池袋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本 > 東京都 > 豊島区 > 池袋
池袋の超高層ビル群
池袋駅西口の繁華街

池袋(いけぶくろ)は、東京都豊島区に属する池袋駅を中心とする副都心。または東京都豊島区に属する区画の一つ。また豊島区における住所上の地名のひとつにもなっている(住所上の地名としての池袋を参照)。

概要[編集]

池袋は、新宿渋谷と並ぶ山の手3大副都心の一つ。池袋駅を中心に巨大な百貨店専門店飲食店などが局在する。池袋駅の一日平均乗降者数は約271万人(2007年度)。池袋駅西口および東口駅前に繁華街が広がり、北口および東口サンシャイン通り裏手、同明治通北側一帯には大規模な歓楽街がある。1日に約100万人の集客人員がある。

西口方面には東武百貨店ルミネ池袋(旧称メトロポリタンプラザ)、東京芸術劇場池袋西口公園等、東口方面には西武百貨店池袋パルコサンシャインシティ豊島区役所等がある。

池袋駅が8路線からなる巨大な鉄道ターミナルであるほか、池袋には周縁部を含め明治通り、グリーン大通り春日通り要町通り劇場通り川越街道などの道路が集まる。

池袋駅から少し離れると、立教大学西池袋)、帝京平成大学東池袋)、重要文化財に指定されているフランク・ロイド・ライト設計の自由学園明日館、多くの著名人が眠る雑司ヶ谷霊園などの緑や文化財も多く、池袋演芸場などの寄席や小劇場もある。

駅や街の至る所にある「いけふくろう」像は、「渋谷のハチ公に対して、池袋にも待ち合わせのメッカを」ということで、"いけぶくろ"と"フクロウ"を掛け合わせて考え出されたものである。特に、東口のものはJR発足時に設置されたものである。

その他[編集]

  • 「ブクロ」と略し呼称されることがある[要出典]
  • 中国では「中国城」と呼ばれることがある[1]

地名の由来[編集]

現在の池袋駅西口のホテルメトロポリタン一帯(西池袋1丁目)に存在していた袋型の袋池(丸池)と呼ばれており、それが地名の直接の由来となったとされている。[2] なお、丸池は縮小されたものの、ホテルメトロポリタン北側に空池(からいけ)の状態で残っていたが、現在は完全に埋め立てられ、地名由来とされる池を偲んで隣接地に元池袋史跡公園が開設された。

歴史[編集]

古くは武蔵国豊嶋郡池袋村といい、戦国時代古文書である『小田原衆所領役帳』(永禄2年・1559年)には「太田新六郎 知行 三貫五百文 池袋」とあることから、中世にはすでに近隣の地名長崎雑司ヶ谷巣鴨高田など)とともに確立していたと考えられる。

明治に入り、1889年町村制施行で、巣鴨村の大字となる。

しかし、池袋の地は古くは栄えているとは言いがたい農村地帯であった。ここが栄えるきっかけとなったのは、鉄道の開業である。上野駅前橋駅間に鉄道を開業させていた私鉄日本鉄道が、1885年に官営鉄道(新橋駅横浜駅)との接続を目的に、現在赤羽線山手線埼京線)となっている赤羽駅品川駅間の路線を開業させた。だが、この時には池袋の地に駅は設けられなかった。

その後、1903年田端駅への支線を建設することになった。この時、当初は目白駅での分岐が想定されていたが、地形の問題で池袋を分岐点にすることになり、池袋駅の開設に至ったのである。だが、駅の外にが広がっているという状況はなかなか変わらなかった。

大正から昭和にかけ、東上鉄道(今の東武東上本線)や武蔵野鉄道(今の西武池袋線)なども池袋へ乗り入れるが、これらはどちらも当初繁華街とはいえなかった池袋は起点とせず、当時の繁華街であった神田巣鴨(市電が1912年には乗り入れていた)への乗り入れを前提としていた。その過程において池袋は仮のターミナル駅として開設されたが、その後の事情でどちらも都心への延伸を断念し、結果として池袋起点となったものであった。この頃は、巣鴨のほかに、白木屋があり王子電気軌道(今の都電荒川線1911年に開業)と山手線が交差していた大塚駅辺りが繁華街であって、池袋は師範学校立教大学など、学校が置かれたことから文教地区となっていった。

