber of Oneworld」塗装をまとったA330-300のお披露目(9M-MTE)も行なわれた。

サービス[編集]

マレーシア航空の客室乗務員

1992年から1995年まで連続4年間ベスト・ファーストクラス賞、2000年から2004年まで連続5年間ベスト・キャビンスタッフ賞、2005年から2010年は世界で6社(2005年は4社、2006年から)しかない「5つ星航空会社」(イギリス・スカイトラック社/旧インフライトサービス社)に選出されるように、国際的な評価は非常に高い。

機内食はすべてハラール・ミール(イスラム教食)であり、豚肉は一切使わない。アルコールは無料で提供される。ファーストクラス、ビジネスクラスで提供されるサテ(串焼きの牛肉、鶏肉にピーナツソースを添えたもの)は人気がある。また一部機材ではムスリムのための「祈りの間」が備え付けられ、またシートテレビからメッカの位置を確認する事が出来るなど、イスラム教国教とするマレーシアならではのサービスもある。

2009年3月18日より機内で一部通信業者(日本の業者ではソフトバンクモバイル)の携帯電話が利用できる。なお、利用できるサービスは通話とSMSのみである。

座席構成は、A380とB747-400がファーストクラスビジネスクラスエコノミークラスの3クラス制、その他の機材はビジネスクラスとエコノミークラスの2クラス制。A380のファーストクラスとビジネスクラスは、フルフラットベッドシートを搭載している。また、A380、B747-400、B777-200、A330-300の全座席には最新の機内エンターテイメントシステムを搭載している。

塗装[編集]

垂直尾翼にも描かれている同社のシンボルマークは、マレーシアの伝統的な三日月型の凧「ワウブラン(ワウ=凧、ブラン=月)」を図案化したものである。これは後に新塗装で導入したB737-800、A330-300、A380にも反映されている。

就航都市[編集]

  • 表記なし : 自社機材乗り入れ路線
  • * : ワンワールドパートナー加盟(または加盟予定)路線
ボーイング 747-400 型機(9M-MPH)
ボーイング777-200ER型機(9M-MRG)
ボーイング 777-200型機(9M-MRD)Freedom of Space
ボーイング737-800型機(9M-MLU)

以前は国際線の特別な路線は経由便として世界最長路線となるケープタウン経由ブエノスアイレス線を運航していたが、2012年2月1日をもって運休となった(直行便最長はシンガポール航空シンガポール-ニューアーク線)。以前はアフリカや南米などにも路線を保有していたが、経営方針の見直しによりアジア路線重視の方向に転換している[6]。アジアや欧米など国内外の約70都市に就航するなど、東南アジアで最大規模の路線網を持つ[7]

国内線ではコタキナバルサバ州)、ペナン島ペナン州)、クチンサラワク州)、ジョホールバルジョホール州)への路線を中心に、主要都市を網羅している。

マイレージサービス[編集]

現在は"Enrich"という独自のマイレージサービスを提供中。2013年2月1日ワンワールド加盟後は、ワンワールド加盟会社各社と提携を開始。この他、ワンワールド加盟以前から以下の会社とも提携している。

V オーストラリア(2012年4月1日をもって提携解消[8])、全日本空輸 [9](2012年5月31日で提携解消[10][11])とは契約を解消している。

使用機材[編集]

  • 特別塗装機
    • 「"An experience redefined"」(ボーイング 747-400型機,機体記号:9M-MPD(**))
    • 「"Freedom of space"」(ボーイング 777-200ER型機,機体記号:9M-MRD(*)2014年ウクライナで撃墜された機材)
    • 「"member of Oneworld"」 (エアバス A330-300型機,機体記号:9M-MTE・9M-MTO、ボーイング 737-800型機,機体記号:9M-MXC)
    • 「40th years MALAYSIAN HOSPITALITY 1972-2012」(ボーイング 737-800型機,機体番号:9M-MXA)
    • 「100th A380」(エアバス A380型機,機体番号:9M-MNF)
  • (*)現在は通常塗装。
  • (**)現在は機体そのものが同社から退役。

