尚昌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
尚昌

尚 昌(しょう しょう、1888年9月17日 - 1923年6月19日[1])は、尚泰王の孫で尚典の長男。後に侯爵貴族院議員

生涯[編集]

1888年(明治21年)9月11日、首里で誕生。1896年(明治29年)に上京し、学習院初等科に入学する。1909年(明治42年)に旧制学習院高等科を中退し、1911年(明治44年)に父尚典の薦めでオックスフォード大学留学した(随行員:神山政良)。

1915年(大正4年)に帰国し、宮内省式部官となる。1918年(大正7年)9月18日に長男の尚裕誕生。

1920年(大正9年)、父・尚典の薨去にともない侯爵となり、同10月21日貴族院議席に列せられ貴族院議員になる[2]

1923年(大正12年)6月中国旅行中、盲腸炎を発症し、東京で死去した。

尚昌の墓は東京都台東区上野にある。

余談

長女の文子井伊直愛(元・彦根市長)に嫁いだ。

東恩納寛惇に長男(尚裕)の名前をつけてもらっている。

栄典[編集]

家族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第3270号、「帝国議会」1923年06月25日。
  2. ^ 『帝国議会会議録』第44議会 貴族院「貴族院議員の異動」。
  3. ^ 『帝国議会会議録』第45議会 貴族院「貴族院議員異動」。
  4. ^ 『帝国議会会議録』第47議会 貴族院「貴族院議員異動」。
爵位
先代:
尚典
尚侯爵家
第3代:1920年 - 1923年
次代:
尚裕
その他の役職
先代:
尚典
尚家当主
第21代:1920年 - 1923年
次代:
尚裕