1960年頃の池袋

1933年に白木屋と京浜急行電鉄が共同で設立した京浜百貨店が1930年代に菊屋デパートの名で池袋駅に開店。そして東京市電(1943年東京都電となる)が1939年に池袋駅前に乗り入れ、この頃から交通の結節点として、賑わいを見せるようになる。菊屋は1940年武蔵野鉄道(現西武鉄道)に買収され、武蔵野食糧を開設。武蔵野デパートを経て1949年西武百貨店と改称した。

また東武百貨店1962年に本店を開店して1964年東横百貨店池袋店を買収し、1958年に開店した東京丸物池袋店1968年に西武百貨店に買収されパルコになった。

現在池袋と名の付く地区の大半は、一時期西巣鴨町に属していた。西巣鴨橋という橋が東池袋二丁目に現存する。サンシャインシティは巣鴨拘置所の跡地に立てられたものである。

主な施設[編集]

東池袋南池袋[編集]

西武百貨店池袋本店

西池袋池袋[編集]

東武百貨店池袋本店
ミステリー文学資料館
東京都豊島合同庁舎

繁華街[編集]

池袋は日本有数の繁華街の一つである。駅の東西に繁華街が広がっている。近年は南口エリアにも繁華街が広がり、ビームスアディダスジャパン、スターバックスなど路上店舗も増えてきた。また、中華系の店舗が密集する北口エリアでは東京中華街の構想が持ち上がっている。

東口[編集]

駅東口には西武百貨店パルコサンシャインシティビックカメラヤマダ電機豊島区役所などがあり、東口一帯に繁華街が広がる。駅からグリーン大通りを進むと左手にサンシャイン60ビルやトヨタアムラックスが見えてくる。サンシャインシティ方面へ延びるサンシャイン60通りは、飲食店映画館ゲームセンター等も多く、休日は歩行者天国になっている。このサンシャイン60通り沿いや、三越の西側には歓楽街が広がり、キャバクラストリップ劇場、風俗店などがある。

パルコP'パルコ、サンシャインシティアルパ&アルタなどがある。 池袋はまたジュンク堂書店(本屋としては日本一の大きさを誇る)、リブロなどの都内屈指の書店激戦区でもあり、10店舗以上のCD店が競合する音楽激戦区、ラーメン回転寿司などのグルメ激戦区でもある。書店については、神田神保町や早稲田のように密集はしていないものの古書店も非常に多く、大型新刊書店の多さとあいまって東西池袋は神田新保町に次ぐ「本の街」の様相を呈していたが、その主力を担っていた東口の光芳書店チェーンが大幅に店舗整理したこともあり、かつての盛況には及ばない。

  • 西武百貨店は、東口の顔で、同百貨店の旗艦店でもある。エルメスラルフローレンなど欧米の人気ブランドを日本の百貨店の中でいち早く導入し、ブランド力のあるデパートに発展させ、かつてのセゾン文化の発信基地にもなった。新宿伊勢丹等に次いでファッションに敏感な女性に根強い人気があり、都内屈指の売上額を誇っている。また同百貨店のデパ地下は、日経MJの2002年などの調査で首都圏人気NO1に選ばれた。また西武百貨店の源流は、三井高利が始めた三越の前身の呉服店、越後屋1672年創業)より古い、1662年創業の呉服店、日本橋白木屋に求められる。1933年に白木屋と京浜電鉄が共同で設立した京浜百貨店菊屋デパートの名で池袋駅に出店し、その後、武蔵野デパートを経て西武百貨店になった。
  • サンシャイン通りに近い路地を入ると昭和の叙情的ムードが漂う飲み屋街・「ひかり横丁」(現在は閉鎖された)や、北側には、かつての骨董街神田から移ってきた骨董店が入居する「東池袋骨董商会」がある。毎月第2月曜日、池袋駅前公園で骨董市が開催されている。
  • 東口繁華街は近年、副都心線の開業に合わせるように北へ、南へとさらに広がりを見せており、池袋駅東口地下街を、サンシャインシティや東池袋4丁目まで延伸する「東口地下街計画」や、LRTを東口駅前からグリーン大通りを直進させ、南池袋2丁目で右折し、都電荒川線都電雑司ヶ谷停留場に接続する構想などが浮上している(現時点では構想段階にとどまっている)。その2丁目に豊島区役所の新庁舎移転計画が進行しているが、区庁舎の位置と規模に関与する利害関係者の綱引き状態となっている。また、現区役所跡地には商業施設を建設する構想もある。
  • ヤマダ電機は「LABI」という都市型店舗としては国内3店舗目となる「LABI池袋店」を東口に出店。その立地はビックカメラ池袋本店の1軒隣で、ビックパソコン館池袋本店の正面に位置するため、2社の間で売り上げ争いが勃発、その様子はマスコミでも大きく取り上げられた。また、2009年5月に閉店した三越池袋店の建物が2009年10月にヤマダ電機LABI1日本総本店池袋となり、近接する地域のビックカメラ・ヤマダ電機がともに2店舗となることからマスコミでも大きく報じられた。この2社は同じく池袋に店舗を持つさくらやを傘下におさめているベスト電器の買収合戦でも対立しており、今後も池袋が注目される機会は多いと思われる。

