イヤー・オブ・ザ・ドラゴン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イヤー・オブ・ザ・ドラゴン
Year of the Dragon
監督 マイケル・チミノ
脚本 オリバー・ストーン
マイケル・チミノ
原作 ロバート・デイリー
製作 ディノ・デ・ラウレンティス
出演者 ミッキー・ローク
ジョン・ローン
音楽 デヴィッド・マンスフィールド
撮影 アレックス・トムソン
編集 フランソワーズ・ボノー
配給 アメリカ合衆国の旗 MGM/UA
日本の旗 松竹富士
公開 アメリカ合衆国の旗 1985年8月15日
日本の旗 1986年2月8日
上映時間 134分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
中国語
製作費 $24,000,000 (概算)[1]
興行収入 $18,707,466[2]
テンプレートを表示

イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』(Year of the Dragon)は、1985年制作のアメリカ映画。原作は元ニューヨーク市警刑事ロバート・デイリーの同名小説。

ニューヨークチャイナタウンを舞台に、チャイニーズマフィア刑事との対決を描いたバイオレンス巨編である。タイトルの意味は「辰年」

ストーリー[編集]

ニューヨーク市警察の刑事スタンリー・ホワイトは、ベトナム戦争に従軍してきた過去を引きずりながら、犯罪の頻発するチャイナタウンに乗りこみ取り締まりを開始する。強引な摘発を続けチャイニーズ・マフィア全体を潰そうとするスタンリーに対し、相手のボス達は強く反発する。しかも警察の上層部はマフィアと暗黙の協定を結び、末端の摘発だけで事を済まそうとする。警察内部でもスタンリーは次第に孤立していく。

一方、チャイニーズ・マフィア新世代のボス、ジョーイ・タイはイタリアン・マフィアや身内の旧体制派、かつての取引相手を容赦無く粛清し勢力を拡大していく。たびたび起きる殺人事件にタイの影を見て取ったスタンリーは中華系の警察官ハーバートを潜入捜査官としてタイの組織に送り込むが、タイもヒットマンを差し向けスタンリーの自宅を襲撃、正体を見破られたハーバートも殺害された。

かつてない緊張が高まる中、タフな刑事と若きボス、この二人の対決が今始まろうとしていた。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
スタンリー・ホワイト ミッキー・ローク 安原義人
ジョーイ・タイ ジョン・ローン 池田秀一
トレイシー・ズー アリアーヌ・コイズミ 榊原良子
アンジェロ・リッツォ レナード・テルモ 郷里大輔
ルイス・ブコウスキー レイ・バリー 阪脩
コニー・ホワイト キャロライン・カハ 弥永和子
ウィリアム・マッケンナ エディ・ジョーンズ 加藤正之
ロニー・チャン ジョーイ・チン
ハリー・ヤン ヴィクター・ウォン 峰恵研
後藤哲夫
ハーバート・クォン デニス・ダン 島田敏
その他日本語吹替:藤本譲
()内はWOWOWで2014年2月1日に放送された際に追加録音した代役。

アクション描写など[編集]

熱血漢の警官と冷徹なチャイニーズ・マフィアの対決を描いた映画であり、その描写は苛烈を極める。バイオレンス描写に関しては、中盤のレストラン襲撃シーンでは多くの一般市民も容赦無く死傷する描写がなされている。ジョーイ・タイが東南アジア麻薬王との取引において、競合するマフィアのボスの生首を取り出し見せつけるシーンや、ヒットマンに顔面を撃ち抜かれたハーバートの描写などは、他に類を見ない激烈さである。

また、カーアクションにおいては、当時の現行車種であるフォード・サンダーバード(9代目)メルセデス・ベンツ・Sクラス(2代目)が惜しげも無く破壊されている(特にサンダーバードは登場してから2年ほどの、文字通り「最新型」であった)。

それに対し、マーラー交響曲第2番が効果的に使われるなど、極めて叙情的な面も持つ映画である。

アジア系アメリカ人からの抗議[編集]

この映画には、差別的なステレオタイプ、外国人排除、差別用語( "Chinks"、 "Slant-eyed"、"Yellow niggers"、"Polak"など)の使用、性差別表現について、中国系(中華系)を含むアジア系アメリカ人からの抗議が相次いだ[3]。いくつかのコミュニティからは、この映画がチャイナタウンのイメージを悪くし、経済的打撃を与える恐れがあるという抗議も上がった[3] 。これらの抗議を受け、オープニングクレジットには以下の注意書きが付け加えられた[4]

