尾張徳川家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
徳川氏
(尾張徳川家)
家紋
尾州三つ葵(一例)
本姓 清和源氏
家祖 徳川義直
種別 武家
華族侯爵
出身地 摂津国東成郡大坂
山城国
主な根拠地 尾張国
愛知県
支流、分家 高須藩主松平家(武家
尾張徳川家(分家)(華族男爵))
凡例 / Category:日本の氏族

尾張徳川家(おわりとくがわけ)は、徳川氏の支系徳川御三家の一つで、尾張藩主の家系。単に尾張家尾州家とも言う。御三家の筆頭格であり、諸大名の中でも最高の家格を有した。

概要[編集]

徳川家康の九男徳川義直(五郎太、義俊、義利)を家祖とする。義直は慶長8年(1603年)に家康から甲斐国に封じられるが、甲斐統治は甲府城代平岩親吉によって担われており、五郎太自身は在国せず駿府城に在城した。元服後の慶長11年(1606年)に義直は、兄松平忠吉の遺跡を継ぐ形で尾張国清須に移封された。その際には家臣団が編制され、尾張徳川家は江戸時代を通じて尾張藩を治めた。徳川将軍家に後継ぎがないときは他の御三家とともに後嗣を出す資格を有したが、7代将軍の徳川家継没後、紀州徳川家出身の徳川吉宗が尾張家の徳川継友を制して8代将軍に就任した。その後には御三卿が創設された影響もあって、結局尾張家からは将軍を出せなかった。

藩祖義直の遺命である「王命に依って催さるる事」を秘伝の藩訓として、代々伝えてきた勤皇家であった。このことや、将軍を出せなかったこと、将軍家から養子を押し付けられ続けたことなどにより、家中に将軍家への不満が貯まり続け、戊辰戦争では官軍についた。

尾張徳川家の支系(御連枝)として、美濃国高須藩を治めた高須松平家(四谷松平家)がある。しかし、共に短命の藩主が多く、1799年に尾張徳川家、1801年には高須松平家で、義直の男系子孫は断絶し[1]19世紀以降の尾張徳川家は養子相続を繰り返して現在に至っている。10代から13代まで吉宗の血統の養子が藩主に押し付けられたが、これに反発した尾張派は14代慶勝を高須家から迎えることに成功し、幕府からの干渉を弱めた。

明治維新後は華族に列し、侯爵を授けられた。越前松平家から養子に入った19代当主徳川義親は、財団法人尾張徳川黎明会(現・徳川黎明会)を設立し、旧大名家の中でもいち早く宝物の保護を図った。1935年愛知県名古屋市東区の尾張徳川家の別邸跡地に徳川美術館を開いた。徳川美術館では、源氏物語絵巻をはじめとする尾張徳川家伝来の貴重な文化財を保存し、公開している。

歴代当主と後嗣たち[編集]

尾張徳川侯爵家[編集]

戦後の尾張徳川宗家[編集]

系譜[編集]

凡例:太線は実子、破線は養子、太字は当主

義直1
 
 
 
光友2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
綱誠3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(四谷)
松平義行
 
 
 
(大久保)
松平義昌
(川田久保)
松平友著
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
吉通4 松平通顕
(継友)
松平義孝 松平通温 松平通春
(宗春)
松平義孝 松平武雅 松平義方 松平友淳
(宗勝)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
五郎太5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平義淳
(宗勝)
 
 
 
松平義真
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
継友6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平通春
(宗春)
 
 
 
宗春7

宗勝は宗春の養子にはならず、藩領は一旦収公ののち宗勝に下す形がとられた。

宗勝8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
宗睦9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(四谷)
松平義敏
松平義当 竹腰勝起 井上正国 内藤頼多 内藤政脩
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
治休 治興 治行 斉朝10
 
 
 
松平義柄
(治行)
松平義裕
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
斉温11
 
 
 
 
 
 
松平義当
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
斉荘12
 
 
 
 
 
 
松平義居
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
慶臧13
 
 
 
 
 
 
松平義和
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
慶恕14/慶勝17
 
 
 
 
 
 
松平義質 松平義建 松平容敬 遠藤胤昌
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
茂徳15
 
 
 
義礼18 徳成
(義宜)
義恕 慶恕
(慶勝)
松平武成 松平義比
(茂徳)
松平容保 松平定敬 松平義勇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平義端 達道 義宜16 義親19 義寛 津軽義孝 義忠 義恭 松平義端
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
義知20
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平義勇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
義宣21
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平義生
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
義崇22
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平義為
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
松平義明

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 正確には、8代藩主宗勝の子で尾張藩付家老竹腰氏へ養子に入った竹腰勝起を経て高岡藩井上氏櫛羅藩永井氏へと血統が連なり、永井氏の血統は現在も存続している。

外部リンク[編集]