侯爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

侯爵(こうしゃく、:Marquess)とは古代中国由来の爵位(五爵)の第2位。公爵の下位、伯爵の上位に相当する[1]。近代日本では華族階級としても用いられた他、ヨーロッパ爵位の訳語にも充てられる。イギリスでは、Duke(公爵)とEarl(伯爵)の間に位置する階級Marquess を指す。

西欧との対応[編集]

日本の侯爵家[編集]

日本では明治維新後の1884年明治17年)に宮内省達華族令が制定され、第二条において華族を公侯伯子男の五等爵とし、侯爵は公爵に次ぐ第2位とされた。1889年(明治22年)、勅令第11号貴族院令が制定されると侯爵は同令第1条の2により、侯爵たる者は貴族院議員となる資格を与えられることが規定された(華族議員)。1907年(明治40年)、皇室令第2号華族令が制定され、襲爵、華族の品位その他、手続きが細かく規定された。

なお、侯爵の授爵は以下のような基準により行われた。

  1. 皇族 - 臣籍降下の際には降下前に属していた宮家から最初の降下であれば侯爵、二人目以降であれば伯爵が授爵された。終戦までに華族となった旧皇族16家のうち7家が侯爵を授けられている。
  2. 公家 - 旧清華家。9家のうち、三条家公爵となり、西園寺家徳大寺家も後に陞爵した。また中山家明治天皇外戚)は清華家には含まれないが、その功績が加味されて侯爵を与えられた。後に維新時の功績を認められた嵯峨家中御門家および多年の軍功を認められた四条家が伯爵から陞爵し、最終的には合計10家が侯爵とされた。
  3. 武家 - 旧御三家及び旧大藩知事(戊辰戦争後の時点で現米15万石以上)。条件を満たしたのは計14家であったが、そのうち島津家毛利家公爵に叙せられた。後水戸徳川家が公爵に陞爵し、越前福井藩松平家と伊予宇和島藩伊達家が維新時の功績を認められて伯爵から陞爵したため、最終的には合計14家が侯爵とされた。
  4. 琉球藩王家 - 尚家
  5. 国家に勲功ある者 - 1884年(明治17年)の華族制度発足の時点では、新華族は大久保利通木戸孝允の子孫が叙せられたのみであったが(西郷隆盛の子孫は西南戦争のために除外)、後に13家が侯爵となり、そのうち5家はさらに公爵にのぼった。最終的には計10家が侯爵とされた。
  • 公爵との間には給費面で差異があり(例えば公爵には家格保持のための家門永続資金があったが、侯爵にはなかった)、さらに伯爵以下であれば支給される貴族院議員歳費が、終身議員たる侯爵にはなかった。伯爵から陞爵した結果、かえって貧窮したという事例も存在する。