西口[編集]

駅西口には東武百貨店メトロポリタンプラザ丸井東京芸術劇場立教大学などがあり文化・芸術の香る街である。また居酒屋など飲食店が密集するロマンス通りや西一番街中央通りなどにライブハウス映画館などがあるロサ会館池袋演芸場などもある。メトロポリタンプラザの西南には、日本で最初にケーキブッフェを始めたことで有名なホテルクラウンプラザ・メトロポリタン東京がある。南西エリアは、木々の茂る西池袋公園や立教学院本部、中学校や小学校があり、西池袋2丁目〜4丁目、目白3〜5丁目にかけて閑静な住宅町が広がる。

  • 芸術劇場の西側、劇場通りを挟んだ路地奥には西池袋公園が、また西口五差路交差点南西角にはマルイ(マルイシティ池袋、マルイ・インザルーム)があり、周辺にはカフェ・チェーン店(エクセルシオールドトールコーヒーカフェ・ベローチェ)や各種飲食店が点在する。また五差路交差点付近にはファミリーレストランジョナサン(五差路交差点南東角)や、デニーズ(劇場通りを北に進んだ西側道路沿い)もあり、ファミリーも利用しやすい環境が整っている。西池袋公園の奥には結婚式場「リビエラ白雲閣」および立教大学がある。
  • 池袋駅西口駅前から池袋西口公園にかけての地下は有楽町線および副都心線池袋駅となっている。2009年3月にエチカ池袋が駅コンコースに、2009年11月にエソラ池袋が駅直上にそれぞれオープンした。エチカ池袋を出て西へ移動すると創業大正8年の老舗漢方薬局・池袋一二三堂薬局が店をかまえている。

北口・南口[編集]

南北に伸びる池袋駅が池袋の街を東西に分断しているため、東口・西口の区分に比べると北口・南口エリアの使用頻度は低い。

  • 北口は歓楽街が広がり、多くの飲食店やキャバクラ風俗店などが立ち並び、新宿歌舞伎町に似た雰囲気をかもし出している。また、中華物販大手の知音本店や池袋陽光城、華文書店、その他多くの中華料理店などを中心に中華系の店がおよそ200店舗点在しているため池袋チャイナタウンとも呼ばれるミニ中華街が形成されている[3]。また、ビックカメラ池袋北口店は東京における第一号店として進出してきたが、現在は西口の丸井スポーツ館跡地の池袋西口店に移転している。そして、東西池袋を繋ぐ歩行者専用の地下通路(自転車の場合は下車をして手押し通る事ができる)での雑司が谷隧道(通称:ウィ・ロード)や車道の池袋大橋などの出入口でもある。
  • 南口は西武百貨店池袋本店が南口まで伸びていて、リブロブックス池袋本店や西武百貨店の駐車場などがある。またジュンク堂書店池袋本店など大型書店なども立ち並んでいる。そして池袋東西をまたぐびっくりガードがあり、西口のホテルメトロポリタン方面へと繋がっている。また明治通りを中心に飲食店なども多いが、目白方面に向けて閑静な住宅街が広がっている。

東口・西口の連絡[編集]

