中華街

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
横浜中華街(善隣門)

中華街(ちゅうかがい、チャイナタウン英語: Chinatown中国語: 唐人街)とは、非中国人地域における華僑華人の街のこと。他に唐人街(とうじんまち、Tángrénjiē)、華埠簡体字华埠Huábù)、中国城繁体字中國城Zhōngguó Chéng)、南京町などと呼ばれる。この後、南京町については、現在でも南京町(Nankinmachi)という名称を使用しているのは、日本の神戸の中華街のみで、南京町商店街振興組合(日本神戸市中央区)が登録している商標となっている。

大きなものは北アメリカ東南アジアに多く見られるが、ヨーロッパオーストラリアでも拡大中の中華街が見られる。歴史的には長崎の唐人町のように政府の規制によって形成された中華街もあり、現代の中華街の中にもこの系譜を引くものもあるが、基本的には華人・華僑の集住によって出現する社会的現象であって、法律により規定されるものではない。

特徴[編集]

関帝廟など中国民間信仰の宗教施設を地域的な中核とし、同郷会館中華学校中華料理店、中国物産店などの施設が集まる。中国は、各地で中国語方言の差が大きいため、出身地が違うと会話も成り立たない例も多く、同じ方言を話せる同郷人を中心とした結束力が強い。また、相互扶助的なしきたりや団体が作られて、新来者にも入りやすい上、先行して創業した同郷人の下で仕事をする結果、特定の業種に同郷人が集まり、業界団体を形成し、在日韓国人と同じくロビー活動を行う例も多い。

しかし、たとえ同郷の中国人コミュニティーが形成されていても、農村や鉱山地域では商業活動が乏しいために、いわゆる中華街が成立しないことが多い。中央アジアドンガン人社会や東南アジアの島嶼に見られる広東人社会、客家人社会がその一例である。

中華街に住む中国人を出身地別に見ると、20世紀前半までは海南島を含む広東省出身者が多く、次いで福建省出身者であったが、近年は福建省出身者が増加し、さらに上海台湾出身者も増えている。

同じ省の出身者といえども、例えば広東省の広東語(広州方言)、台山語潮州語客家語はお互いに会話が成り立たないほど差が激しいため、別々のコミュニティーが形成されることが多く、同郷会も分かれている。同様に、福建省でも、福州語興化語閩南語客家語は通じないため別の同郷会が形成されている。

各地のチャイナタウン[編集]

日本の中華街[編集]

神戸南京町

日本三大中華街[編集]

飲食街としての中華街[編集]

かつては中華街を模した下記の飲食街が存在していたが、いずれも現在は全て閉鎖されている。

その他の中華街(中国人街)[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 池袋西口商店街連合会 時期尚早だ。裏でマフィアなどどんな人が暗躍しているか分からないのも不安 http://news.livedoor.com/article/detail/3981180/
  2. ^ 中国系店舗は地元町会に加盟する店がほとんどなく、街灯の電気代など共用設備の費用も負担してこなかった。数年前までは、ゴミの出し方などで苦情も寄せられていた。「安心して楽しめる街を、と長年努力してきた地元の頭ごなしに、一方的に池袋を中華街と呼ぶ考えには賛同できない」 朝日新聞2008年8月28日

参考文献[編集]

  • 朝日新聞社(編)、『最新華僑地図』、朝日新聞社、1994年8月、ISBN 4-02-274037-X
  • 海野弘、『千のチャイナタウン』、リブロポート、1988年3月、ISBN 4-8457-0328-9[1]
  • 王維、『素顔の中華街』、洋泉社、2003年5月、ISBN 4-89691-728-6
  • グウェン・キンキード、『チャイナタウン』、時事通信社、1994年1月、ISBN 4-7887-9345-8 (原著: Gwen Kinkead, Chinatown
  • ピーター・クォン、『チャイナタウン・イン・ニューヨーク 現代アメリカと移民コミュニティ』、筑摩書房、1990年2月、ISBN 4-480-85530-0 (原著: Peter Kwon, The new Chinatown
  • 鴻山俊雄、『海外の中華街 香港・盤谷・新嘉坡・マニラ・米・英・伊・仏への旅』、華僑問題研究所、1983年8月、[2]
  • 陳天璽、『華人ディアスポラ 華商のネットワークとアイデンティティ』、明石書店、2001年12月、ISBN 4-7503-1502-8
  • 西川武臣、伊藤泉美(共著)、『開国日本と横浜中華街』、大修館書店、2002年10月、ISBN 4-469-23186-X
  • 古田茂美、『4つのパラダイムで理解する中華文化圏進出の羅針盤 中国・華人経営研究入門』ユニオンプレス、2005年7月、ISBN 4-946428-96-8
  • 山下清海、『池袋チャイナタウン 都内最大の新華僑街の実像に迫る』、洋泉社、2010年11月、ISBN 4-86248-585-4
  • 山下清海、『華人社会がわかる本 中国から世界へ広がるネットワークの歴史、社会、文化』、明石書店、2005年4月、ISBN 4-7503-2089-7
  • 山下清海、『チャイナタウン 世界に広がる華人ネットワーク』、丸善、2000年8月、ISBN 4-621-06086-4
  • 游仲勲(編著)、『21世紀の華人・華僑 その経済力が世界を動かす』、ジャパンタイムズ、2001年4月、ISBN 4-7890-1052-X
  • 游仲勲(編著)、『世界のチャイニーズ 膨張する華僑・華人の経済力』、サイマル出版会、1991年11月、ISBN 4-377-30914-5
  • 陸培春、『華人網絡 : 12億5千万人のチャイニーズ・ネットワーク』、ディーエイチシー、1995年4月、ISBN 4-88724-018-X

関連項目[編集]