昭和22年(1947年5月3日日本国憲法施行により、侯爵を含む華族制度が廃止された。

侯爵家(後に公に陞爵した家を除く)
受爵日 家名 受爵者
襲爵者
旧家格 備考
1884年7月7日 大炊御門家 大炊御門幾麿
大炊御門経輝
清華家 藤原北家師実流
1884年7月7日 花山院家 花山院忠遠
花山院親家
花山院親忠
清華家 藤原北家師実流
1884年7月7日 菊亭家 菊亭脩季
菊亭公長
菊亭実賢
清華家 1945年9月15日 爵位返上。
1884年7月7日 久我家 久我通久
久我常通
久我通顕
清華家 村上源氏
1884年7月7日 醍醐家 醍醐忠順
醍醐忠重
清華家 藤原北家一条家支流。
1884年7月7日 中山家 中山忠能
中山孝麿
中山輔親
羽林家 藤原北家花山院家の支流
1884年7月7日 広幡家 広幡忠礼
広幡忠朝
広幡忠隆
清華家 正親町源氏
1884年7月7日 浅野家 浅野長勲
浅野長之
浅野長武
広島藩 清和源氏と称するが明確でない。
1884年7月7日 池田家
(岡山藩主家)
池田章政
池田詮政
池田禎政
池田宣政
岡山藩 清和源氏と称するが明確でない。
1884年7月7日 池田家
(鳥取藩主家)
池田輝知
池田仲博
鳥取藩 清和源氏と称するが明確でない。
1884年7月7日 黒田家 黒田長成
黒田長礼
福岡藩 宇多源氏と称するが明確でない。
1884年7月7日 佐竹家 佐竹義堯
佐竹義生
佐竹義春
佐竹義栄
久保田藩 清和源氏
1884年7月7日 徳川家
尾張徳川家
徳川義礼
徳川義親
名古屋藩 清和源氏と称するが明確でない。
1884年7月7日 徳川家
紀州徳川家
徳川茂承
徳川頼倫
徳川頼貞
紀州藩 清和源氏と称するが明確でない。
1884年7月7日 鍋島家 鍋島直大
鍋島直映
鍋島直泰
佐賀藩 源氏と称するが明確でない。
1884年7月7日 蜂須賀家 蜂須賀茂韶
蜂須賀正韶
蜂須賀正氏
徳島藩 1945年7月28日爵位返上。
1884年7月7日 細川家 細川護久
細川護成
細川護立
熊本藩 清和源氏
1884年7月7日 前田家 前田利嗣
前田利為
前田利建
金沢藩 菅原氏と称するが明確でない。
1884年7月7日 山内家 山内豊範
山内豊景
高知藩 藤原氏と称するが明確でない
1884年7月7日 大久保家 大久保利和
大久保利武
大久保利謙
鹿児島藩出身 藤原氏と称するが明確でない。
1884年7月7日 木戸家 木戸正二郎
木戸孝正
木戸幸一
萩藩出身 大江氏
1885年5月2日 尚家 尚泰
尚典
尚昌
尚裕
琉球藩 1872年10月16日(明治5年9月14日琉球王国を廃し琉球藩設置。
1879年4月4日 廃藩置県琉球処分)。
1888年1月17日 嵯峨家 嵯峨公勝
嵯峨実勝
大臣家 伯から陞爵(実愛の維新の功績による)。
藤原北家閑院流三条家系(旧称は正親町三条家)。
1888年1月17日
1899年10月20日
中御門家 中御門経明
中御門経恭
名家 伯から陞爵(経之の維新の功績による)。
1898年12月14日 家督相続人不在により断絶。
1899年10月20日 経恭に再授。
藤原北家勧修寺流
1888年1月17日 松平家
越前松平家
松平茂昭
松平康荘
松平康昌
福井藩 伯から陞爵。
清和源氏と称するが明確でない。
1891年4月23日 四条家 四条隆謌
四条隆愛
四条隆徳
羽林家 伯から陞爵。
1891年4月23日 伊達家
(宇和島藩主家)
伊達宗徳
伊達宗陳
伊達宗彰
宇和島藩 伯から陞爵。
藤原氏
1895年8月5日 西郷家
(西郷従道家)
西郷従道
西郷従徳
鹿児島藩出身 伯から陞爵。
1946年2月6日 爵位返上
平氏と称するが明確でない。
1902年6月3日 西郷家
西郷隆盛家)
西郷寅太郎
西郷隆輝
西郷吉之助
鹿児島藩出身 平氏と称するが明確でない。
1907年9月21日 井上家 井上馨
井上勝之助
井上三郎
萩藩出身 伯から陞爵
1907年9月21日 野津家 野津道貫
野津鎮之助
鹿児島藩出身 伯から陞爵
1909年4月29日 佐々木家 佐々木高行
佐々木行忠
高知藩出身
1910年7月10日 小松家 小松輝久 賜姓皇族 北白川宮能久親王子孫。
小松宮家祭祀を承継。
1911年4月21日 小村家 小村寿太郎
小村欣一
小村捷治
飫肥藩出身 伯から陞爵。
1916年7月14日 大隈家 大隈重信
大隈信常
大隈信幸
佐賀藩出身 伯から陞爵。
菅原氏と称するが明確でない。
1920年7月24日 山階侯爵家 山階芳麿 賜姓皇族 山階宮菊麿王子孫。
1923年10月25日 久邇侯爵家 久邇邦久 賜姓皇族 久邇宮邦彦王子孫。
1926年12月7日 華頂家 華頂博信 賜姓皇族 伏見宮博恭王子孫。
華頂宮家祭祀を継承。
1928年7月20日 筑波家 筑波藤麿 賜姓皇族 山階宮菊麿王子孫。
1934年5月29日 東郷家 東郷平八郎
東郷彪
鹿児島藩出身 伯から陞爵。
桓武平氏
1936年4月1日 音羽家 音羽正彦 賜姓皇族 朝香宮鳩彦王子孫。
1944年2月6日 家督相続人不在により断絶。
1940年10月25日 粟田家 粟田彰常 賜姓皇族 東久邇宮稔彦王子孫。

家名については後年1947年(昭和22年)の皇籍離脱によって本家筋の家の家名が同名となってしまった家についてのみ、混同を避けるため「○○侯爵家」と表記した。


朝鮮貴族たる侯爵家[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 新村出広辞苑 第六版』(岩波書店2011年)942頁および松村明編『大辞林 第三版』(三省堂2006年)849頁参照。

参照文献[編集]

文献資料[編集]

  • 新村出編『広辞苑 第六版』(岩波書店、2011年)ISBN 400080121X
  • 松村明編『大辞林 第三版』(三省堂、2006年)ISBN 4385139059

関連項目[編集]