華表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

華表(かひょう)は中国の伝統建築様式に用いられる標柱。

概要[編集]

天安門前の華表

一般的に台座、蟠龍柱(とぐろを巻く龍)、承露盤とその上の蹲獣像で構成される。華表は建築シンボルの一種であり、すでに中国を象徴するものの一つともなっている。宮殿陵墓へ続く参道の入り口両側に置かれ、神道柱石望柱などとも呼ばれている。

華表は通常、きめの粗い白玉を彫り上げたもので、台座は方形となっており、これを蓮華座、あるいは須弥座という。上面には龍の図案が彫刻され、蟠龍柱上には蟠龍盤とともに流雲紋が飾られている。上端側面には雲板という「誹謗木」(天子の過ちを人民に書かせる札)を模した板があり、石柱上には円形をした承露盤があり、天球と地上に対応している。柱上には天に向かって吠えるポーズを取った神獣が蹲踞しており、これを「朝天吼」あるいは「望天」という。

有名なものとして、天安門広場にある2組の華表がある。これは500年余の歴史を持つといい、一説には廓外のものが天子の外出を見守り、廓内のものは天子の帰還を見守るという。南京の呉平忠侯墓前の墓道にも華表があり、南北朝時代代の石柱という。大連市星海広場にも華表が1本あり、天安門の前の物より大きいと土地っ子の自慢である。

日本国内の龍柱[編集]

日本国内においては横浜市中区中華街に龍柱が存在する[1]。このほか2014年、沖縄県那覇市若狭において観光資源として龍柱の建設が予定されていたが[2][3]冊封体制を連想させる龍柱建設に国民の血税を使うことへの批判が高まり[4]、2015年4月内閣府は龍柱に対する一括交付金の予算執行を認めない決定を下した[5]。これに対し同月、那覇市は一括交付金繰り越し断念し市の単独予算で龍柱の完成を目指す方針を決定した[6]

2015年4月16日NHK沖縄放送「那覇市どうする龍柱」でも取り上げられ問題となっている。

 司会者 続いて特集です多額の税金を投入して那覇市が進める事業に厳しい目が向けられていますこちら那覇市の海浜公園に設置される予定の龍の龍柱です 中国との友好を記念して3年前に事業が始められました設置費用は2億6千700万円その八割は地域振興のための国の一括交付金があてられる計画でした え~ところが当初の予定の1年を過ぎても龍柱は完成せず作業の遅れから那覇市の負担つまり私たちの税金の負担の負担が膨らむ見通しとなっております。なぜこんな事態になってるのか現場と問題点を篁記者が取材しました。

 篁記者 海外から多くのクルーズ船がやってくる那覇港このすぐ近くに龍柱の建設予定地があります。わたしのうしろでは先月までに高さ15メートルの龍の柱が建つする予定でした。しかし完成したのはごく一部設置の作業はストップし多くの石材が置かれたままになっています。那覇市は中国、福州市との友好都市締結30年を記念して3年前に龍柱の建設を決めました。計画では海の玄関口のシンボルにしようと高さ15メートルの龍柱2本を設置。総事業費は2億6700万円で8割0にあたる2億1300万円を国の一括交付金で賄う予定でした。 ところが建設は大幅に遅れています当初は去年3月までに完成としていましたが石材を発注した中国の業者の作業が遅れ那覇市は期間を1年延さらに龍柱を設置す工事方法も変更が必要となり今年3月の完成も間に合いませんでした。那覇市は国から計画の杜撰さを問題視され一括交付金の一部3000万円を受け取れなくなれました。さらに作業の遅れで作業用地の賃貸料等も発生し負担合わせて1億円の追加負担が必要になる見通しです。

 那覇市長 城間 美紀子 手続き上の色々なえ~なんでしょうクリアしなければならない所が色々あってそれで遅れその為に遅れ遅れ遅れて繰り越し、繰り越しになったと捉えております。我々としてもえ~残念なことであり市民に対しては申し訳なく思っております。

 篁記者 杜撰だと問題視された龍柱の計画。自治体財政の専門家は国からの一括交付金を使い切ることが目的となり事業が十分に精査されなかったのではないかと指摘しています。    琉球大学 獺口幸一教授 まぁ一括交付金事業という事でえ~すこし事業に対する必要性ですとか、そのぉ~予算の使い方に甘さがあったのではないかというふうに思います。これだけ当初の事業計画から混乱が出てきているということはですねやっぱりそのいまその見通しの甘さが、まぁあのぉ~責任としてあると思います。んですんでやはりあのぉ~那覇市の政策立案能力ですねそれに課題あるというふうに言われても仕方がない状況だと思いますね。 篁記者 さらに獺口教授はそもそもこれだけの予算をかけるべき事業なのか費用対効果の観点から疑問を投げかけています。

