Association for Computing Machinery

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

Association for Computing Machinery (ACM) は、アメリカ合衆国をベースとする計算機科学分野の国際学会1947年設立。IEEEとともに、この分野で最も影響力の強い学会である。日本語に訳して「計算機械学会」とされることもあるが、こんにちこの訳語が用いられることはほとんどなく、通常は"ACM"と呼ばれる。

SIGGRAPHSIGMODなど数多くの国際会議を開催している。また、チューリング賞ゲーデル賞を授与する組織としても知られる。

表彰事業[編集]

ACMでは特に優れた功績や研究者に対し各の授与を行っている。中でもチューリング賞計算機科学分野においてノーベル賞と同クラスの賞とも言われ非常に名誉がある。

ACMが主催する賞[編集]

チューリング賞 (A. M. Turing award) 
計算機科学分野に対する特に優れた技術的貢献に対し25万ドルの賞金と共に与えられる。
インフォシス賞 (ACM - Infosys Foundation Award in the Computing Sciences) 
若手研究者やシステム開発者のすぐれた業績に対し贈られる。受賞者にはインフォシス財団の寄付により15万ドルの賞金が贈られる。
ソフトウェアシステム賞 (Software System Award) 
優れたソフトウェアシステムの開発者・開発団体に贈られる。
グレース・ホッパー賞 (Grace Murray Hopper Award) 
35歳以下の若手研究者の単一の業績に対し贈られる。賞金は3万5千ドル。賞の名称はプログラミング言語COBOL開発者の一人グレース・ホッパーの名にちなむ。
アレン・ニューウェル賞 (ACM/AAAI Allen Newell Award) 
計算機科学分野で優れた功績を残した個人に1万ドルの賞金と共に贈られる。 AAAI (アメリカ人工知能学会) との共同事業である。賞の名称は人工知能研究の第一人者アレン・ニューウェルの名にちなむ。
パリス・カネラキス実践的理論賞 (Paris Kanellakis Theory and Practice Award) 
計算機に実践的な影響を与えたすぐれた理論に対して与えられる。賞金は5000ドルであり、賞の名称ともなったデータベース研究者パリス・カネラキスの遺族やいくつかのSIGの寄付による。
カール・カールストローム教育賞 (Karl V. Karlstrom Outstanding Educator Award) 
計算機科学分野の教育に多大な貢献をしたものに贈られる。賞金は5000ドル。
(Eugene L. Lawler Award) 
計算機科学者による人道的貢献に対して2年に一度与えられる。
博士論文賞 (Doctoral Dissertation Award) 
すぐれた博士論文に対し贈られる。
ACM貢献賞 (Outstanding Contribution to ACM Award) 
ACMの活動に対し優れた貢献した人に対して与えられる。
エッカート・モークリー賞 (Eckert-Mauchly Award) 
すぐれたコンピュータ・アーキテクチャに対して5000ドルの賞金と共に贈られる。 IEEE Computer Societyとの共同事業である。賞の名称は、ENIAC開発者であるジョン・エッカートジョン・モークリーの名にちなむ。
SIAM/ACM 計算機科学賞 (SIAM/ACM Prize in Computational Science and Engineering)
SIMA (アメリカ応用数理学会) との共同事業である。計算機科学分野において優れた功績をあげた個人に贈られる。
ゴードン・ベル賞 (Gordon Bell Prize) 
高性能計算 (HPC) 分野の優れた性能の達成に対し与えられる。IEEE Computer Societyとの共同事業。

SIG (Special Interest Group)[編集]

ACMでは具体的な研究分野ごとにSIG (Special Interest Group) と呼ぶ分科会を形成している.各SIGでは分野ごとの国際会議やワークショップの開催,論文誌の編集等を行っている.2007年現在,34のSIGが存在する.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]