幼名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

幼名(ようみょう/ようめい)は、幼少時の名前の事。おさな名童名小字とも言う。

主に平安時代江戸時代にかけて、武士や貴族の子が幼児である期間につけられる名前で、だいたい元服してをつけるまでその名前でいる。江戸期では、多くの慈善活動をした豪商が、その活動を認められ、公での苗字帯刀を許された場合、その商人の子も幼名を持つ例がある。農民の名前も幼名と呼ばれるが、武士とは違って諱をつける事は無い。

幼名の継承[編集]

武家では幼名を代々継承する家が多く存在した。たとえば徳川将軍家竹千代尾張徳川家五郎太紀州徳川家長福丸水戸徳川家鶴千代加賀前田氏犬千代などがあり、事例に枚挙の暇が無い。これらはそれぞれの家の初代当主の幼名であり、(たとえば竹千代は江戸幕府初代将軍徳川家康の、五郎太は尾張藩徳川義直の、長福丸は紀州藩徳川頼宣の、鶴千代は水戸藩徳川頼房の、犬千代は加賀藩前田利家の幼名である)これらは子孫のうち後を継ぐべき嫡男の幼名にもなり、代々受け継がれていった。

武家代々相伝の幼名[編集]

歴史上の人物の幼名[編集]

関連項目[編集]