 琉球大学 獺口幸一教授 中国からの観光客というのが多くなっていますのでシンボル的なこう、効果等がですねあのぉ~柱を作ろうという計画自体がわからないでもないですけども事業規模も大きいですしまぁ景観上の問題も出てきますのでその総合的にこの事業を考えた場合もう少し慎重に当初から計画を練る必要があったのではないかと思いますねぇ。

ここからは取材にあたっている篁記者とお伝えします。篁さん龍柱の完成にはさらに那覇市は1億円増えるということですが那覇市はどうするつもりなのでしょうか。

 篁記者 那覇市としては事業継続をして今期中に完成させたいということです。そのために市は今月末に臨時議会を開いて追加のえ~事業費ですね1億円を盛り込んだ補正予算案を提出することにしています。

 那覇市長 城間 美紀子 観光に資するその玄関口としてのえ~としての交流のモニュメントになるというふうにわたしも捉えています。今後はもう完成にむけて議会のご理解も得ながらえ~完成に向けてしっかりとえ~歩んでいきたいと思っています。

 篁記者 え~このほかですね那覇市は市民の負担を少しでも減らそうと事業が遅れた業者に対し違約金を求めていくと検討しているという事です。

 司会者 はい。え~ただ専門家の獺口さんもですねこれだけの予算をかけるべきものなのかという疑問を呈していらっしゃっていましたけども、ただ市長はやる気で、間接的まぁそのこれいっそのこと止めてしまうという選択肢はないんですか?

 篁記者 え~もちろんですねあの今後開かれる補正予算案否決されれば龍柱を事業を継続することは出来なくなります。

 司会者 ええ、そうですね

 篁記者 ただですね那覇市にとっては止めるという決断は難しいのが現状です。

 司会者 ん~ はい

 篁記者 といいますのも龍柱の事業全体で見ると既にすでにそのん~85パーセントの予算を支出しているんです。

 司会者 ん~はぁはぁは

 篁記者 ここで事業を中止するとなると国から一括交付金の返還を求められる可能性もありますのでまぁ市の責任が厳しく問われることになります。

 司会者 そうしますと結局事業を続けるにしても中止するにしても市民の負担は増えることになってしまうという・・・行くも戻るもいばらの道と

 篁記者 そうですねえ~那覇市のその見通しの甘さの背景にあるとされた一括交付金ですけれどもともと地域振興につなげることが期待されているものですね。はいその身の丈にあった使い方をしなければですね今回のケースの様にその市民の住人のですね新たな負担が増えてしまうという事態につながりかねません。またですねこの事業を計画通り終わらせることができなとつまり予算をキッチリ執行できないとするとえ~次の年度の予算の編成にも影響してくることになります。それだけ一括交付金の使い道ですとか、その事業の進め方につてはですね私たちも厳しい目で見ていく必要があるとですと思います。

 司会者 この時間は那覇市の龍柱をめぐる問題について篁記者とお知らせしました。

鳥居との関係[編集]

近世以前の文献では「華表」と書いて「トリイ」と訓ずる例が散見され、古くから日本の鳥居の起源ではないかとする説が存在する。文献である和名類聚抄節用集では華表を「鳥居(トリイ)」と読ませているが鳥居の起源を中国に求めた誤解としている[7]。一方、鳥居との類似性は乏しく、無関係であるとする説もあり、鳥居の起源としては日本で独自に発展したものとする説の他、インドのトラナや朝鮮の紅箭門(こうぜんもん)との関係を指摘する論者もいるがいずれも決定的な説とはなっていない。[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 横濱中華街
  2. ^ 『沖縄タイムス』「那覇・若狭の「龍柱」年内完成」
  3. ^ 『琉球新報』「「龍柱」設置に2.5億円 那覇市議、効果を疑問視」
  4. ^ 「『龍柱』事業で透ける沖縄の実態とは… 抑止力論議そっちのけで対立煽るだけでよいのか?」『産経新聞』(2015.4.11)
  5. ^ 「国、那覇の龍柱予算認めず 交付金返還も」『琉球新報』2015.4.8
  6. ^ 「那覇市「龍柱」単独予算で完成へ 一括交付金繰り越し断念」『沖縄タイムス』2015.4.13
  7. ^ 『神道史大辞典、ページ742』 吉川弘文館東京都文京区2004年ISBN 4-642-01340-7