劉向

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
劉向

劉 向(りゅう きょう、紀元前77年元鳳4年) - 紀元前6年建平元年))は、前漢の学者、政治家。はじめの名は更生子政。多数の著作者で知られる。劉邦の末弟である楚元王劉交の玄孫。陽城侯・劉徳の第2子で、兄に劉安民が、弟(名は不詳)の息子に劉慶忌がいる。前漢の宗室の身分である。

生涯[編集]

元服すると、宣帝に仕え、文章の才を見込まれて抜擢された。父・劉徳が淮南で手に入れた書物によって煉丹術に挑戦したが失敗、弾劾されて投獄されたが兄の陽城侯・劉安民の取りなしやその才能を惜しまれたこともあって再び出仕した。その後、蕭望之周堪らと力を合わせて職務に励み、外戚の許氏や宦官弘恭らの弊害を説く上書をしたところ、誣告とされて蕭望之は自殺、周堪らは左遷、劉向は投獄の後に免職となった。やがて、長兄の劉安民が嗣子なくして没したために、陽城侯を継いだという。

10数年後、成帝の世になると弘恭らは失脚、そこでまた任用された。この時に、名を向に改めた。それから宮中蔵書の校勘を担当することになった。この頃、外戚の王氏が権力を握っていたので『列女伝』など著作をはじめとして、文章を奏上することによって何度も主上を諫めた。主上も諫言をもっともだと思っていたが、周囲の圧力のためにそれらを活かすことができず、劉向は30年あまりも重用されることなく72歳でこの世を去った。なお、紅侯の劉歆は第3子である。

著作[編集]

宗室[編集]

[編集]