福州市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華人民共和国 福建省 福州市
Hokchew.JPG
簡称:
別称:榕城


福建省内の福州市の位置
福建省内の福州市の位置
中心座標 北緯26度04分16秒 東経119度18分13秒 / 北緯26.07111度 東経119.30361度 / 26.07111; 119.30361
簡体字 福州
繁体字 福州
Fúzhōu
カタカナ転記 フーヂョウ
Hok-chiu
閩東語 Hók-ciŭ
国家 中華人民共和国
福建
行政級別 地級市
政府所在地 鼓楼区
建市 1946年
市委書記 袁栄祥
市長 鄭松岩
面積
- 総面積 11,968 km²
- 市区 1,043 km²
- 建成区({{{area_metro_as_of}}}) 182.36 km²
海抜 0 - 963 m
人口
- 総人口(2008) 676 万人
- 市区人口({{{population_urban_as_of}}}) 273 万人
経済
- GDP(2008) 2284 億元
- 一人あたりGDP 33,615元
電話番号 591
郵便番号 350000
ナンバープレート 閩A
行政区画代碼 350100
市樹 榕樹
市花 茉莉花
公式ウェブサイト http://www.fuzhou.gov.cn/

福州市(ふくしゅうし、中国語:福州市、英語:Fuzhou)は、中華人民共和国福建省の省都である。榕城(ようじょう、拼音: Róngchéng)とも称される歴史の古い町で、国家歴史文化名城に指定されている。清代には琉球館が設置され、琉球王国との交易指定港であった。

地理[編集]

武夷山に源を発する閩江下流に位置する港湾都市である。中国語で榕樹というガジュマロの大木が市域に多数有ることから榕城とも呼ばれている。

歴史[編集]

新石器時代からこの地に住む閩人の領域で、戦国時代中期にに滅ぼされ、越人が多く閩地に流入し、閩越と呼ばれるようになった。紀元前220年閩越を征服した始皇帝はこの地に閩中郡を設置した。秦末、群雄が割拠すると、閩越王無諸が反乱を起こし、後に劉邦に属した。このため、無諸はによって閩越王に封じられ、東冶(福州の古名)はその都となった。

晋代には建安郡の郡城となり、代の725年福州都督府が設置されて、福州の名が固まった。唐末には王審知閩国909年-945年)を建国して、福州に都した。五代十国のひとつである。この国は海外貿易などで大いに発展し、王延鈞の代には大閩国と号し、福州を長楽府と改称した。925年に王審知が死んだ後は内紛が続いた。

代には福州に復し、刺史が置かれた。代(1271年-1368年)に福建行中書省が設置され、最初は泉州、まもなく福州に長官が駐在した。

代(1368年-1644年)には福州に市舶司が置かれ、朝貢国である琉球王国の指定入港地となり、琉球館が置かれている。明末には南明の都が置かれたこともある。明清時代には福州は福州府治として福建の中心であった。アヘン戦争後の南京条約で福州は対外開港し、茶の輸出などで発展した。倉山には多くの外国領事館が置かれた。近代の福建は、左宗棠によって福州船政局船政学堂が置かれたこともあって北洋艦隊福建艦隊英語版に人材や艦船を多数送り込んだ。清仏戦争馬江海戦英語版(福州海戦とも)ではフランス海軍の攻撃を受けたが、再建された馬尾造船が近代造船業の発祥地となり、中華民国海軍中国人民解放軍海軍にも大きな役割をになった。

1984年対外開放地区に指定され、同時に国家歴史文化名城にも指定された。2006年現在では経済開発区に指定されている。

行政区画[編集]

5区・2県級市・6県を管轄する。

年表[編集]

福州市[編集]

