漢書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
天一閣に保管されている、の時代の版である漢書
漢書(宋刻本)

漢書』(かんじょ)は、中国後漢章帝の時に班固班昭らによって編纂された前漢のことを記した歴史書二十四史の一つ。「本紀」12巻、「列伝」70巻、「表」8巻、「志」10巻の計100巻から成る紀伝体で、前漢の成立から王莽政権までについて書かれた。後漢書との対比から前漢書ともいう。

史記』が通史であるのに対して、漢書は初めて断代史(一つの王朝に区切っての歴史書)の形式をとった歴史書である。『漢書』の形式は、後の正史編纂の規範となった。

史記』と並び、二十四史の中の双璧と称えられ、故に元号の出典に多く使われた。史記と重なる時期の記述が多いので、比較される事が多い。特徴として、あくまで歴史の記録に重点が多いので、史記に比べて物語の記述としては面白みに欠けるが、詔や上奏文をそのまま引用しているため、正確さでは史記に勝る。また思想的に、儒教的な観点により統一されている。

成書過程[編集]

『漢書』の制作は、班彪(はんぴょう)が司馬遷の『史記』を継いで書いた『後伝』に始まる。班彪の子、班固が『史記』と未完の『後伝』を整理補充して『漢書』を制作した。ただし、その八表と天文志は未完であり、和帝の時、妹の班昭と馬続によって完成された。

史記との体裁の違い[編集]

  • 分野史:「書」を「志」と改める。
  • 伝記:「世家」を廃して「列伝」に入れた。
  • 年表:「百官公卿表」を創設し、官制の沿革を示した。「古今人表」を著し、太古から漢以前の人物を評価した。

内容[編集]

本紀[編集]

  1. 高帝紀 - 高祖劉邦
  2. 恵帝紀 - 恵帝劉盈
  3. 高后紀 - 高后呂雉少帝劉恭少帝劉弘
  4. 文帝紀 - 文帝劉恒
  5. 景帝紀 - 景帝劉啓
  6. 武帝紀 - 武帝劉徹
  7. 昭帝紀 - 昭帝劉弗陵
  8. 宣帝紀 - 宣帝劉詢
  9. 元帝紀 - 元帝劉奭
  10. 成帝紀 - 成帝劉驁
  11. 哀帝紀 - 哀帝劉欣
  12. 平帝紀 - 平帝劉衎

[編集]

  1. 異姓諸侯王表 - 劉氏以外の王
  2. 諸侯王表
  3. 王子侯表
  4. 高恵高后文功臣表
  5. 景武昭宣元成功臣表
  6. 外戚恩沢侯表
  7. 百官公卿表
  8. 古今人表

[編集]

  1. 律暦志 - 鄧平らの太初暦劉歆三統暦
  2. 礼楽志
  3. 刑法志
  4. 食貨志
  5. 郊祀志
  6. 天文志
  7. 五行志
  8. 地理志
  9. 溝洫志
  10. 芸文志 - 劉向の『別録』、劉歆の『七略』に基づく。

列伝[編集]

