出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
しゃく
度量衡 尺貫法
長さ
SI 曲尺)約 303.030 mm(日本)
約 333.333 mm(中国)
定義 曲尺)(10/33) m[1](日本)
(1/3) m(中国)
由来 手を広げたときの親指の先から中指の先までの長さ
テンプレートを表示

(しゃく)は、尺貫法における長さ単位である。東アジアでひろく使用されている。日本では、明治時代に1尺=(10/33)メートル曲尺)(約303.030 mm)と定義された[2]。中国では、1尺=(1/3)メートル(約333.333mm)と定義している。

人体の骨格の尺骨は、この尺とほぼ同じの長さであることに由来する。

尺貫法の長さの基準となる単位であり、転じて物の長さのことや物差しのことも「尺」と呼ぶようになった。映画フィルムカットの長さのことを「尺」と呼ぶ[3]のもこれに由来する。それがさらに広まり、テレビラジオ番組や、各種イベントなどにおいて、割り当てられた時間のことを指すようにもなった[要出典]

歴史[編集]

中国の尺[編集]

「尺」という文字は親指と人差指を広げた形をかたどったものであり、元々は手を広げたときの親指の先から中指の先までの長さを1尺とする身体尺であった。この長さはおおむね18cmくらいであり、現在の尺の6割くらいの長さである。

身体尺は人によって長さが異なるので、後の時代に一定の長さを1尺とする公定尺を定めるようになった。しかし、公定尺は時代を下るにつれて長くなっていた。これは民間で使われる単位が長くなっていったため、時の政権もそれを追認する形で公定尺を改訂したものである。尺の長さを長くすることで尺を基準にして納める税(反物など)がより多くとれるからとする説もある。

尺という単位は古代中国の時代には既にあったとされている。古代の1尺の長さは正確にはわからないが、出土文物からの推測では、戦国から秦にかけての1尺は23cm前後であった。漢代でもあまり変わらず、23-24cm程度であった。文献によると周の尺はその8割ほどの長さ(約20cm)であった[4]

1尺の長さが長くなったのは南北朝時代の北朝においてである[5]代には、一般に使われる長い尺を大尺、旧来の短い尺を小尺として制定し、でもそれを継承した。大尺は小尺の1.2倍にあたる。唐の大尺は、日本の正倉院蔵の尺の長さの平均によって29.6cm前後と推測されている。唐代以後は小尺は使われなくなった。

明・清には営造尺・量地尺・裁衣尺など、用途によってさまざまの種類の尺があった。康熙帝時代の1713年に営造尺の標準化が行われた。この営造尺は清朝滅亡後の1915年にメートル法との対応が1営造尺 = 32cmと定義された。営造尺は1929年に廃止され、かわりに市制として 1尺 = 1/3m(約33.3 cm)と定められた。これが中華人民共和国でも引き続き用いられている。したがって、現在の中国の1尺は日本の1尺1寸(ちょうど)にあたる。台湾では、日本式の尺を「台尺」と呼ぶことがある。

日本の尺[編集]

日本には唐制が導入され、大宝元年(701年)の大宝律令で大尺・小尺を制定している。ただし異説もあり、日本には大宝令以前に高句麗から渡来した大尺より2尺長い高麗尺が普及していたので、これが大宝令の大尺とされ、唐の大尺が小尺にされたともいう。この説では、後に現れる曲尺1尺2寸の呉服尺は高麗尺に基づくものであるとする。また、新井宏は寺院等の実測分析から高麗尺ではなく0.268mの尺が使用されていたという古韓尺説をとなえている。なお岩田重雄は、隋代に小尺となる尺が朝鮮において5世紀中頃には26cm代に伸張し、その後約150年変化しないとし、それを新井宏が古韓尺と呼んでいると説く。唐の大尺は現在の曲尺で9.78寸(29.63 cm)であり、それ以来ほとんど変化していないことになる。

律令制崩壊後は、全国一律の尺は維持されなくなり、各地で様々な尺が使われるようになった。代表的なものが京都系の竹尺(享保尺)と大坂系の鉄尺(又四郎尺)である。竹尺は鉄尺(曲尺)に対して0.4%ほど長い[6]。鉄尺と竹尺を平均して伊能忠敬が作ったのが折衷尺である。明治に入り、政府は折衷尺を公式の曲尺として採用し、国際メートル原器の33分の10の長さ(すなわち10/33メートル)と定めた。通常、単に「尺」と言えば曲尺の尺を指す。

1958年制定の計量法で尺貫法は公式の単位としては廃止され、1966年4月1日からは商取引などの使用が禁止された。

朝鮮の尺[編集]