なお、マレーシア航空が発注したボーイング社製航空機の顧客番号(カスタマーコード)はH6で、航空機の形式名は747-4H6, 777-2H6ER などとなる。また、羽田 - コタキナバル線開設の際に導入されたボーイング737-800から、白ベースの胴体に赤と青で風をイメージした新塗装となっており、表記についても「malaysiaairlines」へ変更されている。

同社はエアバスA380も6機発注しており、2012年5月29日に初号機(機体番号:9M-MNA)が引き渡された[12]。この導入分からは、機体塗装が新しくなり、垂直尾翼のロゴを含めブルー系のみ使用している。初号機の受領後は各種訓練を行い、同年7月1日にクアラルンプール - ロンドン線より運航を開始[13][14]。なお、引渡し時点で胴体に同社の新ロゴのみしか表記されていなかったものの、運航開始に先立ってはプレスリリースに掲載された特別塗装が追加された。2号機以降の受領が進み次第、クアラルンプール - 北京線とクアラルンプール - 成田線への就航を予定しているが[15]、成田線の就航はクアラルンプール - ロンドン線の2往復全てをA380に振り分けられる関係で取りやめられた[16]。また2013年3月1日以降にクアラルンプール - パリ線に就航している[17]

2014年の事件[編集]

2014年に2件の事件が発生している。

  • マレーシア航空370便

3月8日、乗客乗員合わせて239人を乗せてクアラルンプール国際空港から北京首都国際空港へ向かっていたマレーシア航空370便(ボーイング777-200ER機体記号:9M-MRO)が、クアラルンプールの管制当局との交信を絶った。ベトナム人民空軍当局者は同日中に当該機がタイランド湾のトーチュー島付近の海中に墜落したと発表した[18]が、機体の残骸などが発見されなかった。3月24日、マレーシアのナジブ・ラザク首相は、イギリスの衛星通信会社インマルサットとイギリスの航空事故調査局による衛星情報の新たな解析の結果、同機がインド洋南部に墜落したと見られると発表した。

  • マレーシア航空17便

7月18日アムステルダムスキポール国際空港からクアラルンプール国際空港へ向かっていたマレーシア航空17便(ボーイング777-200ER機体記号:9M-MRD)が、ウクライナロシア国境付近のドネツク市近郊で墜落。 ロシアインタファクス通信ウクライナ内務省高官の情報として、親ロシア派の地対空ミサイル攻撃で撃墜。乗員乗客295人全員死亡と発表した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Malaysia Airlines to join oneworld alliance
  2. ^ マレーシア航空子会社、サラワク・サバ州拠点に10月1日から運航へ
  3. ^ 資本提携解消を正式発表 マレーシア航空とエアアジア - 日本経済新聞 電子版 2012年5月2日閲覧
  4. ^ マレーシア航空、クアラルンプール/コーチ線に就航 FlyTeam 2013年9月4日付
  5. ^ マレーシア航空、11月からクアラルンプール/ダーウィン線に就航
  6. ^ マレーシア航空、ブエノスアイレス線など運休8路線を発表 flyteam
  7. ^ 3月に行方不明、今度は撃墜…マレーシア航空、再建計画中の惨事 産経新聞 2014年7月19日
  8. ^ コードシェア・マイレージ提携の終了に関するご案内 - マレーシア航空日本語版サイト
  9. ^ マレーシア航空[MH]│提携航空会社│マイルを貯める ANAマイレージクラブ
  10. ^ Enrich ends partnership with All Nippon Airways - マレーシア航空公式サイト
  11. ^ マレーシア航空(MH)とのコードシェア・マイレージ提携の終了について - 全日本空輸公式サイト
  12. ^ Malaysia Airlines takes delivery of its first A380
  13. ^ Malaysia Airlines provides first glimpse of A380 in new livery
  14. ^ [1]
  15. ^ Malaysia Airlines Sets another Malaysian Record with Commencement of A380 Scheduled Service
  16. ^ マレーシア航空、A380の成田就航中止 11月からロンドン線ダブルデイリーに 2012年10月19日 10:05 JST Aviation Wire
  17. ^ Malaysia Airlines Introduces Double Daily A380 Services to London - Paris route also goes A380 effective 1 March 2013 Subang, 05 October 2012
  18. ^ “MH370 Flight Incident” (プレスリリース), Malaysia Airlines, http://www.malaysiaairlines.com/my/en/site/dark-site.html 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]