この映画には、アジア系アメリカ人や特定の中国系アメリカ人のコミュニティの良い面を卑しめたり無視したりするものではありません。仮にこの映画の描写が実在の団体や個人、さらにはチャイナタウンそのものを連想するものであったとしても、この映画とは一切関係ありません[3][注 1]

ロサンゼルス・タイムズのマリコ・ツェーは、この映画だけでなく、シーラ・ベンソンによる評価について、「マイケル・チミノの『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』とベンソンによるこの映画の批評は、事実を曲解しています。彼女がこの映画にドキュメンタリーの事実があると評したのは、彼女がチャイナタウンに対して全くの無知だったからです。もしこれがドキュメンタリーならば、それは、清涼飲料水のCM程度のものということでしょう」と批判している[5]。 ツェーの批評に対し、 Pauline Kaelも「『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』は『ディア・ハンター』ほど外国人に対しては攻撃的ではありませんが、ストーリーが弱すぎます。緊張感がなく、描写力も弱いため、見ている人にとってはわけのわからないものになっています」と付け加えている[6]

監督のチミノは、Jeune Cinémaとのインタビューの中で、以下のように話している[7]

この映画は人種差別を扱っていますが、それを推奨するための映画ではありません。このような問題を扱うにあたって、人種差別の傾向を明かしていくことは必要となります。かつてアメリカに移住した中国人が経験したように、周辺的な地位に追いやられるということは我々にとっても初めてでした。そのことについて、人々は、あまりにも無知なのです。実際1943年まで中国人にはアメリカの市民権が与えられなかったことに、現在のアメリカ人たちは驚くでしょう。彼等は妻をアメリカに連れて行くことすら許されなかったのです。ハーバートがスタンリーに話したことは、称賛されるべきなのです。これらの理由から、中国人はこの映画が大好きです。そして、記者たちの批判は、これらの悪い事実を知られたくないところからきているのでしょう。

チミノの発言通り、劇中ではアメリカ社会の暗部が糊塗されることなく随所に表現され、民族差別の存在が問題提起されている。ミッキー・ローク演じる刑事もポーランド系アメリカ人という設定であり、民族差別とは無縁でない出自である(ポーランド系という設定は、終盤で生きることになる)。

受賞[編集]

この映画は、第6回ゴールデンラズベリー賞で最低作品賞、最低監督賞、最低脚本賞、最低女優賞、最低新人賞(最低女優賞と最低新人賞はトレイシー・ズーを演じたアリアーヌ・コイズミに対するものである)5部門にノミネートされた[8] 。 その一方で、セザール賞最優秀外国語映画賞にノミネートされ[9]ジョン・ローンがゴールデングローブ賞助演男優賞に、デヴィッド・マンスフィールド作曲賞にそれぞノミネートされた[9]

脚注[編集]

  1. ^ なお、この表示はアメリカ版VHSおよびケーブルテレビでの放送で表示されたが、2005年にリリースされたリージョン1のDVDでは表示されない

出典[編集]

  1. ^ Box_office_/_business_for_Year_of_the_Dragon
  2. ^ Year of the Dragon (1985)” (英語). Box Office Mojo. 2010年6月2日閲覧。
  3. ^ a b c Dirks, Tim. "The Most Controversial Films of All-Time - Part 14: 1980s". Greatest Films. Retrieved 10-29-10.
  4. ^ Garbarino, Steve (March 2002). "Michael Cimino's Final Cut". Vanity Fair. Retrieved 2010-08-27.
  5. ^ Tse, Mariko (September 1, 1985). "The Dragon Is Unreal". Los Angeles Times. Retrieved 2010-06-10.
  6. ^ Kael, p. 35
  7. ^ Camy, Gérard; Viviani, Christian (December/January 1985-1986). "Entretien avec Cimino" (in French). Jeune cinéma (n171).
  8. ^ Wilson, John (January 2, 2002). "1985 Archive of 6th Annual RAZZIE Awards". Razzies.com. Retrieved 2010-05-25.
  9. ^ a b "Year of the Dragon (1985) - Awards". IMDb. Retrieved 2010-06-13.

外部リンク[編集]