目白

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本 > 東京都 > 豊島区 > 目白
目白
JR目白駅
目白の位置
目白
座標: 北緯35度43分15.07秒 東経139度42分34.27秒 / 北緯35.7208528度 東経139.7095194度 / 35.7208528; 139.7095194
Flag of Japan.svg 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Toshima Tokyo chapter.JPG 豊島区
地域 西巣鴨高田長崎
面積
 - 計 0.934km2 (0.4mi2)
人口 (2011年(平成23年)10月1日現在)
 - 計 12,411人
 - 人口密度 13,288人/km² (34,415.8人/mi²)
等時帯 JST (UTC+9)
郵便番号 171-0031 
市外局番 03
ナンバープレート 練馬
※座標は豊島区立目白小学校付近
目白二丁目(2011年11月)

目白(めじろ)は、東京都豊島区町名郵便番号171-0031。人口は12,411人(2011年10月1日現在、住民基本台帳人口による[1]。)、面積は0.934km2(2011年1月1日現在[2])。

地理[編集]

目白は東京都豊島区にある地名であり、同区南長崎西池袋南池袋雑司が谷高田、新宿区高田馬場下落合中落合と接している。現在の地名表示としては目白一丁目から目白五丁目まであり高級住宅街の一つでもある。東日本旅客鉄道山手線目白駅を中心とする街である。

巷間で言われる「目白」のイメージは一丁目のほとんどを占める学習院大学および3丁目に所在する尾張徳川家由来の『徳川黎明館』『徳川ビレッジ』、さらには隣接する新宿区下落合・中落合・西落合の歴史的背景に依拠するところが大きいが、現在その大部分はごく平均的で閑静な住宅地である。文教地域として知られ、近接する目白台と共に幼児教育の私塾が数多く存在する。殆どが住宅地であり、娯楽施設はほとんどない。

目白一丁目の大部分を学習院大学キャンパス(学習院大学、学習院高等科、学習院中等科)が占める。また、目白通りを挟んで学習院向かい側の二丁目には、川村学園、目白小学校がある。三~五丁目は目白通りを挟んで新宿区下落合および中落合と隣接している。

汎称地名[編集]

汎称地名としての「目白」は新宿区内も含まれ、新宿区下落合・中落合・西落合の一部まで「目白」と昔からの住民は認識している[要出典]。この新宿区地域は明治時代に近衛家相馬家の旧華族の大邸宅が建ちその後一般に分譲された現在の下落合二~四丁目、ならびに大正時代箱根土地株式会社(現・株式会社コクド)が開発・分譲した「目白文化村」(現在の中落合エリア)である。50年以上住んでいる目白住民は「目白が丘」と呼ばれる「高台」部分を「目白」と認識しており[要出典]実際の下落合駅付近や中井駅付近は、その「高台」からはずっと離れており尚且つそれらの駅自体は「高台」より下にあるため、目白としての認識度は薄い。近隣の文京区目白台や新宿区下落合(一部)が、その「高台」部分でありそれを総称して「目白」と呼ばれる事が多い。具体的には、キリスト教教会である目白聖公会は、豊島区の目白ではなく、新宿区の下落合にあるが、最寄り駅は目白駅であるため、そのような名称とされている。クリスマスには目白聖公会の敬虔な信徒により目白駅前でクリスマスキャロルを歌う「キャロリング」を行うのが恒例行事となっている。

歴史[編集]

もともとは北豊島郡長崎町、高田町、雑司ヶ谷町、巣鴨町の各一部。1932年東京市に編入され、豊島区の一部となる。このとき高田町、雑司ヶ谷町、巣鴨町の各一部をもって目白町が起立。1966年住居表示の施行に伴い、現行の目白一~五丁目が成立。このとき椎名町1丁目が併合されるなど範囲に若干の異動があった。

地名の由来[編集]

五色不動のひとつ、目白不動に因む。

交通[編集]

鉄道[編集]

路線バス[編集]

  • 目白警察署前停留所
    • 池65系統 - 練馬車庫前行、江古田二丁目行、池袋駅東口行(都営バス
    • 白61系統 - 練馬車庫前行、新宿駅西口行(都営バス)
    • 宿20、宿20-1系統 - 池袋駅東口行、目白五丁目行、新宿駅西口行(西武バス
  • 目白駅前停留所
    • 池65系統 - 練馬車庫前行、江古田二丁目行、池袋駅東口行(都営バス)
    • 白61系統 - 練馬車庫前行、新宿駅西口行(都営バス)
    • 学05系統 - 日本女子大前行(直通)(都営バス)
    • 宿20、宿20-1系統 - 池袋駅東口行、目白五丁目行、新宿駅西口行(西武バス)
  • 目白五丁目停留所
    • 池65系統 - 練馬車庫前行、江古田二丁目行、池袋駅東口行(都営バス)
    • 白61系統 - 練馬車庫前行、新宿駅西口行(都営バス)
    • 池11系統 - 池袋駅西口行、中野駅北口行(国際興業バス関東バス
    • 宿02系統 - 新宿駅西口行、丸山営業所行(関東バス)
    • 宿20、宿20-1系統 - 池袋駅東口行、新宿駅西口行(西武バス)
  • 椎名町駅南口停留所(国際興業バス、関東バス)
    • 池11系統 - 池袋駅西口行、中野駅北口行

道路[編集]

  • 明治通り
  • 目白通り - 大学キャンパスに接しているが学生街は形成されていない。
  • 山手通り
  • 新目白通り - 目白通りのバイパスとして建設された放射7号線を指す。通称『十三間通り』。目白の近くを通るが、目白には接しない。

施設[編集]

目白一丁目[編集]

目白二丁目[編集]

目白三丁目[編集]

目白四丁目[編集]

  • 目白第一区民集会室
  • 豊島区立目白図書館
  • 目白の森
  • 住友ゴム工業目白寮

目白五丁目[編集]

  • 心身障害者福祉センター
  • 豊島区立目白第一保育園
  • 愛心幼稚園
  • 日本外国語専門学校目白新館
  • 目白福祉専門学校

その他[編集]

豊島区目白と文京区目白台は異なる街だが、混同されることが多い。もっとも、両者とも元来目白不動尊の一帯の台地を「目白台」と呼称してきたことから生まれた地名であるので大まかに見ればあやまりといえない。田中角栄元首相が住んでいた目白御殿日本女子大学は目白台に在る。住居表示では椎名町や西池袋といった目白からかなり離れた地域でも集合住宅名に目白を冠したものが存在する。

脚注[編集]

  1. ^ 豊島区政策経営部広報課 "町丁別の世帯と人口(平成23年10月1日現在)"平成20年4月25日更新.(2011年11月24日閲覧。)
  2. ^ 豊島区政策経営部広報課"3-2 住民基本台帳による町丁別世帯と人口(平成23年1月1日)"(2011年11月24日閲覧。)
[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]