劉交

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

劉 交(りゅう こう、? - 紀元前179年)は、劉邦前漢の高祖)の異母弟。劉太公(劉端)の末子。。楚王に封じられた。諡号は楚元王。

人物[編集]

劉交は劉邦とは違い、儒学(詩経)を学んだ。に対して反乱を起こした劉邦に従軍し、盧綰と共に劉邦の側近を務め、劉賈とともに別働隊ともなった。紀元前201年、謀反の罪で失脚して楚王から淮陰侯に落とされた韓信の後任として、その旧領土を南北に分割したうちの北部に楚王として封じられる。紀元前196年、淮南王英布が反乱を起こした際に、王劉賈を破った英布と戦い、敗れた。

若い頃に儒学を学んだことから、儒者を重用したことで知られる。

前漢末期の碩学として知られる劉向劉歆父子は劉交の子孫である。東晋の政治家の劉隗劉宋劉裕(高祖・武帝)も劉交の末裔を自称していた。

宗室[編集]

[編集]

関連項目[編集]