  • 南北に伸びた池袋駅構内を、南・中央・北の3本の東西地下自由通路が結んでおり、鉄道利用がなくても通行可能となっている。また、池袋駅北側には、北口とヤマダ電機付近を東西で結ぶ地下通路(雑司が谷隧道:下記を参照)も整備されており、スロープを使えば自転車(降りて押して通行)での往来も可能となっている。
  • 他の都内繁華街(新宿駅渋谷駅)と比べて池袋は鉄道で大きく分断された町並みである。このため自動車交通は東西の移動がほとんどなく、わずかに百貨店の連絡バスがあるのみ。バスも池袋駅西口・池袋駅東口行きでは経路がまったく違う。
  • 自動車で池袋に行く場合、各百貨店の駐車場か、東西口の各公営駐車場かに駐車する結果になる。東西をまたぐ移動は池袋大橋びっくりガード春日通り経由しかない。結局徒歩で移動することになるのでよほどの荷物・大人数などといった事情がなければ鉄道を使うほうが便利。駅周辺は人通りが多く自転車で通行すると歩行者の通行を妨げる場合が多いので、なるべく避けたほうがよい。
  • 自転車・バイクで移動する場合は雑司が谷隧道が加わる。池袋と東池袋池袋駅北口と東口)とを連絡する重要な役目があり、夜中でも人通りが絶えない。しかし歩行者専用なので、二輪車が通行する場合、搭乗せずに手で押して通行しなければならない。
  • 東西連絡通路(南デッキ)構想があり、これは線路上空をまたいで西武百貨店とメトロポリタンプラザを結ぶ通路を設置しようとするもので、豊島区は2013年10月にJR東日本と、東西連絡通路と中央地下通路再整備について覚書を締結した。また、西武百貨店と、建て替えが決まっている西武鉄道の旧本社ビルを結ぶ南北連絡通路構想に関しても、西武鉄道と覚書締結に向け最終調整を進めている。[4]

治安[編集]

チャイナタウン化[編集]

商店街を占める在日中国人の団体が、池袋をチャイナタウンにしようと活動を始めた[1][3]。しかし、治安悪化を懸念する人々に反対された事により、その活動は低下している。

ナイジェリア人犯罪[編集]

西アフリカ出身のナイジェリア人グループらが大掛かりで、泥酔客から暴利を貪るケースも新宿歌舞伎町六本木周辺同様に見ることができるとされている[5]

演劇と映画の街[編集]

池袋は、新宿下北沢銀座に次いで劇場の数が多い演劇の街であり、演劇・ミュージカルの専門学校、舞台芸術学院もあり、多くの俳優を輩出している。

主な劇場[編集]

東京芸術劇場
大中1つと小2つの計4ホールと展示ギャラリーなどから構成される。大ホールはオーケストラ中心のコンサート専用ホールで、客席数は1999。フランス/マルク・ガルニエ社製の世界最大級のパイプオルガンがあり、ルネッサンス、バロック、モダンの3時代それぞれの当時の調律法で演奏可能である。中ホールは客席841で、本格的演劇、オペラ、バレエなどが主に上演される。2つの小ホールは、それぞれ客席300で多目的ホールとして活用されている。西口駅前徒歩1分。2011年10月現在、改修工事中。
サンシャイン劇場
客席数832。東口サンシャインシティ内。徒歩10分。
シアターグリーン
渋谷ジァン・ジァン、下北本多劇場などと並ぶ若手劇団の登竜門。大中小3ホールからなる。東口徒歩3分。
池袋小劇場
客席数80。劇団と同名。西口徒歩5分。
池袋演芸場
国内に現存する5つの常設寄席の一つ(都内に4つ、大阪に1つ)。西口徒歩3分。

また、池袋は郊外のシネマコンプレックスに押され気味なものの豊島区屈指の映画館の集積地である。東口線路沿いの文芸坐は新文芸坐として、遊技場を加えた娯楽集積施設として新装営業している。

主な映画館[編集]

文豪・寺院巡り[編集]