  1. 陳勝項籍伝 - 陳勝項籍
  2. 張耳陳余伝 - 張耳陳余
  3. 魏豹田儋韓王信伝 - 魏豹田儋韓王信
  4. 韓彭英盧呉伝 - 韓信彭越英布盧綰呉芮
  5. 荊燕呉伝 - 荊王劉賈・燕王劉沢・呉王劉濞
  6. 楚元王伝 - 楚元王劉交劉向劉歆
  7. 季布欒布田叔伝 - 季布欒布田叔
  8. 高五王伝 - 劉肥劉如意劉友劉恢劉建
  9. 蕭何曹参伝 - 蕭何曹参
  10. 張陳王周伝 - 張良陳平王陵周勃
  11. 樊酈滕灌傅靳周伝 - 樊噲酈商夏侯嬰灌嬰傅寬靳歙周緤
  12. 張周趙任申屠伝 - 張蒼周昌趙堯任敖申屠嘉
  13. 酈陸朱劉叔孫伝 - 酈食其陸賈朱建劉敬叔孫通
  14. 淮南衡山済北王伝 - 淮南厲王劉長・衡山王劉賜・済北貞王劉勃
  15. 蒯伍江息夫伝 - 蒯通伍被江充息夫躬
  16. 万石直周張伝 - 石奮衛綰直不疑周仁張欧
  17. 文三王伝 - 梁孝王劉武・代孝王劉参・梁懐王劉揖
  18. 賈誼伝 - 賈誼
  19. 爰盎晁錯伝 - 袁盎晁錯
  20. 張馮汲鄭伝 - 張釈之馮唐汲黯鄭当時
  21. 賈鄒枚路伝 - 賈山鄒陽枚乗路温舒
  22. 竇田灌韓伝 - 竇嬰田蚡灌夫韓安国
  23. 景十三王伝
  24. 李広蘇建伝 - 李広蘇建
  25. 衛青霍去病伝 - 衛青霍去病
  26. 董仲舒伝 - 董仲舒
  27. 司馬相如伝 - 司馬相如
  28. 公孫弘卜式児寛伝 - 公孫弘卜式児寛
  29. 張湯伝 - 張湯
  30. 杜周伝 - 杜周
  31. 張騫李広利伝 - 張騫李広利
  32. 司馬遷伝 - 司馬遷
  33. 武五子伝 - 戻太子劉拠
  34. 厳朱吾丘主父徐厳終王賈伝 厳助朱買臣吾丘寿王主父偃徐楽厳安終軍王褒賈捐之
  35. 東方朔伝 - 東方朔
  36. 公孫劉田王楊蔡陳鄭伝 - 公孫賀劉屈氂田千秋王訢楊敞蔡義陳万年鄭弘
  37. 楊胡朱梅云伝 - 楊王孫胡建朱雲梅福
  38. 霍光金日磾伝 - 霍光金日磾
  39. 趙充国辛慶忌伝 - 趙充国辛慶忌
  40. 傅常鄭甘陳段伝 - 傅介子常恵鄭吉甘延寿陳湯段会宗
  41. 雋疏于薛平彭伝 - 雋不疑疏広于定国薛広徳平当彭宣
  42. 王貢両龔鮑伝 - 王吉貢禹龔勝龔舎鮑宣
  43. 韋賢伝 - 韋賢
  44. 魏相丙吉伝 - 魏相丙吉
  45. 眭両夏侯京翼李伝 - 眭弘夏侯始昌夏侯勝京房翼奉李尋
  46. 趙尹韓張両王伝 - 趙広漢尹翁帰韓延寿張敞王尊王章
  47. 蓋諸葛劉鄭孫毋将何伝 - 蓋寛饒諸葛豊劉輔鄭崇孫宝毋将隆何並
  48. 蕭望之伝 - 蕭望之
  49. 馮奉世伝 - 馮奉世
  50. 宣元六王伝
  51. 匡張孔馬伝 - 匡衡張禹孔光馬宮
  52. 王商史丹傅喜伝 - 王商史丹傅喜
  53. 薛宣朱博伝 - 薛宣朱博
  54. 翟方進伝 - 翟方進
  55. 谷永杜鄴伝 - 谷永杜鄴
  56. 何武王嘉師丹伝 - 何武王嘉師丹
  57. 揚雄伝 - 揚雄
  58. 儒林伝
  59. 循吏伝
  60. 酷吏伝
  61. 貨殖伝
  62. 游侠伝
  63. 佞幸伝
  64. 匈奴伝 - 匈奴
  65. 西南夷両粤朝鮮伝 - 南越衛氏朝鮮
  66. 西域伝 - 西域
  67. 外戚伝 - 外戚
  68. 元后伝 - 王政君
  69. 王莽伝 - 王莽
  70. 叙伝 - 班家の歴史・班固の序文

注釈[編集]

  • 現在通行している『漢書』には、顔師古注が付されている。
  • 王先謙『漢書補注』
  • 楊樹達『漢書窺管』世界書局、1963年
  • 長澤規矩也 『和刻本正史 漢書』 <全2巻>汲古書院 1983年、
影印本で1巻は「帝紀・表・志・列伝上」、2巻は「列伝下」

邦訳文献[編集]

 「志」
 「列伝」
 「全訳」(訳注のみ)

関連文献[編集]

  • 大木康  『「史記」と「漢書」 中国文化のバロメーター』
<書物誕生:あたらしい古典入門> 岩波書店 2008年、ISBN 4000282832
  • 増井経夫 『中国の歴史書 中国史学史』 <刀水歴史全書20>刀水書房 1984年
  • 竹内康浩 『「正史」はいかに書かれてきたか 中国の歴史書を読み解く』 
<あじあブックス>大修館書店、2002年、ISBN 4469231835  

関連項目[編集]