情報技術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2005年に支出された情報技術の金額

情報技術(じょうほうぎじゅつ、: Information technologyIT)とは、情報処理特にコンピュータなどの基礎あるいは応用技術の総称。通信 (communication) を含める場合はICTと言う。

米国のITAAの定義では「コンピュータをベースとした情報システム、特にアプリケーションソフトウェアやコンピュータのハードウェアなどの研究デザイン開発インプリメンテーションサポート (Technical supportあるいはマネジメント」である[1]

日本では戦前以来の縄張りに由来して、通信事業は総務省の所管であるため、総務省はICTの語を、経済産業省はITの語を用いることが多い。

概要[編集]

Information Technology、特に「IT」という略語は、21世紀に入ってから多用されるようになった用語であり(たとえば、IEEEで「IT Society」と略されるのは、Information Theory(情報理論)の専門部会である[2])、インターネット携帯電話携帯情報端末などや、それらをインフラとした各種のサービスなどといった、情報、特にコンピュータ関連の技術をなんとなく漠然とそれっぽく指す用語として使われている。通信を含める場合はICTと言う。漠然とした用語であるが、今日では、各種情報の収集加工通信や、その保管・共有などに不可欠な存在であるなどとされる。

ITと呼ばれる技術応用は、大きく二つに分類できる。従来手動で行われていた作業をコンピュータで効率化・発展させたものと、従来なかったサービスがコンピュータの応用によってはじめて可能になったものとである。特に、ビジネス上の要請・課題をコンピュータの利用で達成することはITソリューション(あるいはICTソリューション)とも呼ばれる。

情報技術の構成要素[編集]

IT活用の具体例[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ITAA.org, p30, Accessed March 3, 2008(2009年3月4日時点のアーカイブ
  2. ^ IEEE Information Theory (IT) Society Fellows

外部リンク[編集]