護国寺・月光殿
雑司ヶ谷霊園
東通りを直進する。夏目漱石泉鏡花竹久夢二小泉八雲永井荷風ジョン万次郎金田一京助東條英機らが眠る。
鬼子母神
子供の守り神として有名な鬼子母神は、境内に"子育て"や"子授け"の神木・大イチョウやケヤキ並木があり秋の紅葉は美しく、10月1618日にはお祭りが開かれ露店が並ぶ。なお、この鬼子母神に由来する郷土玩具として、古くからすすきみみずくが伝わっているが、この玩具と池袋駅の待ち合わせのシンボルであるいけふくろうとの間で特に関連がある訳では無い様である。
護国寺
1681年天和元年)に5代将軍徳川綱吉の母、桂昌院の発願で建てられた。都内唯一の木造大寺院建築である本堂は、滋賀の園城寺(三井寺)から移築された書院造の月光殿とともに重要文化財に指定されている。
東京カテドラル聖マリア大聖堂
丹下健三設計のカトリック東京大司教区の教会。ステンレスとスチールの外装が太陽光を反射して美しい。
江戸川乱歩居宅
慈眼寺、染井霊園
最寄駅はJR巣鴨駅だが芥川龍之介谷崎潤一郎らが眠る慈眼寺、高村光太郎二葉亭四迷らが眠る染井霊園などもある。

文化[編集]

池袋モンパルナス[編集]

  • 大正期から昭和戦前期にかけて、池袋に近い現在の椎名町東長崎一帯に100戸を超えるアトリエ付きの貸家が建てられ池袋には多くの画家が集まり、ほかにも詩人俳優といった人たちもがまじりあって、混血の画家・小熊秀雄にパリの芸術家地区モンパルナスにならって「池袋モンパルナス」と呼称された文化圏を形成した。
  • かつては、セゾン美術館西武美術館)、東武美術館などがあり、現代美術前衛芸術の発信基地になったが、母体の経営難や百貨店美術館の退潮とともに2000年代までに姿を消した。
  • また西武百貨店、パルコなどを擁したセゾングループが最新の欧米ブランドやファッション、インテリアなどを紹介、セゾン文化と呼ばれ一時代を風靡した。
  • 名画を数多く上映することで根強いファンが多い文芸坐は1990年代末に一旦閉館したが、新文芸坐として復館した。
  • 作家江戸川乱歩居宅は、西池袋に構えられた。

通信制高校・通信制大学学習センター[編集]

予備校[編集]

大手三大予備校河合塾駿台予備学校代々木ゼミナール)他、四谷学院城南予備校早稲田塾大宮予備校早稲田アカデミー武蔵高等予備校お茶の水ゼミナール、看護医療専門の東京アカデミー、医学系を含む総合予備校早慶外語ゼミ、また資格や社会人入試に特化した東京リーガルマインド(LEC)、TAC大原学園(資格の大原)等、ありとあらゆる予備校や資格系学校などがひしめきあっており、さらに小中進学受験校を併せるとその数は日本一を誇ると見られている。サポート校はダンスをしながら高卒資格がとれるJPAジャパンパフォーミングアーツがある。

発祥・名産[編集]

池袋が舞台となる作品[編集]

住所上の地名としての池袋[編集]

日本 > 東京都 > 豊島区 > 池袋
池袋
池袋駅西口
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 東京都
特別区 豊島区
面積
 - 計 0.755km2 (0.3mi2)
人口 (2013年(平成25年)1月1日現在)
 - 計 18,251人
 - 人口密度 24,174人/km² (62,610.4人/mi²)
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 171-0014
170-0014 

池袋は、豊島区における住所上の一地名でもある。池袋一丁目から池袋四丁目まで存在する。人口は18,251人(2014年1月1日現在。住民基本台帳より)郵便番号は171-0014(池袋二丁目-池袋四丁目)、170-0014(池袋一丁目)。

概要[編集]

ちょうどJR線川越街道山手通り要町通りに囲まれた地域であり、同区西池袋上池袋池袋本町板橋区中丸町南町、同区高松要町と接している。

また、池袋駅東京メトロ副都心線)、要町駅東京メトロ有楽町線副都心線)とも接していて、豊島清掃工場東池袋へ繋がる池袋大橋の出入口でもあり、首都高速5号池袋線北池袋出入口でもある。このように池袋の中心的な繁華街ではないが交通の要衝としては欠かせない地域である。しかし、西口五差路交差点の要町通りと劇場通りの交差する辺りは池袋西口の繁華街としても食い込んでいる。