  • 1949年10月1日 - 中華人民共和国福建省福州市が発足。(1市)
  • 1949年12月25日 - 閩侯専区林森県の一部を編入。(1市)
  • 1951年8月28日 - 鼓楼区大根区小橋区台江区倉山区水上区蓋山区鼓山区洪山区を設置。(9区)
  • 1952年2月23日 - 洪山区の一部が分立し、新店区が発足。(10区)
  • 1955年3月4日 - 蓋山区・鼓山区・洪山区・新店区が鼓楼区に編入。(6区)
  • 1956年5月3日 (3区)
    • 大根区が鼓楼区に編入。
    • 小橋区が台江区に編入。
    • 水上区が倉山区に編入。
  • 1958年8月8日 - 閩侯県を編入。(3区1県)
  • 1959年8月1日 - 閩侯県が閩侯専区に編入。(3区)
  • 1960年11月3日 - 閩侯専区閩侯県の一部が分立し、馬尾区が発足。(4区)
  • 1962年5月22日 (4区2県)
    • 閩侯専区連江県、福安専区羅源県を編入。
    • 閩侯専区閩侯県の一部が鼓楼区・馬尾区に分割編入。
  • 1963年6月10日 - 馬尾区が台江区に編入。(3区2県)
  • 1963年9月11日 - 羅源県・連江県が閩侯専区に編入。(3区)
  • 1968年8月18日 (3区)
  • 1968年10月26日 - 紅衛区・赤衛区の各一部が合併し、郊区が発足。(4区)
  • 1970年2月17日 (4区)
    • 閩侯専区閩侯県の一部が郊区に編入。
    • 郊区の一部が福安専区連江県に編入。
  • 1970年6月18日 - 郊区が分割され、馬江区北峰区が発足。(5区)
  • 1973年6月5日 - 莆田地区閩侯県を編入。(5区1県)
  • 1975年7月10日 - 北峰区が寧徳地区連江県の一部と合併し、郊区が発足。(5区1県)
  • 1978年4月27日 (5区1県)
  • 1978年5月24日 (5区1県)
    • 郊区の一部が分立し、環城区が発足。
    • 馬江区が郊区に編入。
  • 1982年8月19日 (5区1県)
    • 郊区の一部が分立し、馬尾区が発足。
    • 環城区が郊区に編入。
  • 1983年4月28日 - 莆田地区閩清県永泰県長楽県福清県平潭県、寧徳地区連江県羅源県を編入。(5区8県)
  • 1990年12月26日 - 福清県が市制施行し、福清市となる。(5区1市7県)
  • 1994年2月18日 - 長楽県が市制施行し、長楽市となる。(5区2市6県)
  • 1995年10月27日 (5区2市6県)
    • 台江区の一部が鼓楼区に編入。
    • 郊区の一部が鼓楼区・台江区・倉山区・馬尾区に分割編入。
    • 郊区の残部および鼓楼区・台江区の各一部が合併し、晋安区が発足。

閩侯専区(1949年-1956年)[編集]

  • 1949年10月1日 - 中華人民共和国福建省閩侯専区が成立。林森県閩清県永泰県長楽県福清県平潭県連江県羅源県が発足。(8県)
  • 1949年12月25日 - 林森県の一部が福州市に編入。(8県)
  • 1950年4月19日 - 林森県が閩侯県に改称。(8県)
  • 1956年3月26日
    • 閩侯県が省直轄県級行政区となる。
    • 閩清県が南平専区に編入。
    • 長楽県・連江県・羅源県が福安専区に編入。
    • 永泰県・福清県・平潭県が晋江専区に編入。

閩侯専区(1959年-1971年)[編集]

  • 1959年8月1日 - 福州市閩侯県、福安専区長楽県連江県、晋江専区永泰県平潭県福清県、南平専区閩清県を編入。閩侯専区が成立。(7県)
  • 1960年11月3日 - 閩侯県の一部が分立し、福州市馬尾区となる。(7県)
  • 1962年5月22日 (6県)
    • 連江県が福州市に編入。
    • 閩侯県の一部が福州市鼓楼区・馬尾区に分割編入。
  • 1963年9月11日 - 福州市羅源県連江県、南平専区古田県屏南県を編入。(10県)
  • 1970年2月17日 (8県)
    • 連江県・屏南県・古田県・羅源県が福安専区に編入。
    • 晋江専区莆田県仙游県を編入。
    • 閩侯県の一部が福州市郊区に編入。
  • 1971年4月13日 - 閩侯専区が莆田専区に改称。

気候[編集]

福州の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °C (°F) 15.2
(59.4)
15.2
(59.4)
18.1
(64.6)
23.2
(73.8)
26.7
(80.1)
30.5
(86.9)
34.1
(93.4)
33.3
(91.9)
30.2
(86.4)
26.4
(79.5)
22.0
(71.6)
17.7
(63.9)
24.4
(75.9)
平均最低気温 °C (°F) 8.2
(46.8)
8.3
(46.9)
10.6
(51.1)
15.0
(59)
19.2
(66.6)
23.0
(73.4)
25.5
(77.9)
25.1
(77.2)
23.0
(73.4)
19.3
(66.7)
14.8
(58.6)
10.1
(50.2)
16.8
(62.2)
降水量 mm (inch) 48.0
(1.89)
86.6
(3.409)
145.4
(5.724)
166.5
(6.555)
193.7
(7.626)
208.9
(8.224)
98.8
(3.89)
179.7
(7.075)
145.0
(5.709)
47.6
(1.874)
41.3
(1.626)
32.0
(1.26)
1,393.6
(54.866)
平均月間日照時間 101.6 79.2 89.1 111.0 114.4 141.9 225.6 199.2 153.7 144.2 120.3 126.9 1,606.9
出典: China Meteorological Administration 2009-03-30

