小村壽太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
小村 寿太郎
Jutaro Komura.jpg
小村寿太郎
生年月日 1855年10月26日
出生地 日本の旗 日本 日向国飫肥(現・宮崎県日南市
没年月日 1911年11月26日(満56歳没)
死没地 日本の旗 日本 神奈川県三浦郡葉山町
出身校 ハーバード大学ロー・スクール卒業
前職 外交官
称号 従二位
勲一等旭日桐花大綬章
侯爵
親族 小村欣一(長男)
配偶者 小村マチ

日本の旗 第18・23代外務大臣
内閣 第1次桂内閣 (18)
第2次桂内閣 (23)
任期 1901年9月21日 - 1906年1月7日 (18)
任期 1908年8月27日 - 1911年8月30日 (23)

任期 1911年4月21日 - 1911年11月26日
テンプレートを表示

小村 壽太郎(こむら じゅたろう、安政2年9月16日1855年10月26日) - 1911年明治44年)11月26日)は、日本外交官政治家外務大臣貴族院議員などを務めた。侯爵新字体小村寿太郎とも表記される。初代拓務次官小村欣一は長男。

経歴[編集]

1855年(安政2年)9月16日、日向国飫肥藩(現在の宮崎県日南市のほぼ全域および宮崎市南部)の下級藩士・小村寛平と梅子の長男として生まれる。明治3年(1870年)、大学南校(東京大学の前身)に入学。第1回文部省海外留学生に選ばれてハーバード大学へ留学し、法律を学んだ。

帰国後は司法省に入省し、大審院判事を経て、1884年外務省へ転出する。陸奥宗光に認められて、1893年に清国代理公使を務めた。日清戦争(1894年-1895年)。乙未事変の後、三浦梧楼に代わって駐韓弁理公使を務め、在朝鮮ロシア総領事カール・ヴェーバー小村・ウェーバー覚書を交わした。その後、外務次官1898年に駐米・駐露公使を歴任。1900年(明治33年)の義和団の乱では、講和会議全権として事後処理にあたった。

1901年(明治34年)、第1次桂内閣の外務大臣に就任。1902年(明治35年)、日英同盟を積極的に主張して締結に持ち込む。その功により男爵を授けられる。日露戦争後の1905年(明治38年)、ポーツマス会議日本全権としてロシア側の全権ウィッテと交渉し、ポーツマス条約を調印。ただし、その後にアメリカの鉄道王・ハリマン満洲における鉄道の共同経営を提案(桂・ハリマン協定)したのを首相元老の反対を押し切って拒否した件については評価が分かれる。日露講和条約締結の功により伯爵に陞爵する。

1908年(明治41年)成立の第2次桂内閣の外務大臣に再任する。幕末以来の不平等条約を解消するための条約改正の交渉を行う。1911年(明治44年)に日米通商航海条約を調印し関税自主権の回復を果たした。日露協約の締結や韓国併合にも関わり、一貫して日本の大陸政策を進めた。韓国併合の功により侯爵に陞爵する。

同年の桂内閣総辞職に伴い政界を引退するも、同年11月26日結核療養のために滞在していた葉山町の別荘にて死去した。墓所は東京都港区青山霊園にある。

人物・逸話[編集]

顔や体格に関する逸話[編集]

小村は小柄(ハーバード大学留学時のパスポートには「五」、約156cmの記述[1])で頭が大きく、鼻の下から口の辺りに両端の下がった貧相な髭を生やして顔は「やつれ相」で目はくぼんで頬は落ち、眉は太めで垂れ下がり、すばやい行動力などから、人にある種の小動物を連想させずにはおかず、北京では口さがない外交団から「ねずみ公使」(ラット・ミニスター)と仇名され、同朋からは「小村チュー公」と呼ばれたという(金山宣夫『小村寿太郎 モーレツ人間の光と影』)[2]

海軍大臣西郷従道は小村に「その身体で外国人の中にまじったら、子どものように思われましょう」と言った。小村は「大丈夫です。私は日本を代表して行くのですから、日本は小さくても強いですからね」と答えたという(金山宣夫『小村寿太郎 モーレツ人間の光と影』)[2]李鴻章と対面した際、巨漢の李に「この宴席で閣下は一番小そうございます。日本人とは皆閣下のように小そうございますか?」と背の低さを揶揄されたのに対して、「残念ながら日本人はみな小そうございます。無論閣下のように大きい者もございます。しかし我が国では『大男 総身に智恵が回りかね』などといい、大事を託さぬ事になっているのでございます」と切り返したという。

