ゴードン・ベル賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゴードン・ベル賞 (英語: Gordon Bell Prizes) は、HPC分野における、アプリケーションの実性能と計算科学の成果に対しACMが授与する賞である。毎年秋に、Supercomputing Conference (SC)にて授与される。

概要[編集]

ゴードン・ベル (Gordon Bell) がHPC分野の推進のために1987年に創設した。ハイパフォーマンスコンピューティングを科学分野に適用した価値の高い成果と、その際のシミュレーションの高性能の達成を中心とした計算科学・計算機科学的成果を総合評価して、プロジェクトとその関係者に与えられる。応募論文の中から審査で最終選考対象が決まり、11月のSupercomputing Conferenceにおけるプレゼン発表を経て本賞の受賞者が決まる。本賞の部門は以下の三つである[1]

  • ピーク性能賞 (Peak Performance): シミュレーションの際に最高性能を出した最終選考対象
  • 価格性能賞 (Price/Performance): 実アプリケーションにおいて高いコストパフォーマンスを達成した最終選考対象
  • 特別賞 (Special Achievement): ピーク性能賞に最高性能は及ばないが、画期的な手法により実アプリケーションにおいて目覚ましい性能向上を達成した最終選考対象

その他、各部門にて次点賞として奨励賞(Honorable Mention)が与えられることもある。ただし、価格性能賞は2011年は該当なしであった[2]

日本で多く受賞したプロジェクトやシステムはGRAPE地球シミュレータがある[3]。最近の日本の本賞の受賞システムは2009年長崎大学工学部DEGIMAクラスタ(価格性能賞)[4]2011年における理化学研究所スーパーコンピューター(ピーク性能賞)[5]、および東京工業大学スーパーコンピュータTSUBAME2.0(特別賞)[6]がある。

受賞一覧[編集]

ゴードン・ベル賞の受賞対象は以下の通り(本賞のみ。奨励賞(Honorable Mention)は除く)。各章の受賞対象数は決まっておらず変動する。

ゴードン・ベル賞の受賞対象
受賞論文 備考
2011[7] 最高性能賞 による100,000原子シリコン・ナノワイヤの電子状態の第一原理計算(理化学研究所、他)[8]
特別賞 TSUBAME2.0スパコンにおける樹枝状凝固成長のフェーズフィールド法を用いたペタスケール・シミュレーション(東京工業大学 青木尊之、他)[9]
2010[10][11] 最高性能賞 Petascale Direct Numerical Simulation of Blood Flow on 200K Cores and Heterogeneous Architecture(ニューヨーク大学オークリッジ国立研究所、他)
2009[12][13] 最高性能賞 Enabling High-Fidelity Neutron Transport Simulation on Petascale Architectures(オークリッジ国立研究所 M.Eisenbach、他) Jaguarを使用
価格性能賞 TFlops Hierarchical N-body Simulations on GPU with Application in both Astrophysica and Turbulence(長崎大学 濱田剛、他)

参照[編集]

  1. ^ http://www.sc2000.org/bell/ SC2000 GORDON BELL AWARDS
  2. ^ SC11 - Gordon Bell賞は日本の「京」とTSUBAMEチームがダブル受賞 マイナビニュース、2011年11月21日。
  3. ^ 地球シミュレータを用いた15.2テラフロップスの地磁気ダイナモシミュレーション
  4. ^ http://www.nagasaki-u.ac.jp/main/gakujutsu/2009/gaku20091126.pdf GPU クラスタによる高性能計算技術の実証:長崎大学濱田剛テニュアトラック助教らのGPUクラスタによる計算がゴードン・ベル賞を受賞
  5. ^ http://www.riken.jp/r-world/info/info/2011/111118/index.html 京速コンピュータ「京」による成果がゴードン・ベル賞を受賞-実アプリケーションで実効性能3ペタフロップスを達成-2011年11月18日
  6. ^ http://www.gsic.titech.ac.jp/node/513 GSIC 青木教授の研究グループがスパコンのゴードンベル賞・特別賞を受賞
  7. ^ SC11 Awards
  8. ^ 京速コンピュータ「京」による成果がゴードン・ベル賞を受賞(理化学研究所)
  9. ^ GSIC 青木教授の研究グループがスパコンのゴードンベル賞・特別賞を受賞!
  10. ^ SC10 Awards
  11. ^ SC10 - 浜田、似鳥組がGordon Bell賞のHonorable Mentionを獲得
  12. ^ SC09 Awards
  13. ^ 【SC09】科学技術計算の最前線 - Gordon Bell賞

関連項目[編集]

外部リンク[編集]