交通[編集]

市内には鉄道の福州駅があり、外福線江西省を通って、杭州、上海、北京方面に通ずるほか、省内の南平三明を経て山間をぐるっと回り、泉州廈門にもゆけるが、福州から泉州や廈門に行く場合は、沿岸を直線的に結んでいる道路を利用する人が、ほとんどである。廈門方面への福廈線(福州〜泉州〜厦門)と浙江省温州方面への温福線建設が計画され、杭州〜寧波〜福州間が2009年9月29日に開通した。2010年4月26日に福廈線が開業した[1]

閩江沿いに15キロメートルほど下ると、河口に馬尾港があり、国際貨物の拠点となっている。

福州が所管する長楽市福州長楽国際空港があり、福州市内からは機場高速道路を経由して45キロメートルを約1時間で行ける。日本とは2007年9月10日から、深圳航空関西深圳の経由地として結んでいる。2010年4月6日から、同深圳航空により、福州 - 成田の往復直行便が就航、週3便(火・木・土)。

高速道路は、北の浙江省に向かう羅長高速、北西の江西省に向かう銀福高速(京福高速の一部)、南西の泉州、廈門に向かう福泉高速がある。

G104国道中国語版G316国道中国語版G324国道の3本の国道が接続する。

教育[編集]

中学(高等学校)[編集]

  • 福州第一中学
  • 福州市第二中学
  • 福州第三中学
  • 福州第四中学
  • 福州第五中学(福州格致中学)
  • 福州第八中学
  • 福建師範大学附属中学
  • 福州第九中学(福州外国語学校)
  • 福州高級中学
  • 福州超徳高級中学
  • 福州屏東中学(小馬添加)
  • 福州第十一中学

大学 [編集]

  • 福州大学
  • 福建師範大学
  • 福建農林大学
  • 福建医科大学

言語・福州語[編集]

福州では、北京語、福建語以外に福州語が話されている。福州語は福建語とは異なる言葉であり、福建語が話せるからといって福州語が話せたり、理解できるわけではない。福州語は福建省のオリジナルの言語で、福建語は客家人や潮州人、その他の民族が福建に入ってくる事によって言語が混ざって最終的に出来上がった言語である。福建省の福州人のほとんどが福州市で生活をしていた為、福州語が定着した。しかし今日では、福州語よりも福建語の使用者の方が多い。その理由は、外部から来た客家人や潮州人、その他の民族が福州市の外で定着したからと言われている。

軍事[編集]

連江県には南京軍区に属する第31集団軍第86師団司令部が置かれ、福州港は寧波に司令部を置く中国東海艦隊の重要な基地である。

観光[編集]

  • 鼓山

福州市郊外(南東)にある岩山で、2002年に国家重点風景名勝区に指定された。石段が整備され、市民のハイキングコースとして人気があり、山腹までリフトも引かれている。 リフトの終点から10分程度歩くと全国重点保護単位に指定された”鼓山摩崖石刻”がある。これは岩肌に「南無阿弥陀仏」「色即是空」「忠孝」といった題刻を彫りこんだもので400以上の題刻が色々な書体で彫りこまれている。 さらに5分ほど進み、小さな広場を過ぎて少し下ると、標高455mのところに福州五大禅寺の1つ”湧泉寺”(908年創建)がある。

  • 福州国家森林公園

中国9大森林公園の1つ。福州市郊外(北)に立地する広大な公園。園内は緑に囲まれ、「鳥語林」という有料で鳥が見られる施設、宿泊施設や、樹齢千年といわれる大木、鯉が沢山戯れる池などが点在。

  • 西湖
  • 福建省博物館
  • 西禅寺

887年創建。福州五大禅寺の1つで、もともと長慶寺と呼ばれた。福州西郊にある怡山の永欽里に位置しており、天王殿、大雄宝殿、法堂、蔵経閣など見所が多い。

  • 華林寺:964年に建てられた中国南部最古の現存木造建築。
  • 林則徐記念館
  • 文廟
  • 三坊七巷:昔の町並みを模倣した観光施設。2010年第1回「中国歴史文化名街」の1つに選定される[2]

特産品[編集]

  • 橄欖
  • 脱胎漆器
  • コルク画
  • 水牛の角細工 -
  • 紙の傘
  • 肉松

姉妹都市[編集]

福州市は、8都市と友好城市関係を、2都市と友好交流関係を結んでいる[3]

友好城市関係[編集]

友好交流関係[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]