父親の借金と妻[編集]

父親による借財のため、生涯を通じて返済に苦労したと伝わる。父親が事業に失敗して作った多額の借金を小村は肩代わりした。債権者は次々と役所や小村邸に押しかけてきたが、新婚だった妻が着物を金に変えたり、見るに見かねた有志が債権者全員を集めて一部を帳消しにさせたり、減債基金を設けるなどした。が、小村は待ち合い通いを続けたため、夫人は赤坂や新橋を歩き回って夫の行っている場所をかぎ出し、散々に当り散らしたという(金山宣夫『小村寿太郎 モーレツ人間の光と影』)[3]

ポーツマス条約[編集]

ポーツマスに出発するとき、新橋駅で戦勝を祝う歓呼の人垣に囲まれて見送る首相の桂太郎に、「(自分が)帰って来る時には、人気は丸で正反対でしょう」と言った。小村は大国ロシアとの交渉が難航することを最初から予見していたという(金山宣夫 『小村寿太郎とポーツマス』)[4]

ロイター」「タイムズ」が日本寄りのニュースを送っていたことから1905年(明治38年)のアメリカは日本びいきの世論が醸成されていた。社交界で揉まれたヴィッテは、両国間で秘密とされた交渉途中の内容をアメリカの新聞記者に漏らして恩を売るなど世論工作を繰り広げたが、壽太郎は国の代表として秘密を守った。しかし、裏技を行使しても国益を守るべきとする評価も現在では存在する。

ポーツマス条約が結ばれた深夜、ホテルの一室から妙な泣き声が聞こえてくるのを不審に思った警備員がその部屋を訪ねると、小村が大泣きしていたのを発見した。小村にとってこの条約の調印は、苦渋の決断だったと思われる。帰国時には怒り狂う右翼団体からさまざまな罵声を浴びせられ、泣き崩れた小村を両脇から伊藤博文山縣有朋が抱えて首相官邸へ連れて行ったという。また、日比谷焼討事件や小村邸への投石など暴徒化した国民の影響で、妻のマチは精神的に追い詰められ、小村は家族と別居することを余儀なくされた。

その他[編集]

仕事は後世の人間が判断することであるとして、一切日記を付けなかったとされる。ロシア駐在時、暗い室内で膨大な数の書物を読み込み続けたため、医者からは「これ以上目を使い続けると失明する」と忠告されたが、学習意欲は衰えず、書物を読むことを止めなかった。

小村は40歳を過ぎても公私共に報われず、内職の翻訳を行なったりしていた。だがこの内職が開運のきっかけになった。この内職で得た紡績の知識を、陸奥宗光の前で披露したのである。陸奥は小村の才能に感心したが、小村は「私は何でも知っています。ここにいる原敬君ほど私を用いてくれるなら、私も相当のことを致します」と返答したという(金山宣夫 『小村寿太郎とポーツマス』)[4]

栄典[編集]

伝記[編集]

  • 小村寿太郎侯奉賛会企画編 『小村捷治 骨肉』 (鉱脈社(復刻)、2005年、著者は次男)
  • 岡崎久彦 『小村寿太郎とその時代』 (PHP研究所、新装版2010年1月)
  • 岡田幹彦 『小村寿太郎 近代随一の外交家その剛毅なる魂』 (展転社、2005年)
  • 吉村昭ポーツマスの旗 外相・小村寿太郎』 (小説、新潮社、初版1979年、現・新潮文庫
  • 金山宣夫 『小村寿太郎とポーツマス ロシアに「外交」で勝った男』 (PHP研究所、1984)
  • 片山慶隆 『小村寿太郎 近代日本外交の体現者』 (中公新書、2011年)

演じた俳優[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 宮崎県郷土先覚者 小村寿太郎
  2. ^ a b 朝倉治彦 三浦一郎 『世界人物逸話大事典』 角川書店 平成8年2月、P400の3段
  3. ^ 朝倉治彦 三浦一郎 『世界人物逸話大事典』 角川書店 平成8年2月、P400の3・4段
  4. ^ a b 朝倉治彦 三浦一郎 『世界人物逸話大事典』 角川書店 平成8年2月、P400の4段

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


公職
先代:
曾禰荒助
寺内正毅
日本の旗 外務大臣
第18代:1901年 - 1906年
第23代:1908年 - 1911年
次代:
加藤高明
内田康哉