朝鮮では、目的によって黄鐘尺・周尺・造礼器尺・布帛尺・営造尺などの多様な尺が使われていた[7]。また、朝鮮では田地の面積を測るのに実際の大きさによる「頃畝法」と収穫量を元にした「結負法」があった(なお、同様の制度は日本の古代および中世にも存在した。を参照)。この計算のために量田尺という尺が導入された。これは量田尺1尺四方の田の収穫量を1とするもので、実際の量田尺は周尺で5尺ないし6尺とされた。

大韓帝国時代の1902年にメートル法との対応が導入され、それによると周尺1尺は20cm、また1把は周尺5尺四方の面積(1m2)とされた。1909年には日本式の度量衡法が導入され、旧来の尺は使われなくなった。

大韓民国では1964年に尺貫法が廃止された。

鯨尺[編集]

曲尺とは別に、用途別の尺も使われた。着物の仕立てに使われた鯨尺(くじらじゃく)・呉服尺などである。現在の鯨尺は曲尺で1尺2寸5分である。呉服尺は1尺2寸であった。鯨尺・呉服尺の起源についての定説は今のところない。鯨尺は大宝律令以前から使われていた高麗尺(こまじゃく)に由来するとする説があるが、室町時代に作られたものだという説もある。高麗尺は現在の曲尺で1.1736尺であり、鯨尺よりむしろ呉服尺の起源であるとする説もある。明治政府は、曲尺の尺の他に鯨尺を布地の計量に限定した計量単位として認め、呉服尺などその他の尺を廃止した。鯨尺の尺(鯨尺尺)は25/66メートル(約37.879 cm)と定められた[8]

江戸時代初期の小噺に、奈良の大仏と土佐の鯨とが、どちらが大きいかで言い争いとなり、最後に「金(曲尺)より鯨(鯨尺)の方が二寸長い」というオチになるというものがある。[9]なお、「鯨尺」という名前は、仕立てに使う物さしをしなやかな鯨のひげで作ったことによる。

さまざまな尺[編集]

  • 古代中国の嘉量による尺
    • 代の尺
      約23.09 cm
    • 代の大尺
      約29.4 cm
    • 代の小尺
      約24.6 cm
    • 代の大尺
      約29.4 cm
    • 代の小尺
      約24.6 cm
  • 大宝律令の大尺
    約35.6 cm
    高麗尺に由来。土地の計量など。
  • 大宝律令の小尺
    約29.6 cm(小尺一尺二寸=大尺一尺)
    唐尺に由来。平安時代以降はこれが一般的になる。
  • 又四郎尺・鉄尺
    約30.258 cm
    永正年間に京都の指物師又四郎が定めたとされ、大工が主に用いた。
  • 享保尺・竹尺
    約30.363 cm
    徳川吉宗が紀州熊野神社の古尺を写して天体観測に用いたとされる。
  • 折衷尺
    約30.304 cm
    伊能忠敬が測量のために又四郎尺と享保尺を平均して作ったもの。明治度量衡取締条例における曲尺の根拠とされた。
  • 曲尺(かねじゃく)(明治度量衡法
    約30.3030 cm = 約303.030 mm
    明治度量衡法で、10/33 mと定義された。
    又四郎尺、享保尺、折衷尺などを勘案して明治期に定められた。通常は「尺」といえば曲尺のことをいう。
  • 鯨尺(くじらじゃく)
    約37.8788cm = 約378.788 mm(曲尺の1.25倍に当たる。)
    明治度量衡法で、25/66 mと定義された。
    主に呉服について用いられる。六尺褌や三尺帯といったときは鯨尺の長さのことである。
    またタオルなどの織物の場合、織機に使われるの鯨尺1寸(約37.88 mm)あたりの本数によって密度が決められる。
  • 呉服尺(呉服ざし)
    約36.4 cm(曲尺一尺二寸)
    主に呉服について用いられた。鯨尺の一種である。一説には鯨尺を五分短くしたところから出たともいう。

他の尺貫法の単位との関連[編集]

1尺は以下の長さに等しい。

地積の単位(歩)は6尺四方の面積である。体積の単位も尺を基準として定められている。

映画フィルムにおける「尺」[編集]

35ミリ映画フィルムにおいて、1フィートは16コマに相当する。

サイレント映画時代の映画は、16コマを1秒として1フィートが1秒となっていた。正確にはサイレント時代は、撮影と映写もクランクを回す手動でフィルムを送っており、1秒は大体16コマから18コマとなっていたのが実情だったが[10][11]、1フィートが1秒というのは計算に便利なため16コマが一応の目安となっていた[12]

映画に音声がついたトーキー時代となってから、音声が変速で一定しないのでは具合が悪いため、モーター送りによる一定速度で1秒は24コマと定められた[10]。トーキーでは、1秒は1.5フィートということになる。

