元服

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

元服(げんぶく、げんぷく)とは、奈良時代以降の日本に於いて、男子の成人を示すものとして行われる儀式のことであり、通過儀礼の一つである。

「元」は首(=頭)、「服」は着用を表すので、「頭にをつける」という意味。加冠とも初冠(ういこうぶり)とも言われる。なお、公家の女子の成人式は裳着(もぎ)と言う。

概要[編集]

おおよそ数え年で12 - 16歳の男子が式において、氏神の社前で大人の服に改め、総角角髪(みずら))と呼ばれる子供の髪型を改めて大人の髪(冠下の髻(かんむりしたのもとどり))を結い、冠親により冠をつける。

武家の場合は烏帽子親により烏帽子をつける(公家、及び、平氏系の武家では、厚化粧引眉お歯黒も付ける、源氏系は付けない場合が多かった)。それまでの幼名を廃して元服名()を新たに付ける。その際に烏帽子親の偏諱を受けることが多くなった。

室町時代以降は民間にも普及した。中世の元服年齢には規定がなく、5 - 6歳から20歳程度まで幅が存在するが、一族始祖の元服年齢に合わせる氏族もいる。江戸時代頃からは公家を除き、武家、庶民の間では元服の時に烏帽子をつけず、前髪を剃って月代にすることだけで済ますようになった。

江戸時代以降は女性も元服と称し、結婚と同時に、未婚でも18 - 20歳くらいで行った。女性で元服という場合は、地味な着物を着て、日本髪髪形丸髷両輪、又は先笄に替え、元服前より更に厚化粧になり、鉄漿親(かねおや)によりお歯黒を付けてもらい、引眉する。お歯黒を付けるが引眉しない場合は半元服と呼ばれた。半元服の習慣は現在でも祇園舞妓嶋原太夫等、一部の花街に残る。

民間においては褌親(へこおや)の元で、初めてふんどしを付け、性に関する知識を授かる褌祝(ふんどしいわい)と呼ばれる儀式がある。

参考文献[編集]

関連項目[編集]