一般的に「池袋」と言われているのは、池袋駅を基点とした東口西口に延びる繁華街の総称であり、地名としての「豊島区池袋」はそれより北西よりの地域をさす。「池袋」の繁華街の一角でもあるが、駅から離れると住宅地になってくる。

池袋は、埼京線、東武東上線、西武池袋線、副都心線、湘南新宿ラインなど埼玉県へ行く鉄道が多く、埼玉県においてはさいたま市を中心とした旧埼玉県域と川越市や所沢市を中心とした旧入間県域とを東西に連結する鉄道網があまり整備されておらず、特に東武東上線や西武池袋線沿線の旧入間県域は乗り換えなしで渋谷まで行ける副都心線が開設するまでは池袋が事実上の東京への入り口であるため池袋においては多くの埼玉県民が出没している。

主な交通網[編集]

鉄道の駅[編集]

路線バス[編集]

  • 国際興業総合案内所停留所、池袋二丁目停留所、要町駅停留所(国際興業バス
    • 池02・池04・池05・池07・その他系統 - 池袋駅西口行
    • 池02・池82系統 - 熊野町循環
    • 池03・池20・池21・池83系統 - 池袋駅西口行
    • 池03・池83系統 - 要町循環
    • 池04・池84系統 - 中丸町循環
    • 池05・池85系統 - 日大病院
    • 池07系統 - 江古田二又
    • 池11系統 - 中野駅北口行(国際興業バス、関東バス
    • 池20系統 - 高島平操車場行
    • 池21系統 - 高島平駅
  • 高松郵便局停留所(国際興業バス)
    • 池02・82系統 - 熊野町循環
    • 池03・83系統 - 中丸町循環
    • 池20系統 - 高島平操車場行
    • 池20・池21・池03・池83系統 - 池袋駅西口行
    • 池21系統 - 高島平駅行
  • 池袋四丁目停留所、豊島清掃事務所停留所(国際興業バス)
    • 光02系統 - 光が丘駅
    • 光02・赤51・赤97・池55系統 - 池袋駅東口行
    • 赤51・97系統 - 赤羽駅西口行
    • 池55系統 - 小茂根五丁目行

主要な道路[編集]

主な施設[編集]

池袋一丁目[編集]

池袋二丁目[編集]

池袋三丁目[編集]

  • 池袋第三区民集会室
  • 豊島区立池袋図書館
  • 豊島区立池袋第三保育園
  • 豊島区立池袋第五保育園
  • みらい館大明
    • 池袋幼稚園
  • 日本香堂東京工場
  • 光文社ビル
  • 祥雲寺、功雲寺、洞雲寺
  • 御嶽神社

池袋四丁目[編集]

参考文献[編集]

  • 宇佐美承『池袋モンパルナス』、集英社、1990年6月。ISBN 4-08-772743-2(のち、『池袋モンパルナス - 大正デモクラシーの画家たち』と副題を付して集英社文庫に収録、1995年1月刊。ISBN 4-08-748273-1

脚注[編集]

  1. ^ a b “中国人議員を国会へ送ろう=参政権求める新華僑―日本華字紙”. Record China. (2010年2月16日). http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=39762 2010年2月17日閲覧。 中文導報 「華人と国会議事堂の距離はどれほどか」2010年2月15日より
  2. ^ ただし当地は旧雑司ヶ谷村であり、池袋のもともとの中心部だったといえる池袋本町(かつての本村)からは離れているため、この説には異論がある。「袋」には「と川が合流しているところ」という意味があり、NHK総合テレビ「ブラタモリ 池袋・巣鴨」(2011年1月27日放送)では、村内を流れていた川が合流している、旧池袋村北東部付近(池袋本町4丁目~板橋区板橋1丁目)を地名の発祥に関係した場所と推測している。
  3. ^ a b 共同通信社ニュース特集:北京五輪:池袋に「チャイナタウン」 新華僑の生活支える 2008年2月28日
  4. ^ 13年度中に基礎調査/池袋駅東西連絡通路が再始動/豊島区”. 建設通信新聞. 2013年12月9日閲覧。
  5. ^ “【衝撃事件の核心】「不夜城」に巣くうナイジェリア人グループ 強引な客引きで泥酔客から10億円をぼったくり”. 産経新聞. (2012年1月2日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130102/crm13010212010000-n1.htm 2013年1月4日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]