ペトロナスツインタワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ペトロナスツインタワー
ペトロナスツインタワー
施設情報
所在地 マレーシアの旗 マレーシア クアラルンプール
北緯3度9分28.26秒東経101度42分41.94秒座標: 北緯3度9分28.26秒 東経101度42分41.94秒
状態 完成
建設期間 1992年 - 1998年
用途 オフィス、商業施設
地上高
最頂部 452m
屋上 379m
最上階 88
関連企業
設計 シーザー・ペリ
施工 ハザマサムスン物産

ペトロナスツインタワーマレー語Menara Berkembar Petronas英語Petronas Twin Towers)は、1998年に完成したマレーシアクアラルンプールにある超高層ビルペトロナスタワーペトロナスタワーズとも呼ばれる。

概要[編集]

20世紀の超高層ビルとしては最も高い[1]、高さ452mの88階建てで、マレーシアの国立石油会社ペトロナスによって建築された。設計はアルゼンチンシーザー・ペリ&アソシエーツ。

この塔はイスラム様式でマレーシアのモスクに似せて作られており、特徴的な尖塔を持つ。建設当時はこの尖塔を含めた高さ(452m)でシカゴシアーズ・タワー(442m、アンテナ含:527m)を抜き[2]、超高層ビルとして世界一を誇っていたが、2003年10月17日に中華民国台湾)の台北101(509m)に世界一の座を譲り渡した。ただし、二本のビルが対になっているツインタワーとしては依然として世界一の高さを誇っている。

建築に関しては日本の建設会社ハザマがタワー1を、韓国サムスン物産建設部門がタワー2を、それぞれ建設した。なお、41階と42階の二箇所に設けられた2本のタワーを結ぶ連絡橋(スカイブリッジ)は、フランスの建築会社による施工である。

海側から吹いてくる強風による振動を防ぐために、既存の柔構造を採用しなかった点が構造的特徴となっている。軽量のコンクリートを積み上げる方式をとっており、この種の構造物としては重厚な造りになっている。

テナント[編集]

ペトロナスツインタワー
ペトロナスツインタワー

ツインタワー[編集]

主にオフィスビルとして使用されている。

マイクロソフト・マレーシア
マイクロソフトがタワー2の30階に事務所をおいている。
アルジャジーラ
中東カタールの衛星テレビ局、アルジャジーラのアジアにおける放送拠点がある。ドーハの本部を通じ、全世界へ情報発信を行っている。

スリア KLCC[編集]

このタワーの下はショッピング等の複合施設、スリア・クアラ・ルンプール・シティ・センター (Suria KLCC) となっている。ここには、日本の伊勢丹紀伊國屋書店などが入居している。

デワン・フィルハーモニー・ペトロナス (Dewan Philharmonik Petronas)
デワン・フィルハーモニー・ペトロナスはスリア・KLCC内にあるコンサートホール。マレーシア・フィルハーモニー管弦楽団の本拠地となっている。ホールには4740本のパイプを有する巨大なクライス社製のパイプオルガンが設置されている。
ガレリ・ペトロナス (Galeri Petronas)
マレーシアで開催される美術展の主要な会場の一つ。
伊勢丹
主要なテナントの一つ。
紀伊國屋
2つの階にわたっている。外部プールに面しており、カフェもある。
ペトロナス・ペトロサインス・セントラ (Petronas Petrosains Centre)
マレーシアの製油業を広報する目的があり、子供達がこのセンターを訪れることを奨励している。フライトシミュレーターや、乗り物等がある。

設備[編集]

42階には両方のタワーをつなぐスカイブリッジがあるが、部外者は利用する際にパスを得る必要がある(定員制のため、朝早くに整理券をもらわないと入れない。なお、月曜日は休館)。2001年9月11日以降はセキュリティ強化の為に一時閉鎖されていた。

なお、2011年9月15日より観覧ツアーの設備改装・増強の為2011年12月までの予定でスカイブリッジの見学は閉鎖中である。チケットカウンターとマルチメディアエキシビションが追加されるとのこと。

建物の周囲にはKLCCパークがあり、ジョギング、ウォーキングロードや、ライトアップされた噴水、子供用プール、スラウ(イスラームの礼拝所)などもある。

出来事[編集]

KLCC001.JPG
  • 1997年フランスのスパイダーマンとして知られるアラン・ロベールは、このタワーの外壁を命綱なしで、自分の手足だけを使ってよじ登った。
  • 1999年アメリカ映画『エントラップメント』の重要な舞台となった。
  • 2002年発売のコンピューターゲーム『Hitman 2: Silent Assassin』では、一部のミッションで舞台がタワー内となっている。
  • 2009年9月1日、フランス人のアラン・ロベールが、このタワーの最上部に登った。(ロイター)

アクセス[編集]

ラピドKLクラナ・ジャヤ線 (Kelana Jaya Line) のKLCC駅と地下通路で直結している。

関連項目[編集]


脚注[編集]

  1. ^ 注:自立型建築物としては553mのCNタワーが、全建築物のカテゴリーでは629mのKVLYテレビ塔が当時世界で一番高かった。
  2. ^ 注:ビルの一部である尖塔とは異なりアンテナはビルの高さを比べる際には含まれない。

外部リンク[編集]