映画の上映時間は、正式には何フィートと表記される。日本に映画が輸入された時代は、まだ日本はメートル法ではなく尺貫法であった。フィートは304.8 mm、尺は約303.0 mmであって長さが近いために、映像の時間のことを、業界用語で「尺」と呼ぶのである。

脚注[編集]

  1. ^ 計量法施行法(1951年6月7日法律第208号 廃止:1993年11月1日)第4条第1項による定義
  2. ^ 計量法施行法(1951年6月7日法律第208号 廃止:1993年11月1日)第4条第1項による定義
  3. ^ ビデオ用語集”. 一般社団法人日本映像ソフト協会. 2012年8月21日閲覧。
  4. ^ 説文解字』夫部「夫、丈夫也。从大、一以象簪也。周制以八寸為尺、十尺為丈。人長八尺、故曰丈夫。」
  5. ^ 隋書』律暦志に南北朝時代の度量衡の変遷が見える
  6. ^ 小泉袈裟勝『ものさし』、法政大学出版局、1977、p.242、p.252、pp.236-237
  7. ^ 国立民俗博物館 『한극의 도량형 (韓国の度量衡)』(pdf)、1997年 (朝鮮語)
  8. ^ 計量法施行法(1951年6月7日法律第208号 廃止:1993年11月1日)第4条第1項による定義
  9. ^ ちなみに、奈良の大仏は像高14.98 m・台座3.05 m。一方、古式捕鯨で捕られていたセミクジラは体長15m~18mであり、実際にいい勝負である。
  10. ^ a b 杉原賢彦+編集部編「なぜ1秒間に24コマと決まっているのか」『ムービー・ラビリンス 映画の謎に答えるQ&A』フィルムアート社、2003年、pp.36-37
  11. ^ 森卓也『映画この話したっけ』ワイズ出版、1998年、p.306
  12. ^ 杉本五郎『映画をあつめて これが伝説の杉本五郎だ』平凡社、1990年、p.124

関連項目[編集]

長さの単位
メートルSI単位) インチ フィート ヤード 曲尺 鯨尺
1 m = 1 ≈ 39.370 ≈ 3.2808 ≈ 1.0936 = 33 = 3.3 = 2.64
1 in = 0.0254 = 1 ≈ 0.083333 ≈ 0.027778 = 0.8382 = 0.08382 = 0.067056
1 ft = 0.3048 = 12 = 1 ≈ 0.33333 = 10.0584 = 1.00584 = 0.804672
1 yd = 0.9144 = 36 = 3 = 1 = 30.1752 = 3.01752 = 2.414016
1 寸 ≈ 0.030303 ≈ 1.1930 ≈ 0.099419 ≈ 0.033140 = 1 = 0.1 = 0.08
1 尺(曲尺) ≈ 0.30303 ≈ 11.930 ≈ 0.99419 ≈ 0.33140 = 10 = 1 = 0.8
1 尺(鯨尺) ≈ 0.37879 ≈ 14.913 ≈ 1.2427 ≈ 0.41425 = 12.5 = 1.25 = 1


長さの単位
メートル
SI単位)
海里 ヤード チェーン マイル
1 m = 1 ≈ 0.00053996 ≈ 1.0936 ≈ 0.049710 ≈ 0.00062137 = 3.3 = 0.55 ≈ 0.0091667 ≈ 0.00025463
1 M = 1852 = 1 ≈ 2025.4 ≈ 92.062 ≈ 1.1508 = 6111.6 = 1018.6 ≈ 16.9767 ≈ 0.47157
1 yd = 0.9144 ≈ 0.00049374 = 1 ≈ 0.045455 ≈ 0.00056818 = 3.01752 = 0.50292 ≈ 0.0083820 ≈ 0.00023283
1 ch = 20.1168 ≈ 0.010862 = 22 = 1 = 0.0125 = 66.38544 = 11.06424 ≈ 0.18440 ≈ 0.0051223
1 mi = 1609.344 ≈ 0.86898 = 1760 = 80 = 1 = 5310.8352 = 885.1392 ≈ 14.752 ≈ 0.40979
1 尺 ≈ 0.30303 ≈ 0.00016362 ≈ 0.33140 ≈ 0.015064 ≈ 0.00018829 = 1 ~= 0.16667 ≈ 0.0027778 ≈ 0.000077160
1 間 ≈ 1.8182 ≈ 0.00098174 ≈ 1.9884 ≈ 0.090381 ≈ 0.0011298 = 6 = 1 ≈ 0.016667 ≈ 0.00046296
1 町 ≈ 109.09 ≈ 0.058904 ≈ 119.30 ≈ 5.4229 ≈ 0.067786 = 360 = 60 = 1 ≈ 0.027778
1 里 ≈ 3927.2 ≈ 2.1206 ≈ 4294.9 ≈ 195.22 ≈ 2.4403 = 12960 = 2160 = 36 = 1